ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

by BITTIMES

世界中のビットコインATMの設置台数は5月に3,000台を突破しており、1日に約6台が新規導入されています。

順調に増加を続けるビットコインATM

仮想通貨の価格は停滞が続いていますが、ビットコインATM業界はこれまでどおり順調に成長しているようです。

CoinATMradarの最新データによると、2017年の初め頃には1,000台ほどだったビットコインATMの設置台数は、今年の5月中旬には3,000台を超えており、現在は世界全体で3,128台が設置されています。

1日の平均設置数も順調に増えているようで、現時点では一日に6.58台のペースで設置されています。

順調に増加するビットコインATMの設置台数順調に増加するビットコインATMの設置台数(coinatmradar.comから)

仮想通貨の価格は影響を与えない

今年の初めに起きた仮想通貨価格の暴落は、設置率に大きな影響を与えていないようです。市場は過去3年間で価格の上昇とともに加速しています。

最新のデータからは、次の2つのことを仮定することができます。

  1. 自動販売機によるBitcoinの購入(および販売)需要が増加している
  2. ビジネスモデルは価格変動にもかかわらず事業者にとって大きな利益をもたらす。

売買の機能を備えたATM

また、購入や売却などもできるタイプのビットコインATMもあり、普及率も35.81%にまで増加しています。

ハードウェアが改善されたことでシェア率が増加している1,120台の売買可能なビットコインATMでは、取引の8.77%の両替が行われています。

売買ができる機種と購入だけができる機種の割合売買ができる機種と購入だけができる機種の割合

アルトコインに対応したATMも

この他にもアルトコインの販売機能を備えた機種も増えてきています。しかし対応機種はまだ全体の半分となっています。

ビットコイン(BTC)は全体の99.99%でサポートされていますが、
アルトコインをサポートしているATMは全体の50%である1584台しかありません。

各仮想通貨を個別に見た時のサポート率は次のような順番となっています。

通貨名台数
ビットコイン(BTC)3128台(99.9%)
アルトコイン(altcoin)1584台(50.6%)
ライトコイン(LTC)1494台(47.8%)
イーサリアム(ETH)878台(28.1%)
ビットコインキャッシュ(BCH)290台(9.3%)
ダッシュ(DASH)43台(1.4%)
ジーキャッシュ(ZEC)38台(1.2%)
モネロ(XMR)24台(0.8%)

メーカー別シェア率

ビットコインATMメーカー31社のうち上位3社には、Genesis Coin(34.37%)、General Bytes(27.49%)、およびLamassu(11.23%)が含まれており、市場全体の70%を占めています。

  1. Genesis Coin(34.37%)
  2. General Bytes(27.53%)
  3. Lamassu(11.23%)
  4. BitAccess(6.59%)
  5. Coinsource(5.75%)
  6. Covault(3.58%)
  7. BitXatm(1.69%)
  8. Other(9.29%)

ビットコインATMのメーカー別シェア率ビットコインATMのメーカー別シェア率

大陸別シェア率

各大陸別に見ると北アメリカが74.90%となっており、全体の4分の3を占めています。
次に多いのはヨーロッパで21.04%となっています。

この二つの大陸が大半を占めており、アジアは3番目に多いもののわずか1.92%となっています。

設置台数が多い順に並べると次のような順番となります。

  1. 北アメリカ(74.90%)
  2. ヨーロッパ(21.04%)
  3. アジア(1.92%)
  4. オセアニア(1.53%)
  5. 南アメリカ(0.45%)
  6. アフリカ(0.16%)

ビットコインATMの大陸別シェア率ビットコインATMの大陸別シェア率

国別のシェア率

中でも圧倒的に設置台数が多いのが米国であり、1,800台以上がアメリカに設置されています。

2番目に多いのがカナダですが、米国とは大きな差が開いており477台となっています。

3番目はオーストリアで175台となっています。

その後にはイギリス、ロシア、チェコ、オーストラリアなどが続き、日本には今のところ10台しか設置されていません。

国別にみたビットコインATMのシェア率国別にみたビットコインATMのシェア率

日本でのビットコインATMとしては、カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)が将来的に日本でもATMが設置されると言われています。

2018年に入ってからは、日本でも急速にビットコイン決済に対応した店舗も増えてきているので、今後はビットコインATMも色々な場所に設置されてくるのかもしれません。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はbitFlyer(ビットフライヤー)で、日本では購入できないカルダノ・エイダコイン(ADA)などのアルトコインはHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

(引用:coinatmradar.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

仮想通貨に対するプーチン大統領の考え方とは?

仮想通貨に対するプーチン大統領の考え方とは?

【注意】イオス(EOS)メインネットへ移行|6月2日までには取引所への移動を

【注意】イオス(EOS)メインネットへ移行|6月2日までには取引所への移動を

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す