キャプテン翼RIVALS「約5億2,000万円相当のTSUGT」をバーン

by BITTIMES   

四半期に一度のバーン実施も検討

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」を運営しているMint Townは2023年11月27日に、約5億2,000万円相当のツバサガバナンストークン(TSUGT)をバーンしたことを発表しました。

ツバサガバナンストークン(TSUGT)は「キャプテン翼 -RIVALS-」のガバナンストークンであり、ゲーム内で報酬として獲得できる他、ゲーム内で使用することも可能となっています。

バーン(Burn)とは、特定の仮想通貨を"誰も利用することができないウォレット"へと送金することによって、その仮想通貨を二度と使用出来ないようにする行為のことであり、これによって対象トークンの希少価値が高まり、価格上昇につながると期待されています。

「キャプテン翼 -RIVALS-」では、11選手のPvPコンテンツである「Arena」の参加チケットや選手強化のための「Fusion機能」などでTSUGTが利用されますが、これらの使用されたTSUGTは運営の管理ウォレット上に蓄積された上で、定期的にバーンされる仕組みとなっています。

今回のバーンはこの取り組みの一環であり、2023年9月18日から開始されたArenaで主に消費された「17,042,232枚のTSUGT(5億2,217万3,988円相当)」がバーンされたと報告されています。

TSUGTの最大供給量は「1,000,000,000 TSUGT」となっていますが、今回のバーンのよってTSUGTの供給量が減少するため、今後TSUGTの需要が高まれば、1 TSUGTの価値が上昇すると期待されます。

また、今回の発表では「今後は四半期に一度のバーン実施を検討している」とも報告されているため、今後もTSUGTの希少価値はさらに高まっていくことになると予想されます。

なお、TSUGTは今月14日に暗号資産取引所「ビットポイント」にも上場しています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

Mint Town発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

コイントレード「ADA・PLT・IOST」取扱開始|上場記念キャンペーンも開催

コイントレード「ADA・PLT・IOST」取扱開始|上場記念キャンペーンも開催

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説