ウォールストリートミームと柴ミーム: 二つのプレセールを比較

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

急成長を遂げたミームコイン市場の時価総額は、2020年初頭のゼロから2022年初頭には200億ドルを超えるまでに急騰した。前回の強気相場では柴犬コインやドージコインが市場拡大に大きく貢献した。

以来新たな進化として柴犬にインスパイアされた多くのコインが登場した。中でも柴ミームは、AI技術とブロックチェーン技術のユニークな融合で際立った存在感を放っている。

柴ミーム:一際輝く新星ミームコイン

活気に満ちたミームコインの中で高い実用性、AI技術を活用したマーケティング、魅力的なトークノミクスの融合機能を併せ持つ柴ミームは、ミームコインの中でも一際輝いて見える。

柴ミームとは? どのような銘柄なのか?

柴ミーム(SHMU)は、通常のミームコインとは大きく異なる。このERC-20トークンは、その成功を後押しするAI技術を搭載したマーケティングメカニズムで設計されている。誇大広告に身を任せる他コインと違い、柴ミームはそのプラットフォームに固有の有用性を持っている。

AI主導の自然言語処理(NLP)アルゴリズムを通して、柴ミームはソーシャルメディア・フォーラム・その他オンラインコミュニティを分析し、ミッションに関連する議論やトピックを特定する。

これらのデータを使用してターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを展開し、投資家に効果的に働きかける。ミームコイン分野では他に類を見ない、レベルのセルフプロモーションを提供する。

またトークンは、対話型AIダッシュボードを備えており、マーケティング活動に関するリアルタイムの最新情報を提供する。これはコンテンツを作成し、プロモーションの決行、さらにはデータ分析に基づき戦略を調整し、コミュニティからの支持と興味を長期に渡りに惹きつける。

加えて、柴ミームにはユニークなトークノミクスの特徴がある。8週間のプレセール期間中、毎日価格が上昇するのだ。価格は0.000225ドルの固定額で急上昇し、潜在的な投資家の切迫感とFOMOを刺激する。

例えば、7日目には12.13%の大幅な値上がりがみられ、60日目には0.0244ドルとなる。これは、プレセール価格から119.33%の上昇を意味する。まさに早い者勝ちのゲームとなっている。

ウォールストリートミーム(Wall Street Memes)とは?

ウォールストリートミームとは、伝統的な金融市場の巨人に対する小口投資家の反抗を形象化した大胆な運動である。このトークンは、小人がウォール街に立ち向かった悪名高い2021年のゲームストップ株騒動をきっかけに生まれ、その精神をイーサリアムブロックチェーン上のERC-20トークンとして形にしたものである。

WSMと名付けられたこのトークンは、米映画「ウォール街」(1987)のなかで主人公が言う名セリフ「強欲は善だ」の変革を象徴している。

ウォールストリートミームは総供給量20億トークンを供給し、ウォール街の金融市場独占に対抗する。これは単なるトークンではなく、実質的なソーシャルエンゲージメントを持つ仮想通貨最大のコミュニティのバナーなのだ。

WSMトークンは、この運動の忠実な支持者を認証することを目的としており、金融分野における人々の力をデジタルで証明する役割を果たす。ウォールストリートミームは、欲が正しい目的に向けられたとき、非常に良いものになることを象徴している。

二つの仮想通貨の価格予測について

ウォールストリートミームと柴ミームのそれぞれの価格予測を見ていこう。2つの銘柄共に依然として推測の域を出ないものの、柴ミームに関しては、その技術力やトークンがもつユニークな有益性をから、今後の成長に期待が高まっている。

柴ミームのプレセール期間中に実施される日次値上げは、初期投資家に大きな潜在的利益をもたらすだろう。この機能は、AIによる強力なセルフプロモーション機能と相まって、柴ミームの明るい未来を描き、ウォールストリートミームの可能性に影を落としている。

どちらのミームコインの価値も誰にも計り知れない。ここで一旦、市場を見てみよう。ドージコインの時価総額はピーク時に750億ドルだった。機関投資家の資金が流入し始めると、勢いは100倍にも増す。ミームコインの時価総額がさらに大きくなることを期待したい。

とはいえ、控えめに見積もったとして市場の専門家は2024年末から2025年にかけて、0.3ドルから0.5ドルの範囲の健全な価格を予測している。このような価格が実現すれば、柴ミームの投資機会としての地位は確立され、さらなる採用が進むにつれて投資家のポートフォリオが拡大することになるだろう。

結論

ミームコインが重要な役割を果たすデジタル通貨の競争時代において、柴ミームは特に中の銘柄であると考えられる。ブロックチェーンと AI技術のユニークな融合を誇る柴ミームは、マーケティング戦略を推進し、市場動向にダイナミックに適応し、前例のない有望な投資機会を提供する。

ウォールストリートミームにも大きな期待が集まっているものの、柴ミームも毎日の価格上昇・本質的な有用性・AIが搭載された機能、そして最大供給量が少ないという点で大きな期待を集めている。柴ミームの詳細は以下の公式サイトから確認することが可能だ。

SHMUの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す