Terra Classicはまだ死んでいない?USTC・LUNCの価格上昇で期待高まる

by BITTIMES

USTC・LUNCの価格が大幅回復

Terra Classic(LUNC)やTerra Classic USD(USTC)は2022年5月の価格暴落で価値の99%以上を失っていましたが、ここ最近では再び「LUNC・USTCの価格回復」を期待する声が強まってきています。

米ドル連動ステーブルコインとして開発された「USTC」は昨年6月に0.01ドル以下にまで下落していましたが、今月26日頃からは回復傾向が見られ始めており、先日27日には一時的に「1USTC=0.07ドル」まで価格が回復しました。

2022年10月2日〜2023年11月28日 USTC/USDの日足チャート(画像:TradingView)2022年10月2日〜2023年11月28日 USTC/USDの日足チャート(画像:TradingView)

ピーク時に116ドル付近まで高騰していた「LUNC」も先月時点で0.00005ドルにまで下落していましたが、その後は徐々に回復して先日27日には「1LUNC=0.00012ドル」まで回復しています。

2023年3月11日〜2023年11月28日 LUNC/USDの日足チャート(画像:TradingView)2023年3月11日〜2023年11月28日 LUNC/USDの日足チャート(画像:TradingView)

USTC・LUNC価格上昇の理由は?

USTC・LUNCの価格が上昇している理由については複数の意見が出ているものの、仮想通貨コミュニティでは「バイナンス先物におけるUSTC再上場・取引量の増加・トークンバーン」など複数の要因が関係している可能性があるとの意見がでています。

BINANCEは先日27日の午後3時頃に「Binance FuturesでUSTC無期限契約の提供を開始すること」を発表しており、同日27日にはbybitも「USTC/USDT無期限契約の提供を開始すること」を発表しています。

これらの発表はUSTC価格が既に上昇しているタイミングで行われているため、発表が価格上昇の引き金になったとは考えにくいですが、コミュニティではUSTC関連の新たな動きで「今後の取引活発化」や「さらなる価格回復」に期待が高まっています。

理由の1つとして挙げられている「トークンバーン」は以前からTerra Classicのコミュニティで実施されているもので、価格暴落時に大量発行されたLUNC・USTCを自主的にバーン(焼却処分)して価格上昇を促進させる狙いがあります。

LUNCのバーンはBINANCEが支援していることなどでも注目を集めていましたが、現在はLUNCとUSTCの両方で自主的なバーンが実施されています。

Terra Classicのコミュニティでは、現在も「Burn Taxの見直し」や「USTCのリペグに向けた取り組み」など様々な改善提案・議論がなされているため、今後もバーン数量などが大幅に変化する可能性はありますが、昨年5月の暴落以降で大幅な下落はみられていないため、一連の取り組みが実を結べば価格が回復する可能性があると期待されています。

アナリストも「LUNC・USTCの復活」に期待

仮想通貨アナリストのOscar Ramos氏もLUNC・USTCの回復に期待感を示している人物の一人であり、2023年11月27日に公開したYouTube動画の中でLUNC・USTCの将来に期待感を示しています。

同氏は今回のUSTC価格上昇について『これは2023年初頭以来の価格である』と述べており、『これから何が起きるか正確に予測できる人はいないだろうが、"USTCは死んでいない"ということを理解する必要がある』と語っています。

仮想通貨業界ではこれまでにも複数の銘柄で大規模な価格暴落が起きていますが、暗号資産取引所FTXの崩壊とともに暴落したFTXトークン(FTT)も今月11日に1ドルから5ドル付近まで上昇しているため、現在はそのような仮想通貨の動きにも注目が集まっています。

>>価格予想に関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

三井物産:金連動暗号資産「ジパングコイン(ZPG)」を正式発表|2月17日に取引開始

三井物産:金連動暗号資産「ジパングコイン(ZPG)」を正式発表|2月17日に取引開始

ソフトバンク:ゲーム特化型チェーン「Oasys」にバリデータとして参画

ソフトバンク:ゲーム特化型チェーン「Oasys」にバリデータとして参画

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す