Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Bitcoin Minetrix($BTCMTX、ビットコイン・マイントリックス)は、イーサリアムを基盤としたStake-to-Mine(ステーク・トゥ・マイン)のシステムを仮想通貨市場で初めて導入し、クラウドマイニング機能を提供したプロジェクトです。

他のクラウドマイニングプロジェクトとは異なり、10ドルから購入可能となっているため、投資初心者でも参入しやすいように配慮されています。

今回は、仮想通貨の投資初心者向けに、Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoin(BTC、ビットコイン)の半減期がプロジェクトへもたらす恩恵について、ご紹介します。

Bitcoinのマイニングとは

Bitcoinのマイニング(採掘)とは、Bitcoinの取引内容を検証・承認して取引を成立させる代わりに、その報酬としてBitcoinを獲得するものです。

Bitcoinを始めとする仮想通貨は、分散型の管理システムを取り入れており、銀行などの中央集権的な管理者が存在しないため、ネットワークへの参加者が分散して取引などの管理を行います。

2024年1月現在のBitcoinマイニング報酬は、1回あたり6.25BTCとなっており、新しいブロックをいち早く生成したマイナー(採掘者)1人に対して支払われます。

また、1ブロックあたり約10分で生成されるという決まりがあるため、10分で報酬額が24万3831ドル(6.25BTC、3584万3157円)と、莫大な利益を獲得することが可能となっています。

そのため、現在のBitcoinマイニングは競争率がかなり高く、様々なマイニング企業が参入して競い合っています。

※1BTC=3万9013ドル、1ドル=147円(2024年1月23日現在)

Bitcoin Minetrixのクラウドマイニング機能

Bitcoin Minetrixのクラウドマイニング機能

Bitcoin Minetrixのクラウドマイニング機能は、前述したBitcoinのマイニングへ個人もしくは初心者が参加することを容易にしました。

Bitcoinのマイニング方法には、1人で行うソロマイニング、複数のマイナーと協力するプールマイニング、企業に出資して配当を受けるクラウドマイニングがあります。

最近のマイニングは仕組みが複雑化していることから、個人で効率よくマイニングするための方法としてクラウドマイニングを選択する人が増えています。

Bitcoin MinetrixはStake-to-Mineのシステムを採用して、ユーザーが$BTCMTXをステーキングすることで、よりシンプルにクラウドマイニングをできるようにしました。

具体的には、保有している$BTCMTXをステーキングすると、非取引可能なERC-20トークンでクラウドマイニングクレジットが付与され、このクレジットを焼却してマイニングパワーを購入することで、マイニング時間や分配率に基づいたBTCを受け取ることができます。

このように、Bitcoin Minetrixは、高価な専用機材やBitcoinの取引データを検証するための難しい知識がなくても、マイニングへ参加できるようになっています。

さらに、従来のクラウドマイニングでは、配当が受け取れないなど、第三者による詐欺被害が多発していましたが、ERC-20トークンを導入したことと、ユーザーがダッシュボードで一括管理できるようにしたことで透明性が高まり、セキュリティ面も大幅に向上しました。

マイニング分野の今後とBitcoinの半減期がBitcoin Minetrixへもたらす恩恵とは

Bitcoinに限らず、仮想通貨全体のマイニング分野は大きく成長していて、昨年2023年の市場規模は約20億ドルとなっており、2032年までに70億ドルの規模に拡大するであろうという予測が立てられています。(年平均成長率は12.9%)

(参考元:https://www.precedenceresearch.com/cryptocurrency-mining-market)(参考元:https://www.precedenceresearch.com/cryptocurrency-mining-market

こういった市場の見通しを考慮すると、Bitcoin Minetrixのような革新的なマイニングプロジェクトは、将来的なポテンシャルが高いため、大きなリターンを求めて参入を決める投資家は増加傾向にあります。

また、Bitcoinの半減期が今年の4月に予定されており、1ブロックあたりのマイニング報酬が6.25BTCから半分の3.125BTCとなる見込みです。

この半減期はマイニング経済へ大きな影響を及ぼし、収益性を向上させるために、マイナーにより高い効率性が求められるようになっていくでしょう。そのような状況下で、Bitcoin MinetrixのStake-to-Mineのシステムが魅力的な選択肢となり得る可能性は十分にあると考えられています。

歴史的に見ると、半減期はBTCの大幅な価格上昇をもたらしているため、今後もこのような傾向が続けば、マイニングの魅力も高まることとなり、Bitcoin Minetrixのビジネス戦略は有利なものになると期待されています。

このように、マイニング分野における今後の明るい見通しと、間もなく訪れるBitcoinの半減期は、Bitcoin Minetrixが仮想通貨のマイニング分野で影響力を高める上での後押しをしてくれるかもしれません。

資金調達額は900万ドルを突破

$BTCMTXのプレセールでは、すでに900万ドル以上の資金調達に成功しており、プロジェクトの勢いが増しています。

仮想通貨のプレセールでは、取引所へのリスティング(上場)前に早期参入を希望する投資家へ、お得な価格でトークンを販売していますが、$BTCMTXのプレセールは価格が段階的に上昇していく方法で販売されています。

現在はステージ21が行われており、価格は0.013ドルとなっています。

Bitcoin Minetrixのプロジェクトの詳細や最新情報に関しては、TelegramチャンネルX(旧Twitter)で発信されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

Bitcoin Minetrixの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

メガコインとなる可能性を秘めた柴ミーム|XRPの価格上昇が垣間見せる未来

メガコインとなる可能性を秘めた柴ミーム|XRPの価格上昇が垣間見せる未来

BTC20とは?ビットコインの歴史を再現する、ステーキング可能なERC20トークン

BTC20とは?ビットコインの歴史を再現する、ステーキング可能なERC20トークン

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す