仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

by BITTIMES   

ビットコインATMの数は、仮想通貨の価格の低下に関係なく現在も順調に増加し続けています。2018年7月の1ヶ月間では、132台が閉鎖されたものの、187台が新たに設置されたことによって、結果的には約1.6%の純増となっており、2018年末までには5,000台を超えると言われています。

こちらから読む:ビットコインATMとは?簡単な説明とこれまでのニュース

CoinATM Radarのデータによると、ビットコインATMの設置台数は2017年に1,000台から2,000台に増加しています。これは1年間の増加率が100%であることを表しており、2018年8月9日現在では、約75%ほど増えた3,519台が設置されています。

国別にみると世界の73カ国に設置されており、最も設置数が多いのは依然として米国となっており、2169台が設置されています。日本には11台が設置されており設置台数のランキングとしては19位に位置付けられています。設置台数が多いトップ10の国々は次の通りです。

アメリカ2169箇所
カナダ614箇所
イギリス172箇所
オーストリア153箇所
ロシア73箇所
スペイン62箇所
チェコ59箇所
オーストラリア52箇所
スロバキア32箇所
イタリア31箇所

(※2018年8月9日時点)

世界規模で見たビットコインATMの設置台数(引用:coinatmradar.com)世界規模で見たビットコインATMの設置台数(引用:coinatmradar.com)

日本のビットコインATM設置台数(引用:coinatmradar.com)日本のビットコインATM設置台数(引用:coinatmradar.com)

対応している仮想通貨は、当然のことながらビットコイン(BTC)が最も多く、次に多いのはライトコイン(LTC)であり、その次にイーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)が続いています。

また、このデータでは購入と売却で手数料に違いがあることも記されています。
ビットコインATMでは、8.71%の平均手数料が必要であり、購入手数料の平均は9.75%、売却手数料の平均は6.38%となっています。

最後に、設置台数の多いビットコインATMメーカーは、Genesis Coinが最も多い1,166台となっており、その次にはGeneral Bytes、Lamassuなどが続いています。上位10位の製造メーカーは次の通りです。

Genesis Coin1166台
General Bytes925台
Lamassu391台
BitAccess210台
Coinsource195台
Covault119台
BitXatm70台
Coinme66台
Orderbob ATM46台
RusBit43台

(※2018年8月9日時点)

世界で初めての仮想通貨ATMは、2013年にバンクーバーのコーヒーショップに設置されています。その後は順調に導入が進んでおり、現在では一日あたり約7台のビットコインATMが新設されています。CoinATM Radarによると、設置台数は2018年末までに5,000台を突破すると言われており、今後も急速に導入が進むことが予想されます。

ビットコインATMの設置台数の変化(引用:coinatmradar.com)ビットコインATMの設置台数の変化(引用:coinatmradar.com)

最近では空港などにもビットコインATMが設置されているため、旅行先で使い残した法定通貨を仮想通貨に交換することもできるようになってきています。仮想通貨ATMの普及は、現在は使用しづらい状況にある仮想通貨の実用性を向上させ、市場の安定や一般社会への普及に大きく貢献することが期待されます。

一般的にも使用しやすくなってきているビットコイン(BTC)などは仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)でも購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

仮想通貨取引所「FXcoin」ビットコインの取扱い15日から開始へ

仮想通貨取引所「FXcoin」ビットコインの取扱い15日から開始へ

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月7日〜13日

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す