安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

前回の強気市場において証明されたように、時に初期段階にあるプロジェクトが仮想通貨市場を大きくざわつかせます。前例のない、オンラインギャンブル体験を提供するチャンサー(Chancer)は、この分野における次の伝説になるのではないかと囁かれています。

チャンサーは、コミュニティに焦点を当てたユニークな機能を提供します。これにより、世界中で広く楽しまれているギャンブル市場において、歴史的革命を起こすかもしれません。

このプロジェクトは現在開発初期段階にあります。開催中のプレセールは、オンラインギャンブル業界の分散化が進んだ未来を垣間見ることのできる貴重な機会となるでしょう。

オンラインギャンブル好きは注目:チャンサープレセール

年々、主要国でのスポーツブックやその他ギャンブルに関する規制の緩和に伴い、オンラインベッティング業界は成長を続けています。これは、ブロックチェーン上で新しい形のベッティングプラットフォームを提供するチャンサーにとって、嬉しいニュースです。

CHANCERトークンは現在開催中のプレセールで$0.01で入手可能です。プレセール価格は合計12回のステージを経て、0.021ドルまで上昇するように設定されています。

チャンサーは、前例のないユニークなギャンブルの形を提供するため、初期段階にも関わらず、これまでにないほどの興奮を巻き起こしつつあります。

ここでは、中央集権的な存在であったブックメーカーを通す必要がありません。つまり、ベッター自らがベットスリップを完全にカスタマイズし、公平にギャンブルを楽しむことができるのです。

このユニークな機能により、700億ドルもの規模に及ぶベッティング業界において、チャンサーは独占的なプラットフォームとして位置付けられます。そのため、プレセール終了後の大きな価格上昇に期待が集まっています。

チャンサーとは?

チャンサーは世界初となる分散型の賭け市場です。このプラットフォームでは、あらゆる物事に対して独自にカスタムしたベットを作成できます。中央集権的なブックメーカーを必要とせずにオッズを作成することができるという、非常に革新的な機能となっています。

今までは、必ずブックメーカー側が有利になるようにオッズが操作されていました。しかし、チャンサーではユーザー自らがハウスとなることができるのです。プロジェクトは、完全なるピアツーピア(P2P)の活用により、従来よりもユーザーが効率的に賭けを行う機会を作り上げることができます。

チャンサーのユニークな機能は、新たな可能性を切り開いていると言えるでしょう。ユーザーは、友人や家族間でのちょっとした賭けにこのプラットフォームを使用することができる他、スーパーボウルなどの世界的なイベントの際にも、コミュニティのベットスリップに参加することで賭け事を楽しむことが可能です。

チャンサーは、ベッターに多くの権限を与えます。これは、従来ハウスがコントロールしていた権限が全てユーザーの手に渡ることを意味します。中央集権的存在がいなくなり、ベッターは他のユーザーによって作成されたベットスリップに参加することも可能となります。

CHANCERの仕組み

ネイティブトークンのCHANCERは、現在開催されているプレセールのステージ1で入手可能です。この通貨はプラットフォーム上で行われる全ての取引において使用されます。

ユーザーがベットスリップを作成すると、掛け金はプラットフォーム上のスマートコントラクトに結び付けられます。他のユーザーが、もう一方にベットをした場合、トークンがエスクローに預けられるという仕組みとなっています。

チャンサーは、ブロックチェーン技術と統合されているため、全てのやりとりを記録し、誰にも変更ができない場所にデータを保管します。プラットフォームのセキュリティは徹底されており、スマートコントラクトを使用して、ベットが決済されると自動的に勝者に通貨が支払われるようになっています。

さらに、モデレーターが常にプラットフォームを監視しているため、ユーザーは公平にギャンブルを楽しむことができます。また、チャンサーはグーグルのWebRTCを採用しているため、カスタムヘッドスリップを作成・管理する際に、ユーザー間のリアルタイムでの通信が可能となります。

チャンサーは2025年までに0.50ドルに達するのか?

チャンサーのプレセールは、近年リリースされたオンラインベッティングプラットフォームの中で最も魅力的だという声が多く聞かれます。ネイティブトークンのCHANCERは、デフレ型トークノミクスを採用しており、プラットフォーム上で高い実用性を発揮します。これは、時間の経過と共にその価値が高まることが保証されていると捉えることができます。

CHANCERは、プレセールで0.01ドルから0.021ドルに高騰するように作られています。今回のプレセールでの成功が大手取引所への上場に繋がります。アナリストは、次の強気市場が近づくにつれて、更なる飛躍を見せるだろうと予想をしています。チャンサーが2025年に向けて0.50ドルを超え、目標である1ドルの価格水準に達する日はそう遠くないかもしれないとも言われています。

チャンサーのプレセール終了後、何が待っているのか?

チャンサーは、年末までに様々な展開を控えています。プレセールは、世界初となる分散型ベッティングマーケットへ向けた最初の大きな一歩となるでしょう。このプラットフォームは、現在世界で最も広く利用されているレイヤー1ブロックチェーンネットワークのバイナンススマートチェーン上に構築されています。

チャンサーは、2023年後半、トークンプレセールを終了した後にベータテストを開始予定です。テストが終わり次第、DEXにてローンチされます。チャンサーの斬新なマーケットメイキング・プロトコルと、バーチャルベット機能は、早期テストにてリリースされる予定です。チャンサーのロードマップの概要はホワイトペーパーに掲載されています。

チャンサーを買う価値は?

チャンサーのプレセールは、現在初期段階のプロジェクトの中でも魅力的な投資の機会だと捉えている人が多いようです。ブロックチェーン技術は、世界中の主要産業を大きく変貌させています。チャンサーは、オンラインギャンブル業界に分散化技術を導入し、新たに改善されたスペシャルなプレイ環境をユーザーに提供することができます。

さらに現在チャンサーは、プレセール期間中にて10万ドル相当のトークンが当たる抽選会を行っています。チャンサープロジェクトのツイッターをフォローするだけで応募できます。

トークンを現在価格である$0.01で購入した場合、将来的にはかなりのリターンが得られる可能性があると期待されています。CHANCERをこの価格で購入できるのは今だけであることを念頭に投資を検討してみてください。イベント終了までに2倍以上に上昇することが約束されている新たなギャンブルプラットフォームのチャンサー。詳細は以下のリンク先ページから確認できます。

CHANCERの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DeeLance(DLANCE)とは?Web3技術による分散型フリーランスプラットフォームを紹介

DeeLance(DLANCE)とは?Web3技術による分散型フリーランスプラットフォームを紹介

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

Coinstore「入金キャンペーン&豪華景品のバレンタインデーキャンペーン」開催!

Coinstore「入金キャンペーン&豪華景品のバレンタインデーキャンペーン」開催!

注目度の高い仮想通貨ニュース

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

メタマスクでビットコイン(BTC)の保管・管理が可能に?来月中にもサポートか

メタマスクでビットコイン(BTC)の保管・管理が可能に?来月中にもサポートか

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す