JCBなど10社「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結

by BITTIMES

JCBは2023年2月27日に・「JCB、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、りそなホールディングス、損害保険ジャパン、凸版印刷、富士通、三菱商事、TBT Lab」が、TBT LabグループのJP GAMESが開発したメタバース構築フレームワーク「PEGASUS WORLD KIT」を用いたBtoBオープン・メタバース基盤「リュウグウコク(仮)」の構築や「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結したことを発表しました。

こちらから読む:Bloktopia、1inch Networkと提携「メタバース」関連ニュース

RPGの世界観を持つオープン・メタバース基盤を構築

(画像:JCB)(画像:JCB)

JCBは2023年2月27日に「JCB、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、りそなホールディングス、損害保険ジャパン、凸版印刷、富士通、三菱商事、TBT Lab」が、BtoBオープン・メタバース基盤「リュウグウコク(仮)」の構築や「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結したことを発表しました。

リュウグウコク(仮)は、TBT LabグループのJP GAMESが開発したメタバース構築フレームワーク「PEGASUS WORLD KIT」を用いたBtoBオープン・メタバース基盤であり、それ自体が独自のファンタジーな世界観を持つ、ゆるやかなオンライン異世界ロールプレイングゲーム(RPG)の要素を取り込んだメタバース基盤となっています。

ジャパン・メタバース経済圏は、リュウグウコク(仮)を活用した異なるメタバースサービス間・メタバースプラットフォーム間の相互運用によって形成されるエコシステムで、今回基本合意書を締結した各社は、JP GAMESのファウンダーでデジタル庁Web3.0アドバイザーを務める田畑 端氏の『ゲームの力で日本をアップデートする』というコンセプトに基づいて、ゲーミングテクノロジーを活用した産業DXに取り組んでいくと報告されています。

具体的には、ゲーミフィケーション・FinTech・ICTなど各々のテクノロジーやサービスを統合して、企業向けオープン・メタバース基盤「リュウグウコク(仮)」を構築するとのことで、リュウグウコク(仮)の概要や各社の役割については以下のように説明されています。

リュウグウコク(仮)について

(画像:JCB)(画像:JCB)

リュウグウコク(仮)は、それ自体が独自のファンタジーな世界観を持つ、ゆるやかなオンライン異世界ロールプレイングゲーム(RPG)の要素を取り込んだメタバース基盤。

このメタバース基盤は「プラットフォーム内メタバース同士の連携」や「異なるメタバース・プラットフォーム同士の相互運用」を可能にし、新しい社会インフラとして国内企業の情報発信、マーケティング、働き方改革等の企業DXと消費者のEXを実現する。

リュウグウコク(仮)に提供される各メタバースサービスやコンテンツは、それぞれが移動する「街・城・乗り物」となって世界を彷徨い、ユーザーは異世界を旅するRPGの感覚で、様々なコンテンツやサービスとの出会いを楽しむことが可能になる。

また、リュウグウコク(仮)は日本を代表する大手金融機関・大手企業とTBT Labグループの協業により、本人認証・各種決済・データ基盤・保険などを安心・安全に利用できるオープンかつセキュアなメタバース基盤を実現。更に、本基盤を国外の企業や行政機関に提供していくことで『ジャパン・メタバース経済圏』をグローバルにも拡げていく。

DXとEXを推進する3つのソリューション

(画像:JCB)(画像:JCB)

AUTO LEARNING AVATAR(ALA)

リュウグウコク(仮)では、アバターを介したデジタルツインとしてアバターの行動を自動学習し、ヘルスケアや趣味などのパーソナライズされた情報提供を行う。ユーザーは、アバターを通じて有益な情報を取得できることに加えて、各メタバース空間でパーソナル情報を活用した体験が可能になる。

PEGASUS WORLD KIT(PWK)

PEGASUS WORLD KIT(PWK)は、リュウグウコク(仮)向けのメタバースサービスやゲームサービスの制作を行う、エンターテインメント性と体験性の構築に優れたツール。ゲームイベントを作成できる「RPGエディター」、写真からメタバースを簡単に作れる「RIV Technology」など、ユーザーの拡張性に優れた機能を有している。

MULTI MAGIC PASSPORT(MMP)

MULTI MAGIC PASSPORT(MMP)は、ユーザーがリュウグウコク(仮)内のメタバースサービスを自由に行き来するための決済機能付き身分証明証。MMPには、ID認証・決済手段のほか、NFT・アイテム類・アバタースキン・アバター記憶など、ユーザーが仮想世界で過ごすために有益な情報を登録することができる。これらの情報は、現実世界の利便性向上にも活用される。

各社の役割・概要

【株式会社ジェーシービー】
MMP/ID認証領域での機能・ノウハウの提供、加盟店のデジタルツイン構築

【株式会社みずほフィナンシャルグループ】
MMP/決済領域での機能・ノウハウの提供、メタバースコインの提供、地域DX協業

【株式会社三井住友フィナンシャルグループ】
ゲーミフィケーション推進、PWK開発支援、クリエイターエコノミー構築

【株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ】
MMP機能構築支援(認証/決済/データ等)、Web3型メタバース金融機能提供、海外展開支援

【株式会社りそなホールディングス】
未来のライフスタイル、および次世代のID認証・決済領域における共同研究

【損害保険ジャパン株式会社】
メタバースを含むWeb3時代に向けたリスク分析および保険開発

【凸版印刷株式会社】
メタバースプラットフォーム「MiraVerse®」・アバター生成管理基盤「AVATECT®」相互運用、文化コンテンツ取扱いノウハウ・表現技術の提供

【富士通株式会社】
デジタルデータ権利管理などWeb3関連技術の提供

【三菱商事株式会社】
メタバース基盤の海外展開、経済圏を広げるグローバルパートナー

【TBT Lab株式会社】
ゲーミフィケーションの機能・ノウハウの提供、PWKおよびMMPの提供

なお、2023年夏にはメディア発表会も予定されているとのことで、今後は構想に賛同する企業を広く募集してジャパン・メタバース経済圏を拡大させていくとも説明されています。

>>「JCB」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説