Binance取引一時停止から再開|実行犯逮捕の懸賞金に「11億円」

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は7月4日、シスコイン(Syscoin/SYS)の取引で異常な高騰を検出したことを受け、取引サービスを一時的に停止していました。調査によって外部からのAPIの不正利用が判明し、現在はメンテナンスを終えて復旧しています。この問題を受けた同取引所は、本日5日から14日までの期間で全顧客に対して手数量無料などの対応を取ることを発表しました。

シスコイン(SYS)高騰からの取引停止まで

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は4日の午前9時頃、仮想通貨シスコイン(Syscoin/SYS)のブロックチェーン上で異常な取引活動を検知した後、緊急メンテナンスのために仮想通貨取引や出金と共にその他のアカウント機能などのサービスを一時的に停止しました。

2018年7月4日BinanceのSYS/BTCのチャート(引用:Binance)2018年7月4日BinanceのSYS/BTCのチャート(引用:Binance)

詳しい情報は明らかにされていないものの、この取引によってバイナンスにおけるシスコインの取引量は87%も増加しており、これらの取引によってSYSは同取引所内で最も取引高の多い仮想通貨となっています。これによりシスコインの価格は一時的に約64万ドル(7,062万円)に相当する96BTCにまで高騰しています。

調査が行われた結果、悪意を持った多数のユーザーがシスコインのAPIを悪用して不正な取引を行なったことが判明しており、正常に取引が行われていた時点まで戻す"ロールバック"が実施されています。また、今回の攻撃がAPIを不正に利用したものであったことから、既存のAPIキーはすべて削除されています。これとともにバイナンスは、すべてのAPI利用者に対してAPIキーを新しく生成し直すようにも求めており、「通常APIを利用していない顧客は現在は作るべきではない」とも強調しています。

BinanceのCEOである趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は事件の後に、顧客の資産が安全であることをTwitterで報告しています。

「資金は安全です。」

今後の対応

復旧後の対応として今回のシスコインの急激な動きによって被害を受けたユーザーには、今月5日〜14日にかけて取引手数料を無料にすることが発表されています。また、被害を受けていないその他全てのBinanceユーザーに対しても、同様の期間中は取引手数料の70%がBinanceが発行しているトークンである「バイナンスコイン(BNB)」で払い戻されることになっています。

さらにバイナンスは今回の事件を受けて、顧客保護を目的としたファンドである「Secure Asset Fund for Users(SAFU)」を設立すると発表しました。バイナンスは取引手数料で得た収益の10%がこのファンドに入れられ、緊急事態の対応時に備えると説明しています。また、同ファンドには隔離されたコールドウォレットが使用されるとのことです。

犯人逮捕に全力|情報求む

また、Binanceは今回の事件の犯人を逮捕するために、1,000万ドル(約11億円)に相当する仮想通貨を懸賞金として用意しています。実行犯逮捕に繋がる何らかの情報を最初に提供した人には、25万ドル(約2,766万円)に相当するバイナンスコインが提供されるとのことです。また複数の人物から情報が集まった場合には、懸賞金は分配されるとのことです。

情報をお持ちの方はこちらのメールアドレスに連絡されてみてください。
bounty@binance.com

バイナンスは今年の3月7日にもハッキング被害にあっていますが、この時も迅速な対応が取られたことによって、ユーザーの資金は一切失っていないと報告されています。
このハッカーはこの時の犯行によって、自身のアカウント上の資金を凍結され、すべての資金を失うことになりました。また、その資金はBinanceチャリティーに寄付されることになっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

カルダノ(CARDANO/ADA)がオーストリアの仮想通貨取引所「Bitpanda」に上場

カルダノ(CARDANO/ADA)がオーストリアの仮想通貨取引所「Bitpanda」に上場

BINANCE:利用可能通貨リストから「日本円/JPY」を削除

BINANCE:利用可能通貨リストから「日本円/JPY」を削除

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す