ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年5月23日、シンガポール発のドラファクトリーは、新たに1,000万ドルの戦略的資金調達を完了したことを発表した。同社は、分散型ガバナンスインフラストラクチャのリーディングカンパニー。

今回の資金調達ラウンドには、Nomad Capital、No Limit Holdings、Sky9 Capital、UOB-Signum Blockchain Fund(シンガポール)、Interop Ventures、Cai Wensheng's Longling Capital などの著名機関投資家たちが名を連ねた。

本ラウンドでは、ドラファクトリーの分散型ガバナンスおよび公共財ファンディング技術スタックの採用と戦略的拡大の加速を目指す。

ドラファクトリーは、インフラストラクチャのリーディングカンパニーであるが、とりわけ「分散型ガバナンス」と「公共財テクノロジー」に特化している。その中核製品には、①ブロックインセンティブドリブンのエコシステム資金調達を可能にする旗艦インフラストラクチャ『Public Good Staking』、②dGovプロトコルをホストするCosmos SDKアプリチェーンの『Dora Vota』、③プライバシー保護と共謀耐性を備えたzk投票インフラストラクチャの『MACI』(匿名) &『MACI』(汎用)、④公共財資金調達を民主化するオンチェーンメカニズムのマルチチェーン『Quadratic Governance』プロトコルスタック、などがある。

先週、Cosmos Hubコミュニティは、ガバナンス提案No.917AEZ Quadratic Grantへの100万ドルの助成金支出を承認した。この決議により、今後24ヶ月間で10ラウンドからなるQuadratic Fundingが、ドラファクトリーの投票アプリチェーンDora Votaを介して実施される。資金のすべては、ATOM経済圏の繁栄を支えるCosmos Hub本体および関連エコシステムの公共財ビルダーとスタートアップに分配される。

今年初め、ドラファクトリーは、Polychainの元ゼネラルパートナー・テキン・サリミ(Tekin Salimi)氏が設立した新しいベンチャーキャピタルdao5と、リー・キム・ユー(Lee Kim Yew)氏とシンガポールの初代首相リー・クアンユー(Lee Kuan Yew)夫妻が設立したシンガポールの法律事務所Lee&Leeの元シニアパートナー・エイミー・リー(Amy Lee)氏が共同設立したWhampoa Digitalが主導する初の戦略的ラウンドを発表した。これに先立ち、ドラファクトリーは、2021年にBinance Labs、HashKey、The LAOなどの投資家から合計1,750万ドルを調達している。

ドラファクトリーのアーキテクトであるエリック・チャン(Eric Zhang)氏は「公共財の新しい資金調達方法とガバナンスのインフラを構築することは、ドラチームが現在の世界的なハッカームーブメントをさらに前進させ、フロンティア技術のイノベーションを推進するための重要なステップだ」と述べた。

また、「エコシステムパートナーとWeb3コミュニティから多くの支援を受け、身の引き締まる思いだ。実際、分散型ガバナンスには興味深い技術スタックが眠っている。私たちはまだまだごく初期のアーリーステージにある。今後も、多くのエキサイティングな開発の難所が待ち受けているだろう。過去3年間のドラファクトリーの取り組みは、それを突破するための強固な基盤を築いた」とも述べている。

2020年の設立以来、ドラファクトリーは分散型ガバナンスのインフラストラクチャとアプリケーションの研究開発に専念してきた。2, 000社以上のスタートアップがドラファクトリーのインフラストラクチャを利用して、オンチェーンで2,000万ドルの助成金を獲得した。

Aptos、Celestia、Injective、Klaytn、Akashを含む30以上のWeb3エコシステムが、コアエコシステムパートナーとしてドラファクトリーと緊密に連携し、ドラファクトリーのプロトコルスタックを採用している。2022年にドラファクトリーチームによって創設された革新的なイニシアチブである『Public Good Staking』を通じて、公共財ビルダーとアーリーステージの開発チームに「長期的」「ブロックネイティブ」「持続可能」な資金調達サポートを提供している。

Nomad Capitalのパートナーであるエリック・チャン氏(前述)は「オンチェーンコミュニティのガバナンス下にある資産は、すでに数千億ドルの規模まで成長している。今はまさしくガバナンス技術の黄金時代だ」と語り、「ドラファクトリーは、4年間の献身的な開発とイテレーションを経て、業界の要となる公共財インフラとなった。今回の投資ラウンドを通じて、開発者にさらにエンパワメントし、Web3分野のイノベーションを促進することで、aMACIを含む新技術の採用を拡大するという、ドラチームのミッションをサポートできることをうれしく思う」とも語った。

「ドラファクトリーがDora Votaと匿名プライバシー投票技術を開発したことは、Web3ガバナンスと公共財の資金調達における彼らのリーダーシップの証左に他ならない。これはブロックチェーンの価値提案技術の根幹であり、すでに何百万票もの投票が行われ、2,000以上のプロジェクトがQFを通じて資金調達を受けた。彼らの影響力は決して無視できないだろう。今回の私たちの投資は、ドラチームの努力を支援し続けるための第一歩だ。」No Limit Holdingsの創業パートナーであるジン・チャオ(Gin Chao)氏はそう語る。

そして、「新しい投資家たちからの支援を得ることで、ドラファクトリーのエコシステムをさらに成長させることができることに興奮している。私たちの計画には、マルチチェーンによる2次ファンディングと『Public Good Staking』のイノベーション、MACI(匿名)のユースケースを拡大するための開発者への奨励、Dora Votaでの新しいガバナンスアプリの構築が含まれている。私たちの目標は、オンチェーンのコミュニティや技術のフロンティアに挑むチームに、優れたユーザーエクスペリエンスを提供する一連の製品を提供すること。」と、ドラファクトリーの中心的なコントリビュータであるスティーブ・ゴック(Steve Ngok)氏はコメントした。

【ドラファクトリーについて】
ドラファクトリーは、世界的なハッカームーブメント、オープンソースコミュニティ、およびWeb3公共財のための分散型ガバナンスと効率的な資金調達を可能にするプロトコルとインフラストラクチャを提供している。

ドラファクトリーの旗艦である『Public Good Staking』は、現在最も急速に成長しているマルチチェーンステーキングインフラストラクチャの1つであり、次世代のブロックチェーンを成長させるためのブロックネイティブなインセンティブを提供する。

Dora Votaは、分散型ガバナンスに特化されたブロックチェーンであり、『MACI』(匿名) &『MACI』(汎用) インターフェイス、および二次ガバナンスラウンドをサポートしている。

ドラファクトリーのプロダクトを使用するには、DoraFactory.orgにアクセスしてください。

詳細は、research.dorahacks.ioを参照してください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2022年12月、注目が集まる6つのメタバース関連仮想通貨

2022年12月、注目が集まる6つのメタバース関連仮想通貨

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)の価格上昇はこれから?エリオット波動理論に基づく価格予想

シバイヌ(SHIB)の価格上昇はこれから?エリオット波動理論に基づく価格予想

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す