120万ドルを調達したチャンサー(CHANCER)が投資機会の候補として浮上

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

質の高い投資先を探しているトレーダーにとって投資先を見極めるのは骨が折れる作業である。ところが2023年、チャンサー(Chancer)は市場で際立った存在になると言われている。

この革新的なプラットフォームはピアツーピア (P2P) ギャンブルに革命を起こす。ベッティングの経験を広げたい人や、未だかつてない機会を探している投資家の注目を集めている。

チャンサー:ピアツーピアベッティングに革命を起こす

デジタル通貨市場において、チャンサーはブロックチェーンベースのP2Pベッティングの概念を覆すプラットフォームとして登場した。チャンサーとは一体何なのか?そしてなぜ投資機会の候補として評価されているのか?

チャンサーは、世界中のユーザーが独自のマーケットを作成、そして利益を得ることができる分散型アプリだ。従来の運営者がマーケットを作成するという形とはまるで違う。

ここでは、ユーザーの手にコントロール権が委ねられるのだ。パーソナライゼーションとユーザーが得られる高いコントロールにより、市場においてゲームチェンジャー的存在としてその名を轟かせている。

チャンサーは、利用者一人一人にパワーを与えることを目的としている。ユーザーは、自分の専門分野や興味のあることに対してマーケットを作成し、リアルタイムでベットを行うことができる。

つまり、ユーザーはベッティングマーケットにおいて受動的な参加者ではなく、創設者であり支配者なのだ。

パンター、つまり賭けをする人は、従来のような不利益なプラットフォームに制限されることがなくなる。

今年のクリケット・ワールドカップ決勝で南アフリカが優勝するのかどうかや、今週木曜日に従兄弟のマイケルがチェスクラブでゲームに勝つかどうかまで、独自のゲームと掛け金を考案することができる。チャンサーの可能性は無限だ。

チャンサー:ユニークな投資機会

チャンサーは、素晴らしいプロジェクトだ。しかし、何がこの銘柄を2023年最高の投資先と位置付けるのか?それは、ベッティングだけでなく様々な手段でお金を稼ぐ卓越した機会を提供していることだ。

チャンサーが2023年最高の投資先として注目を集めている理由の一つは、取引手数料の仕組みだ。コミュニティ報酬契約により、発生した手数料の半分はノード運営者に支払われ、残りはノードの投票者に分配される

報酬がコミュニティメンバーに分配されることを保証するこの取り決めは、プラットフォームへの積極的な関与を促進する。さらに、通貨保有者はCHANCERをステーキングすることでセキュリティ強化に貢献することができる。

このインセンティブとしてCHANCERトークンをゲットできる。この仕組みは、プラットフォームのセキュリティを強化し、投資家が保有資産を増加させるための手段となる。

チャンサーは、金銭的な利益の他にもコミュニティを育成し、世界にポジティブな変化をもたらすことを目標としている。スマートコントラクトの取引手数料である20%は、ガバナンスのコンセンサスを通してチャンサーコミュニティが選んだ慈善団体のために確保される。

この特徴により、投資家はベッティングマーケットに参加しながら、自分が情熱を注いでいる活動を支援することができる。

P2Pベッティングの未来とチャンサーの役割

P2Pベッティング市場は、今年数年で大きく成長すると言われている。ブロックチェーン技術の採用が進み、オンラインベッティングの人気が高まる中、よりパーソナライズされた、透明性の高い賭け体験を提供するプラットフォームへの需要が高まっている。

チャンサーは、このトレンドに乗るのに絶好の位置にいる。業界で一線を画すパーソナライゼーションとコントロールにより、ユーザーはかつてない体験をすることができるのだ。

さらに、プロジェクトの透明性とセキュリティへのコミットメントは、信頼できる選択肢と言えるだろう。

コミュニティ重視のアプローチも、チャンサーを際立たせている。積極的な参加に対するインセンティブを与え、コミュニティ間で利益を共有することで、熱狂的なユーザーが集まる活気あふれるプラットフォームの構築が可能となるのだ。

チャンサーを生み出した異才「ケルビー兄弟」

チャンサーの原動力はケルビー家の天才兄弟、アダムとポールから生み出される。CEO兼共同設立者であるアダムは、ベッティングに対して切磋琢磨と情熱を注ぐベテラン起業家だ。

賭け業界の社会的、競争的側面を強化するプラットフォームに対する彼のビジョンは、チャンサーという形で実現された。製品責任者で共同設立者のポールも、同様の情熱を持っている。

スポーツが大好きで、友人間で行う賭けで勝利するスリルを味わうことが好きだった彼は、ギャンブラーのための包括的なコミュニティを構築するに至った。

このようにして、彼らは世界初のWeb3ソーシャル・ベッティング・エコシステムであるチャンサーを作り上げたのだ。

ケルビー兄弟は単なる創設者ではない。コミュニティの活動的なメンバーでもある。彼らは様々なコンテストやチャレンジに参加し、コミュニティやプロジェクトのアンバサダーと直接関わっている。

彼らの実践的なアプローチとチャンサーコミュニティへのコミットメントが彼らを際立たせている。チャンサーを単なるプラットフォームではなく、全ベッティングファンのための集いの場としているのだ。

彼らは、ツイッターでプロジェクトの最新情報を定期的に共有し、利用者のコミュニティへの参加を促している。直接的な交流を奨励し、プロジェクトに対する意見を積極的に取り入れているのだ。

ツイッターでコミュニティに参加し、この革命的なプラットフォームの背後にいる天才たちと直接繋がる機会を得てみてはいかがだろうか?

なぜチャンサーは投資機会の候補と位置付けられているのか?

独自の機能と収益機会により、チャンサーは投資機会として選択肢の1つとなっている。

セキュリティ、コミュニティへの参加、慈善活動への貢献、P2Pベッティングへの最新型アプローチなど、プラットフォームのコミットメントは、ゲーム体験の幅を広げたいユーザーにとって魅力的な選択肢だ。

チャンサートークンのプレセールは市場をざわつかせた。多額の資金調達を達成したことにより2023年の成長が期待される投資先候補の1つであることが証明された。

プレセールの成功は、プロジェクトの可能性とプラットフォームに対する投資家の信頼の証だ。

チャンサープラットフォームはベッティング業界の未来を担っている。ここでは、ベッティングマーケットを作成し、全く新しい予測方法を提供することで将来の確かな見通しを与える。

賭けに対する革新的なアプローチと収益の機会を組み合わせることで、新たな刺激を求めるギャンブル愛好家にとって魅力的な投資先となっている。

まとめ

結論として、チャンサーが2023年の投資機会の1つであることにはそれを裏付ける理由があった。業界初の機能、収益機会、コミュニティへの参加と慈善活動への貢献という様々なメリットが、魅力的な銘柄として輝かせているのだ。

プレセールの成功と将来的な可能性により、この通貨は投資を検討するに値する銘柄の1つとなっている。

チャンサーへの投資は単なる仮想通貨への投資ではない。ベッティング業界の未来への投資なのだ。

コミュニティベース賭け市場の将来を形作る一員になりたくはないだろうか?利益を上げながら、世界に変化をもたらすことは、魅力的に見える。

チャンサーのプレセールでの供給量は、961,628,546トークンに限定されている。このトークンは現在、0.011ドルで入手することが可能だ。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

最大規模のP2Eゲームアーケード構築中のメタケード|大きな利益を生むポテンシャル

最大規模のP2Eゲームアーケード構築中のメタケード|大きな利益を生むポテンシャル

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す