Terra Classic「USTCの発行を停止する提案」が可決

by BITTIMES

USTC供給量削減で価格回復を目指す

テラ・クラシック(Terra Classic/LUNC)の米ドル連動ステーブルコインである「USTC」の発行・再発行を停止する提案がコミュニティ投票で可決されたことが明らかになりました。

USTCは米ドルの価格と連動するように設計されたアルゴリズム型のステーブルコインですが、2022年5月にはLUNC・USTC両方の価格が暴落しており、記事執筆時点のUSTC価格は「1USTC=0.01265ドル(約1.87円)」となっています。

今回可決された提案は、USTC価格と米ドル価格の連動を再確立するための取り組みの一環であり、この提案はUSTCの発行・再発行を停止するだけでなく「xUSTをmint USTCに変換する」などの抜け穴も阻止すると説明されています。

また、USTCの発行・再発行が停止されれば、LUNCのバーン(焼却処分による供給量の削減)に協力している「BINANCE」のような大手暗号資産取引所の"USTCバーン"にもつながる可能性があるとして注目されています。

LUNC・USTCのコミュニティでは、LUNC・USTCの供給量を減らして各通貨の価値を高めるためのバーン運動が積極的に進められていますが、USTCの発行・再発行が停止されて大手取引所でUSTCバーンが開始されれば、USTCの供給量削減に繋がり、価格の回復にもつながる可能性があると期待されています。

なお、今回の提案は「賛成:59.42%」「反対:40.56%」という結果で可決されています。

>>ステーブルコイン関連の最新記事はこちら

投票結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

クリプタクト:海外取引所とDeFiの自動識別・損益計算機能「無料プラン」で利用可能に

クリプタクト:海外取引所とDeFiの自動識別・損益計算機能「無料プラン」で利用可能に

BINANCE「ベルギー居住者向けのサービス提供」を再開

BINANCE「ベルギー居住者向けのサービス提供」を再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説