ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

by BITTIMES

ビットコイン、売却するつもりはない

ビットコイン(BTC)を購入し続けていることでも知られるMicroStrategy(マイクロストラテジー)の創業者マイケル・セイラー氏は、2024年2月21日に公開されたBloombergとのインタビューの中で「ビットコインを売却する計画はない」ということを明かしました。

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は、巨額のBTCを定期的に購入し続けている米国のビジネスインテリジェンスソフト企業であり、記事執筆時点では約1兆4,800億円に相当する「約190,000 BTC」を保有しています。

同社が保有するビットコインを売却した場合には、ビットコイン市場に大きな売り圧力がかかることになると予想されますが、マイケル・セイラー氏は今後もビットコインを長期的に購入し続ける方針を語っています。

現物ビットコインETFの影響について

今回のインタビューでは「現物ビットコインETFの登場で競争が激化したことによって、MicroStrategyのビットコイン購入は難しくなったのではないか?」という質問も行われています。

しかし、セイラー氏は「マクロストラテジーはビットコインのためにレバレッジを効かせたオペレーティング戦略を採用している」と一蹴しており、ビットコインETFではとても良い循環が生まれていると評価しています。

同氏は「現物ビットコインETFは機関投資家がビットコイン経済圏に参加するための扉を開いた」と述べており、「現物ETFの需要はマイナーからの供給量をはるかに上回っていて、場合には毎日の需要が供給の8倍から10倍に達することもある」と説明しています。

ビットコインは出口戦略で、最強の資産

ビットコインの売却予定に関する質問に対しては『そこで利益を上げることに意味はあるのか?』と返した上で、『私は高値でも永遠に買い続けるつもりだ』と回答されています。

実際にマイクロストラテジーは2021年の価格高騰時にもBTCを購入し続けていて、2022年にBTC価格が暴落した後にも保有BTCを売却することなく購入・保有し続けています。

『ビットコインは出口戦略で、最強の資産だ』と語るセイラー氏は、今回のインタビューの中でビットコインについて次のように語っています。

ビットコインは1兆ドル規模の資産クラスとして登場し、「Apple、Google、Microsoft」などに名前を連ねています。ビットコインと"素晴らしい7人"の違いは、ビットコインが資産クラスであるということです。ビットコインは企業ではありません。

これらの企業の資本構造には、10兆ドルまたは100兆ドル相当の資本を保持するための十分な余地がありません。なので、ビットコインは金と競合しています。金は10倍です。現在それはS&P指数と競合し、不動産と競合しています。保有価値としての資産クラスで100兆ドル以上です。

そのため、我々は資本がこれらの資産クラスからビットコインに流れ続けると考えています。なぜなら、ビットコインはそれらの資産クラスよりも技術的に優れているからです。そして、それが事実である場合、勝者を売って敗者を買う理由はありません。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

Bloomberg報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FLR価格上昇|コインベースが上場予定リストに「Flareトークン」追加

FLR価格上昇|コインベースが上場予定リストに「Flareトークン」追加

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

FRB:即時決済システム「FedNow」の正式稼働を発表|日常的な支払いを迅速かつ便利に

FRB:即時決済システム「FedNow」の正式稼働を発表|日常的な支払いを迅速かつ便利に

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に6000人「意外にも優秀な彼ら」

北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に6000人「意外にも優秀な彼ら」

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す