受動的収入が欲しい方へ|専門家が選ぶ2023年注目のステーキング可能な仮想通貨12選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

最小限の労力で受動的収入を得る方法をお探しなら、仮想通貨のステーキングはあなたにピッタリかもしれません。これは、初期投資を維持したまま追加の収入源を確保するという優れた方法です。仮想通貨市場で、ボラティリティーを完全に乗り切ることは難しいかもしれませんが、ステーキングは受動的収入を得るシンプルな方法です。

今回の記事では、仮想通貨をステーキングして受動的な収入を得る方法と2023年に注目されるステーキング可能な仮想通貨12選を紹介していきます。

目次

ステーキングとは?

ステーキングコインとは、プルーブオブステーク(PoS)ネットワーク上のトランザクションを検証するために、特定の仮想通貨をロックするプロセスのことです。ネットワークセキュリティー維持への貢献に対してステーキングトークンから報酬を得ることができる仕組みです。受動的収入は、通常従来の金融商品で提示されているものと同様の年率(APR)または、年率利回り(APY)として表されます。

ステーキングを成功させる鍵は、魅力的なステーキング報酬と、堅実なファンダメンタルズを持つ望ましいステーキングコインを見極めることです。コインの価値の回復の見込みがなく大きく下落する可能性がある場合、ステーキングで高いAPRを提供する通貨を選んだとしても得られるものはゼロに等しいでしょう。

この記事では、ステーキングで利益を上げるため専門家が選んだ2023年注目のステーキング可能なトークン12選を紹介していきます。

2023年注目のステーキング銘柄12選

  • 柴ミーム(Shiba Memu/SHMU)
  • チャンサー(Chancer/CHANCER)
  • アルトシグナル(AltSignals/ASI)
  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • ソラナ(Solana/SOL)
  • ポルカドット(Polkadot/DOT)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)
  • アルゴランド(Algorand/ALGO)
  • カルダノ(Cardano/ADA)
  • クイント(Quint/QUINT)

Shiba Memu(SHMU)

Shiba Memuとは?

Shiba Memuは、愛らしい日本の柴犬をモチーフにしたミームコインです。この子犬はDogecoinやFloki Inuのような柴犬にインスパイアされた他のコインと一緒にするべきではありません。ミームコイン・ルネッサンスとAIを融合させることで、Shiba Memuは市場に嵐を巻き起こすことを目指し、強力なインパクトを与えることになるのです!

Shiba Memuは、AIを使って24時間365日、インターネット上のミームコインに関するあらゆる言及を探しています。Shiba Memuはセンチメント分析を用いてポジティブかネガティブかを判断します。この賢い子犬はソーシャルメディアやフォーラムなどのさまざまなプラットフォームで一般の人々と交流し、認識を変え、多くのポジティブな言及を得られるようにするのです。

また、自らPRを行うことも可能で、100社以上の人間主導のマーケティング会社の仕事をこなしながら、難なくマーケティングを行います。これが知っておくべきことです!

それだけではありません。この賢いロボドッグは、血統書付きのユニークなプレセールを行っています。SHMUは初日0.011125ドルで発売され、60日間のプレセール期間中、毎日値上がりします。SHMUの価格は毎日0.000225ドル上昇するため、早期購入した投資家はより大きな利益が得られる可能性があります。

プレセールは8週間後に終了し、SHMUの価格は0.0244ドルに達する予定です。Shiba Memuは他の犬をテーマにしたミームコインとは異なり、ただの犬ではありません。これは、最初から素晴らしいROIを提示します。

SHMUのステーク方法は?

Shiba Memuのユーザーはトークンを賭けて、この賢い少年にツール、ウェブサイト、フォーラム、その他Shiba Memuがターゲットとし、その名を知らしめるべきプラットフォームに関するフィードバックや提案を提供することができます。

ステーキングは、ユーザーがこの賢いAIと直接対話できるように、Shiba Memuプラットフォーム上のコミュニティ感覚を育むように設計されています。

Shiba Memuは、ChatGPTに似たチャットボットのようにユーザーに反応するのです。最高のご褒美は何でしょうか?自分の提案がプラットフォームに採用されたユーザーにはSHMUトークンが追加されます。これは、尻尾を振る価値のあるものです!

>>> SHMUの詳細はこちらをご覧ください<<<

Chancer(CHANCER)

Chancerとは?

Chancerは世界初の分散型予測市場アプリです。ポールとアダムのケルビー兄弟が考案したChancerは、ベッティング愛好家のためにベッティングの民主化を目指しています。

ベッティングハウスやブックメーカーのようなサードパーティに依存する従来のベッティングとは異なり、Chancerは完全にピアツーピアのベッティングファシリテーターであり、多くのお金を稼ぐためにベッターに不利なオッズを歪める一般的な仲介業者の必要性を排除しています。

Chancerはベッティングに革命を起こし、600億ドル以上の価値があり、2030年までに1500億ドル以上になると予想されているベッティング業界の巨大なスライスを取ることを目指しています。

Chancerが他のベッティング・プラットフォームと一線を画すいくつかの理由があります。一つは、ベッターをスポーツ・ベッティングに限定しないことです。

友人や家族間の小さな賭けから、スーパーボール、ユーロビジョン、あるいはアメリカ大統領選挙といった世界的なイベントへのバイラルな賭けまで、実質的に何でもベッティング・スリップに変えることができます。

すべてのベットはCHANCERトークンで行われ、配当されるのです。

CHANCERをステークするには?

CHANCERをステークすることで、ベッターと暗号愛好家は同様に受動的な収入から利益を得ることができます。トークンは利回りのためにステークすることができ、ユーザーが取引やベットを行うのに十分な流動性が確保されます。トークンを賭けられた方は、さらに多くのCHANCERで報酬を得ることができます!

>>> CHANCERの詳細はこちらをご覧ください<<<

アルトシグナル

アルトシグナルとは?

アルトシグナルは、2017年に発足した52,000人以上の既存のコミュニティにサービスを提供する、今まさに大注目のシグナル取引グループです。同プラットフォームの AltAlgo™インジケータツールは、自動売買シグナルを生成します。Binance Futures が評価をした32ヶ月のうち19ヶ月で、仮想通貨トレーダーが ポートフォリオの利益率を10倍にするのに役立ったという優れた実績を持っています。

アルトシグナルは、資金調達と新しいAIトレーディングスタックである ActualizeAI へのアクセスを可能にするためにネイティブトークン「ASI」をローンチしました。ActualizeAIは、機械学習や自然言語処理(NLP)などの最新技術を組み合わせて市場を継続的に調査し、価格指標を分析、過去のデータ傾向を適用する予測モデリングを通してトレーダーに提供します。これにより、最終的には最も正確な仮想通貨取引シグナルを生成することができます。

ASIトークンの保有者は、自動的にAcrualizeAI搭載のシグナルへアクセスできるようになり、AIメンバーズクラブへの参加が可能となります。これにより、メンバーは更なる特典を受けることができます。トレーディングトーナメント、賞金抽選、公開および非公開のプレセールイベントへの参加が可能となります。

また、ASIコインを所有することにより、コーチングや多数の教材へのアクセスが可能になります。これにより、アルトシグナルはあらゆるレベルの投資家が仮想通貨取引において成功を収めるためのサポートをすることができます。

ASIのステーキング方法

ユーザーは、トレーディングトーナメントや賞金抽選会に参加するためにASIコインをステーキングすることができます。これにより、ステーキング報酬を上げる機会を作ることができます。また、アルトシグナルのプラットフォームの安全性と実行可能性を保証し、市場をリードするAI機能の基礎の提供にも繋がります。

AI由来の取引シグナルは、より多くの受動的収入を得られるかの特定が可能なインテリジェンスを提供します。これにより、トレーダーが短期および長期的な投資で利益を最大化するのに適していると期待されています。

現在開催中のASIプレセールでは、0.01875ドルという非常にリーズナブルな価格での購入が可能です。

>>> ASIの詳細はこちらをご覧ください<<<

メタケード:P2Eゲーム業界で注目されるステーキングコイン

メタケードとは?

メタケードは、Web3のP2E(遊んで稼ぐ)ゲームの中心的存在となることを目指す全く新しいコミュニティハブです。このオンライン仮想ゲームセンターでは、同じ志を持つゲームファンが集結し、プラットフォーム内の様々なP2Eメカニズムの恩恵を受けながら、中毒性の高い最新ゲームの数々をプレイすることができます。

メタケードのミッションは、ゲーム経験の有無に関わらず、多くの人がP2Eゲームを利用できるようにすると同時にユーザーに受動的収入を得るための方法を提供することです。Create2Earn(交流して稼ぐ)と呼ばれる機能は、ゲームレビュー、アルファの共有、ライブチャットへの参加など、ハブに投稿された有益なコンテンツに対してユーザーへ報酬を提供するものです。

また、2024年以降に予定されている Work2Earn(働いて稼ぐ)機能では、ギグワーカーやフルタイムワーカーを対象としたWeb3関連の求人をプラットフォームにて掲載する予定です。

さらに最も注目されているのは、メタグラント(Metagrants)と呼ばれる取り組みです。これは、メタケードプラットフォームでプレイすることが可能な新ゲームの開発を促進するものとなっています。

ゲーム開発者が自らのゲーム開発案をトーナメントへ提出し、トークン保有者は最も興味をひかれる案に投票するというものです。最終的に多くの票を集めたアイデアには、メタケードからゲーム開発助成金が与えられます。その後完成した製品はゲームセンターのバーチャルフロアに設置される予定です。

MCADEのステーキング方法

MCADEトークンのステーキングは、Compete2Earn(競って稼ぐ)の一環として行われ、ユーザーはトークンをステーキングするためにオンライントーナメントに参加したり、賞金抽選に参加することができます。

2024年末に本格的にDAOへ移行することを目標としているため、世界初となるコミュニティー所有バーチャルゲームセンターへのサポートに対して、ステーキング報酬が与えられるという仕組みです。

全てのステーキング報酬はステーブルコインで支払われるため、他のプラットフォームで一般的に起こるとされるインフレの影響を緩和することができ、結果として通貨の価値を維持することができます。

MCADEトークンのステーキングは、目を見張るほどの通貨の成長からの恩恵を受けつつ、ほとんど何もすることなく収入を得ることができる素晴らしいチャンスとなる可能性があります。

>>> MCADEの詳細はこちらをご覧ください<<<

ソラナ:オープンソースのステーキングブロックチェーン

ソラナとは?

ソラナは、ブロックチェーン技術のパーミッションレスな性質を利用して、DeFiソリューションを提案するオープンソースプロジェクトです。2020年にリリースされたソラナのプロトコルは、合意形成のためのプルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)とPoSの先駆的な組み合わせにより、dAppの開発を支援しスケーラビリティを向上させるように設計されています。

このハイブリッドコンセンサスモデルは、小規模な取引業者や大規模企業をブロックチェーンに引き付け、DeFiを大衆が利用できるようにするというソラナの狙いに当てはまっています。即座に行われる取引と、スマートコントラクトの検証時間の短縮は、ハイブリッドコンセンサスメカニズムの利点であり、低い取引コストの実現も可能となります。

SOLのステーキング方法

SOLトークンは仮想通貨ネットワークを保護し新しいブロックを検証することにより、ステーキングをすることができます。ユーザーがトークンをステーキングするにはいくつかの方法があります。中央集権型の取引所を通じてステーキングする方法、トークンを取引所に委譲して代理でステーキングする方法、トークンをソラナのバリデータに直接委譲する方法などがあります。

他のルートとして、SOLトークンをリキッドステーキングプロバイダーに委任し、ユーザーに取引可能なリキッドデリバティブトークンを提供する、またはネットワークバリデーターを直接実行し、他のユーザーがSOLトークンを委託するというリキッドステーキングがあります。SOLのステーキングの平均年間利回りは約5.5% ですが、それぞれのステーキング方法により多少の違いはあります。

ポルカドット:優れたステーキングリターンを提供する相互運用性ソリューション

ポルカドットとは?

イーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)はイーサリアムネットワークの制限、特にスケーラビリティと異なるチェーン間の通信と相互作用を可能にするためポルカドットを作成しました。

ポルカドットのオープンソースであるシャード型マルチチェーンプロトコルは特殊なチェーンを接続、保護し相互運用性を実現します。このプロジェクトの設立理念は、分散型ブロックチェーンのインターネットの基盤を提供することです。

ポルカドットプロトコルは、パブリックチェーンとプライベートチェーンを接続することにより、ポルカドットリレーチェーンを介して信頼性の高い情報の共有や取引の検証を行うことができます。

また、特定のユースケースに合わせてカスタマイズされた独立チェーンのパラチェーンやスケーラブルな従量制モデルに基づく柔軟な接続を可能にするパラスレッドを使用し、チェーンの並行に動作することを可能にすることにより、更なる相互運用性を提供します。

ネイティブトークンであるDOTは、ガバナンストークンとしての役割、パラチェーンをつなぐ役割、そしてポルカドットの運営とセキュリティを可能にするステーキングコインのサポートという3つの明確な目的を持っています。

DOTのステーキング方法

DOTはバイナンスやフィアレスウォレットなど、評価の高い取引所での利用が可能な最も収益性の高いステーキングコインの1つです。また、この通貨は高いレベルの実用性と価値を維持しながら優れた利回りを提供する仮想通貨ステーキングコインとなっています。

デリゲータープログラムでは、そのネットワーク社会のトランザクションの検証をサポートするため、仮想通貨投資家に13.99% のAPRを提供します。デリゲーターになるには、少なくとも80 DOTをステーキングする必要があります。

トークン保有者は、バリデーターノードを運営することもでき、約15%のリターンを得ることが可能です。この場合はバリデーターになるのに最低350 DOTをステーキングする必要があります。どちらのオプションもロックアップは28日間とお買い得となっているため、高い利回りを考えると非常に価値があると言えるでしょう。

イーサリアム:PoSプロトコルへの移行により、長期的な仮想通貨のステーキングに最適の通貨

イーサリアムとは?

イーサリアムは、世界最大のレイヤー1ブロックチェーンプロバイダーであり、競合他社との差別化に最も成功している通貨の一つです。扱いにくくコストがかかる上に生態系にダメージを与えていたプルーフオブワークの合意形成メカニズムからPoSプロトコルへの移行は、次々に新しく開発されていく他のブロックチェーンプロバイダーと差をつけることに非常に効果的で、ETHはステーキングの最適な通貨の一つへと進化していきました。

イーサリアム2.0は絶対的なセキュリティと透明性を維持しながら迅速なファイナリティーを実現し、数秒で取引を完了する独自の機能により、ブロックチェーンとスマートコントラクトの運用を新たな領域へと進化させることに成功しました。

イーサリアムの市場提供に革命をもたらしたPoSプロトコルだけではなく、このプラットフォームはイーサリアムのブロックチェーン市場における支配力を維持しています。そのため、安全で高速かつ信頼性の高いブロックチェーンネットワークを必要とするプロジェクトの第一選択肢となっています。2023年には、さらなる新しい機能のリリースも予定されています。

ETHのステーキング方法

イーサリアムのステーキングは、一般的に長期保有トークンと見なされるため、長期間に渡って受動的収入を得るのに優れています。トークン保有者は、年間4〜4.6% の利回りと引き換えに32 ETHを保有すれば、バリデータノードを運営したり、バリデータ・アズ・ア・サービスを運営することができます。

ETHの保有量が少ない投資家でも、仮想通貨取引所やステーキングプールでETHをステーキングしてリターンを得ることができます。例えば、現在バイナンスでは最低ステーキング料が無いため、ETHをステーキングすると毎年5.2%のリターンを得ることができます。

比較的新しい機能であるイーサリアムのステーキング機能の一環として、スマートコントラクトを承認するバリデータノードのサポートにより獲得したコインは、上海のアップグレードが完了する2023年半ばまで引き出すことができません。

バイナンスコイン:年間利回りが高いデフレコイン

バイナンスコインとは?

バイナンスコインは、世界で最も人気のある仮想通貨取引所であるバイナンスのネイティブコインです。BNBは、毎日世界中で行われる仮想通貨取引において膨大な数のコインを供給するだけでなく、数多くの分散型アプリ(dApps)を提供するスマートコントラクトブロックチェーンであるBNBスマートチェーンも供給しています。

バイナンススマートチェーンは、他のプロバイダーよりもやや中央集権的なため、ユーザーが取引を行う際の匿名性はそこまで高くありませんが、0.02ドルという低取引コストと PoW(Proof of Work)ブロックチェーンと比較して迅速なサービスを提供できるということが、セールスポイントとなっています。

2017年にローンチされて以来、バイナンスは着実に成長し、マーケットキャップの価値が最も高いステーキングコインの一つとなっています。需要の増加に伴い供給を制限するために、四半期ごとに BNB が売却されるという、強力なデフレトークノミクスがその人気に拍車をかけています。

BNBのステーキング方法

BNBは世界トップクラスのステーキングコインですが、これはバイナンスが世界有数の仮想通貨取引所として市場をリードしていることを考えると驚きの事実ではありません。トップステーキングコインとしての人気は、それがどのようにデリゲートされるかによって決まります。

BNBをバリデーターに委任するための最低賭け金はなく、ウィンドウを7日間ロックアップすることで4.1%のAPRのリターンが得られます。また、10,000 BNBを保有している場合、バイナンススマートチェーン上でバリデーターノードを運営することにより利回りを上げることができます。

ポリゴン:素晴らしい利回りを提供する拡張性の高いブロックチェーンコイン

ポリゴンとは?

ポリゴンは、イーサリアムのブロックチェーン内のスケーラビリティを可能にするために作られたステーキングコインで、よりシンプルなインフラ開発を可能にします。ポリゴンは、イーサリアムのセキュリティ、透明性、優れたエコシステムを維持しながら、ポルカドットと同様にイーサリアムを本格的なマルチチェーンシステムに変貌させるものです。

このレイヤー2スケーリングソリューションは、バイナンスとコインベースという2つの有名取引所から支持を得ています。このプロジェクトは、いくつかのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティの問題を解決することで仮想通貨の世界的な普及を促進することを目標としています。これは、PlasmaフレームワークとPoSブロックチェーンアーキテクチャを組み合わせることで実現されます。

ポリゴンは、1つのサイドチェーンで最大65,000トランザクション/秒(TPS)に対応し、2秒以下の優れたファイナリティータイムを実現しています。この優れた機能性により、ポリゴンのサイドチェーンはDeFiアプリやdAppsのプラットフォームとして愛用されています。

MATICのステーキング方法

ERC-20のイーサリアムトークンであるMATICは、ポリゴンでの決済サービスやユーザー間の決済通貨として使用されます。しかし、この通貨の最も大きな特徴は最大14%強という高いAPYによるものです。

1枚でもコインを持っている場合誰でもネットワークデリゲーターになることができます。ステーキングをするには、2枚以上のコインを保有している必要があります。MATICのステーキングは、メタマスクとポリゴンのウォレットを接続するだけで簡単に行えるため、通貨をステーキングすればするほど利回りが向上します。

アルゴランド:膨大なTPSを持つ自立型ブロックチェーン

アルゴランドとは?

アルゴランドは、分散型自立ブロックチェーンで安全でスケーラブルかつ効率的なホスティングネットワークを様々なアプリケーションに提供します。このプラットフォームのメインネットは2019年6月に稼働し、短期間で1日100万件近いトランザクションを処理するという驚くべき成長を見せました。

アルゴランドは、ビットコインやイーサリアムが元々持っていたネットワークの扱いにくさに対して、迅速なブロックファイナリティーを提供し、全体の効率を改善するブロックチェーンネットワークを開発者に提供することを前提にしています。

このプロジェクトは、巨大なネットワークキャパシティーを提供するだけでなく、低い取引量を実現します。また、ビットコインのようにマイニングの必要がないため、チェーンベースを提供することによる環境への影響を最小限に抑えることができます。

また、PoSプロトコル上で動作するアルゴランドは、ブロックチェーン上でイーサリアムとの互換性を可能にするトラストレスブリッジであるLondon Bridgeの開発を発表しました。

ALGOのステーキング方法

ALGO保有者はアルゴランドネットワークの安全確保に貢献し、基本的なステーキング報酬を獲得することができます。一方、他の仮想通貨ステーキング報酬はエコシステムの未来を決定するのに役立つガバナンスの投票権に登録することで得られます。ガバナンスに登録されたALGOトークンは最大10〜15%の報酬を得るために、少なくとも3ヶ月以上ロックアップされます。

ALGOは、他のステーキングメカニズムとは異なり、純粋なプルーフオブステーク(PPoS)を使用してネットワーク上のトランザクションを検証するため、特定の数をステーキングする必要がありません。そのため、ALGO保有者全員がトランザクションの検証に強力できる仕組みとなっています。

カルダノ:APYが高い人気のステーキングコイン

カルダノとは?

カルダノは、より公平、安全で透明性が高い社会の実現を目指すオープンソースのPoSブロックチェーンプラットフォームです。2017年に設立されたネイティブコインであるADAトークンは、カルダノの安全なネットワークの基礎を生成します。

イーサリアムがPoSコンセンサスメカニズムを開始する前、カルダノはエネルギー消費量の少ないPoSプロトコルを使用した最大のブロックチェーンの1つでした。このプロジェクトが提供する技術の一部として開発された技術は、広範囲に渡って研究され、学者による査読を受けたものです。つまり、既に運用開始前に厳しい状況を経験したということになります。

2021年9月のアロンゾのアップグレードにより、プラットフォームはNFT、スマートコントラクト、DEXなどより幅広い仮想通貨アプリをサポートできるようになりました。これにより、価格が急上昇し ADA はその直後に市場最高値を達成、初めて3ドルの壁を突破しました。

ADAのステーキング方法

カルダノのコミュニティはADA供給量の4分の3をステーキングしており、イーサリアムのステーキングへの熱意を上回っています。これは、カルダノにロックアップ期間がないためです。ADAトークンの保有者は、通貨を支払いや送金、DeFiエコシステムに使用できるなどの自由さを維持しながら、仮想通貨をステーキングすることができます。

ステーキングは最大5%のAPY報酬を受け取ることができ、ユーザーは2つの方法でトークンをステーキングすることができます。一つ目は、取引所を利用するもので利回りを得るための介入が比較的簡単ですが、ADAを取引所に預ける必要があります。

もう一つの方法であるバリデータープールへの出資は、投資家がトークンをロックすることなくカルダノネットワークや特定の活動を支援することを可能にします。また、必要に応じて継続的に使用することができます。

クイント:現実世界での報酬が獲得できるステーキングコイン

クイントとは?

クイントは、現実世界とメタバースを結びつける新しいトークンです。ウォレットに直接入金されるNFTを通じてライフスタイル特典を提供しながら、自動合成された仮想通貨によるAPYを提供するスーパーステーキングプールを駆動します。

クイントのNFTをデジタルトークンフレームで配信するブティック型NFTマーケットプレイス、クイントショップ、メタバースアートクラブ、そしてGameFi sphereへの進出は間近に迫っています。

このプロジェクトは、トークンのプール型ステーキングプロセスとNFTに焦点を当てると同時に、現実世界のユニークな収集品を宝庫に加え、ステーキングをした人に分配するということを最終目標としています。その他の計画としては、クイントの投資家が少数保有者となることができる現実世界の不動産開発などがあります。

QUINTのステーキング方法

QUINTトークンのステーキングは他のステーキングコインとは異なります。プラットフォームは、現実世界の報酬を提供することによってリターンを超充電するスーパーステーキングプールを提供します。プールには、ラグジュアリーラッフルプールとクインテッセンスプールの2つのカテゴリーがあります。

標準的な仮想通貨の利回りに加えて、ラグジュアリーラッフルプールでのスーパーステーキングは、プールのステーキング期間の終わりに開催され、豪華賞品を獲得するチャンスが与えられます。

一方、クインテッセンスプールでは、クイントのエコシステムにおける標準的なステーキングプールで利用できるものよりも高いAPYと共に実世界のインセンティブを提供します。賞品には、豪華バケーション、スーパーカー体験、ギフト券、その他メタバースや現実世界での体験が含まれます。

仮想通貨ステーキングのメリット

仮想通貨のステーキングには、様々な利点があります。

ステーキングは、マイニングとは異なり、余分なコンピューティング機器やサーバースペースを必要としません。さらに、仮想通貨のステーキングは、マイニングの環境への影響を大幅に減少します。

また、コインをステーキングすることで、最小限の金額で受動的収入を得ることができます。その結果、PoSブロックチェーンはより安全で信頼性が高く効率的なものになります。

仮想通貨ステーキングのリスク

仮想通貨をステーキングすることの利点は多いですが、もちろんリスクも存在します。

仮想通貨の価格は不安定であるため、急速に下落する可能性があります。トークンが突然下落した場合、年間利回りが損失をカバーできる保証はありません。さらに、仮想通貨の収益をアンステークすることが可能な場合もありますが、プラットフォームによっては利益実現までに最大7日間かかることもあります。

コインのステーキングには、最低ステーキング期間が必要です。その期間中、トークンにアクセスしたり使用したりすることはできません。

ステーキングはどこですればいいの? ステーキングプラットフォーム一覧

様々なプラットフォームでステーキングが可能です。以下のようなものがあります。

  • 集中型取引所:クリプトドットコムやコインベースなど、評判の高い集中型仮想取引所の多くでは、保有者がコインをステーキングすることができます。
  • ノードの設置:トークン保有者は、ブロックチェーン上の取引やスマートコントラクトの検証者として働くために保有するコインをステーキングすることができます。
  • ステーキングプールに参加することで、コインをデリゲートし、まとめてステーキングすることができます。

仮想通貨関連FAQs

注目のステーキング銘柄は?

Shiba MemuのSHMUコインは、高い利回りと今後の成長可能性から、注目のステーキング銘柄の1つとなっています。

ステーキングにより通貨を失う可能性は?

仮想通貨市場は、不安定なことで知られているため、コインの価値は急に下がることもあります。このような場合、損失を利回りでカバーすることは難しいでしょう。

仮想通貨のステーキングは儲かるのか?

ステーキングは、長期的な収入を得るのに役立ちます。短期的なリターンを得ることも可能ですが、大きな利益は基本的に長期ステーキングによって実現されます。

どんな通貨でもステーキングできるのか?

全ての仮想通貨をステーキングできるわけではありません。どのコインをステーキングできるのか購入前に調べる必要があります。

ステーキングプールとは何か?

ステーキングプールは、仮想通貨保有者がステーキング証明のコンセンサスのために資産をプールする共有プラットフォームであり、個人のリスクを軽減しながら検証をすると同時に報酬を増やすことができます。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

メタケードが注目のメタバース関連銘柄である5つの理由

メタケードが注目のメタバース関連銘柄である5つの理由

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す