ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

by BITTIMES

日本を含む14カ国で過去最高値更新

米大手暗号資産取引所コインベースの元最高技術責任者であるバラジ・スリニバサン氏は2024年2月22日に、ビットコイン(BTC)が日本を含む世界14カ国で過去最高値を更新したことを報告しました。

同氏の報告によると、BTCは以下の14カ国で過去最高値を更新しているとのことで、『ビットコインは、10億人以上の人口と7兆ドル以上のGDPを誇る14カ国で救命ボートになりつつある』ともコメントされています。

  • アルゼンチン
  • ブルンジ
  • コンゴ
  • エジプト
  • ガーナ
  • 日本
  • ラオス
  • レバノン
  • マラウイ
  • ナイジェリア
  • パキスタン
  • シエラレオネ
  • スーダン
  • トルコ

ビットコインは14カ国で過去最高値を更新した。

ビットコインは、10億人以上の人口と7兆ドル以上のGDPを誇る14カ国で救命ボートになりつつある。

インフレ対策としてのビットコイン

ビットコイン(BTC)の価格は記事執筆時点で約51,400ドル(約770万円)で、米ドル建て過去最高値は約68,000ドル(約1,023万円)となっています。

2019年12月9日〜2024年2月23日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2019年12月9日〜2024年2月23日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)

「BTC/USD」のチャートで見ると、米ドル建ての過去最高値更新までにはもうしばらくかかるように見えるものの、今回挙げられた14カ国では対米ドルで法定通貨の価値が下落しているため、すでに過去最高値を更新した形となっています。

ビットコインは総発行枚数が「2,100万BTC」に制限されているため、インフレ(物価上昇・通貨の価値下落)から資産を守るための優れた避難先になると考えられており、『BTCを購入して資産を守るべき』という意見が複数の専門家から語られています。

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズを執筆したことで知られるロバート・キヨサキ氏もそう主張する人物の一人で、今月8日には「学生パイロットが緊急時の不時着方法を学ぶのと同じように、人々も世界経済が崩壊した場合に資産を守る方法を学ぶべき」と指摘した上で、「金・銀・ビットコインは軟着陸できるようにするためのパラシュートだ」と説明しています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

拡張機能ウォレットの暗号資産を狙うマルウェア「Mars Stealer」に要注意

拡張機能ウォレットの暗号資産を狙うマルウェア「Mars Stealer」に要注意

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットフライヤー「FLRの外部送付受付」開始|ラップ&デリゲート代行サービスも予定

ビットフライヤー「FLRの外部送付受付」開始|ラップ&デリゲート代行サービスも予定

FLR価格上昇|コインベースが上場予定リストに「Flareトークン」追加

FLR価格上昇|コインベースが上場予定リストに「Flareトークン」追加

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す