ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

by BITTIMES

今回の半減期は上昇圧力が違う?

ビットコイン(BTC)では2024年4月頃にマイニング報酬が半分になる「半減期」を迎える予定ですが、米大手資産運用会社である「Grayscale」は『今回の半減期はこれまでの半減期とは根本的に違うものになる』と述べています。

半減期が到来した後には、需要・供給のバランスが変化することなどによってビットコイン価格が上昇すると考えられており、これまでの半減期でも実際にBTC価格が上昇しているため、次の半減期にも期待が高まっています。

Grayscaleもビットコインの半減期に期待感を示していますが、「現物ビットコインETFの取引開始」や「オンチェーン活動の活発化」などの要因から、今回の半減期ではこれまで以上の価格上昇が見込めるとの見解を示しています。

現物ビットコインETFで買い圧が高まる

今回の半減期がこれまでと違う点の1つとしては「現物ビットコインETFの登場によって買い圧力が大幅に高まっている」という点が挙げられています。

ビットコインのマイナーは、マイニングに必要な電気代や設備代を支払う必要があるため、マイニングで獲得したBTCを売却する場合があり、BTC価格が上昇するためにはそのようなマイナーの売り圧力を上回る買い圧力が必要となっています。

現在のマイニング報酬は「1ブロックあたり6.25 BTC」ですが、次の半減期後にはこの報酬が「3.125 BTC」まで減少するため、マイナーの売り圧は減少することになると予想されています(*1)。

(*1)1BTC=43,000ドル換算で、現在の年間マイニング報酬は約140億ドル相当、半減期後はこれが半分の約70億ドル相当になる)

マイナーの売り圧減少はビットコイン価格にプラスの影響を与えると考えられますが、現在は「現物ビットコインETF」の登場でビットコインの買い圧力がさらに高まっているため、総合的に考えるとビットコインの買い圧が売り圧を大幅に上回ることになると予想されています。

Grayscaleは「米国で取引が開始された現物ビットコインETFの純流入額は、最初の15営業日だけで約15億ドルに達した」と報告しており、「これによって半減期後の潜在的な売り圧の約3ヶ月分が吸収された」と説明しています。

オンチェーン活動の活発化も影響

Grayscaleは「Ordinalsなどの登場によってビットコインのオンチェーン活動が活発化してきている」とも述べており、「OrdinalsやBRC20トークンは新たな開発者を惹きつけ、コミュニティを活性化させている」と説明しています。

なお、Ordinalsではこれまでに5,900万以上の資産が登録されているとのことで、これによってマイナーに2億ドル(約298億円)相当の取引手数料がもたらされているとも報告されています。

Grayscaleによると、Ordinalsから発生する取引手数料はすでにマイナー収益全体の約20%を占めているとのことで、「Ordinals活動の新たなトレンドは、取引手数料の増加を通じてBTCネットワークのセキュリティを維持するための新たな道を示している」とも説明されています。

この取引手数料はマイナーの売り圧にプラスされる可能性もあると考えられますが、Grayscaleは「オンチェーン活動と市場構造の大きな勢いに後押しされ、独自の希少性も備えているBTCはその回復力を示している」と述べており、「Grayscaleの研究チームはビットコインの未来は明るく輝いていると信じている」とも語っています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

Grayscaleレポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazon独自のNFTマーケットプレイス「Amazon Digital Marketplace」来月公開か=報道

Amazon独自のNFTマーケットプレイス「Amazon Digital Marketplace」来月公開か=報道

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

日立の生体認証基盤をWeb3ウォレットに活用「シードフレーズ紛失のリスク」を排除:コンコーディアム

日立の生体認証基盤をWeb3ウォレットに活用「シードフレーズ紛失のリスク」を排除:コンコーディアム

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

CoolBitX:CoolWalletアプリに「ホットウォレット機能」追加

CoolBitX:CoolWalletアプリに「ホットウォレット機能」追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す