XRP Capital設立者のビットコイン価格予想|年末までに〇〇万円

by BITTIMES   

Arrington XRP Capitalの設立者であり、TechCrunch(テッククランチ)の創業者でもあるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は、ビットコイン(BTC)の価格が2018年の年末までに25,000ドル(約275万円)に達すると予想しています。

こちらから読む:ビットコインとは何か?「初心者にもわかりやすく簡単に説明」

マイケル・アーリントン(Michael Arrington)氏とは

arrington

マイケル・アーリントン(Michael Arrington)氏は、テクノロジーやスタートアップ関連の幅広いニュースを取り扱うアメリカのメディア「TechCrunch(テッククランチ)」の創業者であり、ブロックチェーンベースの資本市場におけるデジタル資産管理会社である「Arrington XRP Capital」の設立者でもあります。

仮想通貨の世界では、リップル(XRP)建てのヘッジファンドを設立したことで有名ですが、その他にも「Wired」や「Forbes」などのメディアで"インターネット上で最も強力な人物の1人"として紹介されている、世界的に影響力のある人物の一人でもあります。

リップルよりもビットコイン

bitcoin

韓国で開催されたブロックチェーンウィークで「CNBC Crypto trader」のインタビューに答えたアーリントン氏は、ビットコインに対して強気な予想を語り、BTCの価格は今後数カ月以内に1BTCあたり2万5千ドル(約275万円)になるという予想を語っています。

この他にもアーリントン氏は、リップル(XRP)に焦点を当てたヘッジファンドを運営しているにも関わらず、ファンドがXRPよりもBTCを多く保有しているということも明かしています。

アーリントン氏は、"なぜ「XRP Capital」を始めたのか?"という質問に対して、国際間送金を行う上でXRPを活用する方法が如何に簡単であるかを説明し、次のように述べています。

RippleやXRPの通貨は、実際にお金を送金するため非常に良い手段となります。
私たちがファンドにXRPという名前をつけた理由は、それが国境を越えて迅速かつコストゼロでお金を移動する素晴らしい方法だからです。

同氏は「Arrington XRP Capital」を設立した後も、その他多くの仮想通貨やICOにも目を向けてきたことも語っており、それらの仮想通貨を探求してきた上で「ビットコインを特に多く保有している」と述べています。アーリントン氏は、ファンドのXRP保有量は全体のわずか3〜4%であると語っています。

どちらの通貨に対しても楽観的な意見を述べているアーリントン氏は、「仮想通貨の世界には部族主義者が多く存在しており、ビットコイン至上主義者も同様に多く存在している」と説明し、「Arrington XRP Capital」はビットコインやリップルだけでなく、イーサリアム(ETH)やテザー(USDT)などの仮想通貨を保有していることもあると説明しています。

それらの通貨は「それぞれが異なるユーティリティを備えている」と語るアーリントン氏は、自分自信のことを楽観主義であると説明した上で、ビットコインは25,000ドルに達するという予想を述べ、現在の市場は低迷していると語っています。

ビットコイン(BTC)の価格|2018年7月25日

2018年7月25日のビットコイン価格は、約91万円となっています。
先月末に約65万円まで下落したBTCは、最近の価格上昇で大きく回復しており、その他の仮想通貨と比べても比較的早いペースで回復している傾向が見られています。

2018年7月25日 ビットコインのチャート(引用;coingecko.com)

この数週間では、数多くの有名な投資家や億万長者たちがビットコインの価格に強気な予想を語っています。年末までに彼らが予想する高値に到達する可能性は徐々に高まってきています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

トロン(TRX)時価総額ランキング「11位」まで回復|Tron版McAfeeDEX公開の可能性も

トロン(TRX)時価総額ランキング「11位」まで回復|Tron版McAfeeDEX公開の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す