ビットコイン価格は”さらに下がって”1,100万円になる可能性が高い

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)の価格予想を行なう金融関係者は依然として強気な姿勢を見せています。「ADVFN」のCEOであるClem Chambers(クレム・チェンバース)氏は、Bitcoinの価格は一度今よりも"さらに価格が下がる"と警告しながらも「最終的には1,100万円に達する可能性は非常に高い」という予想を語っています。

イギリストップのシェアを誇る「ADVFN」

ADVFN-logo

ADVFN(Advanced Financial Network/アドバンスド・ファイナンシャルネットワーク)は、株式や為替、商品先物取引、投資信託を初めとする投資情報を提供している英国で最も高いシェアを誇る金融情報ウェブサイトです。

イギリスだけでなく、日本、アメリカ、ブラジル、フランス、ドイツなどの複数国の言語でもサービスを提供している同社は、チャート分析ツールやファンダメンタルズ情報、ニュースなどの他にも金融情報掲示板などのサービスも展開しており、投資情報コミュニティサイトの機能も備えています。

そんな世界でも有名なADVFNのCEOはビットコインの価格に対して非常に強気な価格予想を立てています。

ブロックチェーンとビットコインは"未来への道"

clem-chambers

ADVFNの最高経営責任者(CEO)であるClem Chambers(クレム・チェンバース)氏は、ビットコインの価格が過去最大の約20,000ドル(約220万円)を超えるだけでなく、その後はさらにその5倍もの高値を更新し、10万ドル(1,100万円)に達する可能性が非常に高いと予測しています。

最近開かれたブロックチェーン・サミットで、Express.co.ukからのインタビューを受けた彼は「ブロックチェーンとビットコインが未来への道である」と語っています。

ブロックチェーンは、以前のインターネットが出現した世代と同じように未来への道となるでしょう。ビットコインはおそらく、長期的にはその未来の一部となると考えています。

しかしチェンバース氏は、その高値を記録するまでには一度今よりもさらに価格が下がるとも予想しており、「ビットコインは以前の高値に戻ってくるか?」との質問を受けた彼は、「おそらくそれは20,000ドル(約220万円)に達する前に、2,000ドル(約22万円)に達するだろう」とも語り、その上で最終的には10万ドル(約1,100万円)に達する可能性が非常に高いという考えを語っています。

ーー bitcoinの価格は、以前のような高値に戻ると思いますか?
20,000ドルに達する前に、2,000ドルに達するでしょう。
ーー bitcoinの価格は本当に20,000ドルまで達しますか?
はい、そう思います。
私は100,000ドルまで達する可能性が高いと思います。

ビットコインの価格|2018年7月6日

ビットコインの価格は、現在70万円前後の価格を維持しようと奮闘しています。この状態を見るとビットコインの価格が、1,100万円まで上昇するとはなかなか考え辛いですが、仮想通貨に関わりのある多くの人々は、市場はまだ初期段階にあると信じています。

2018年7月6日ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年7月6日ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

チェンバース氏は、仮想通貨の将来についての予測を行う際に、ほとんどの人が見落としている側面があるとも指摘しており、「世界にはお金が不足しています。仮想通貨はそれを補う能力を満たしており、それは経済的な上昇をもたらすだろう」との考えも語っています。

仮想通貨市場に強気な有力者たち

仮想通貨市場に対しては、これまでにも数々の実績を持つ有力者たちが強気な予想を語ってきました。

Arthur Hayes(BitMEX/CEO)

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の共同創設者であるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、「ビットコイン(BTC)の価格は年末までに約5万ドル(約550万円)に達する」と予測しています。

Dan Morehead(Pantera Capital Management/CEO)

仮想通貨市場で10億ドル(約1,095億円)を保有している堅固な投資ヘッジファン『Pantera Capital Management』でCEOを務めているDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は、「仮想通貨全体の時価総額は、10年以内に40兆ドル(約4,400兆円)に達する可能性がある」とも語っています。

Charles Hoskinson(CARDANO創設者)

CARDANO(カルダノ)の創設者でありEthereum(イーサリアム)の共同創設者でもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏も、「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドル(数千兆円)を投入する」と主張し"仮想通貨の未来はとても明るい"とも語っています。この金額は、米ドルの時価総額を上回ることを意味しています。

この大胆な予測を語ったホスキンソン氏は、今年の5月にはGoogle(グーグル)からの招待を受けています。

ビットコインの価格予想に関しては、信じられないほど多くの有力な投機家たちが強気な姿勢を維持しています。2018年も残り半分を切りましたが、今のところは実際に価格の大きな上昇は見られていません。これから上昇が始まるのか、もしくはそのような強気な投資家たちに変化が見られるのかは定かではありませんが、いずれにせよこれらの価格予想には今現在でも多くの投資家たちが注目しています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、 各種手数料が無料の GMOコイン や、 仮想通貨を手軽にかしこく積立てることもできる Zaif(ザイフ)などがおすすめです。

GMO FX 取引の画像 各種手数料が無料のGMOコインはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨積立もできるZaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Metahero×FAME MMA「没入型Play to Earn格闘ゲーム」のサンプル映像公開

Metahero×FAME MMA「没入型Play to Earn格闘ゲーム」のサンプル映像公開

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

日本初の「暗号資産担保型不動産ローン」個人向けに提供開始:Fintertech

日本初の「暗号資産担保型不動産ローン」個人向けに提供開始:Fintertech

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

Coincheck NFT:The Sandbox内「Oasis TOKYO」の近隣土地(LAND)販売へ

Coincheck NFT:The Sandbox内「Oasis TOKYO」の近隣土地(LAND)販売へ

Microstrategy CEO「ビットコインを密かに売却している」という噂に反論

Microstrategy CEO「ビットコインを密かに売却している」という噂に反論

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す