ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

by BITTIMES   

2008年に設立されたオンライン小売業サイト「Ulmart(ウルマート)」は、ビットコインでの決済を 2017年9月1日からスタートさせる方針を発表した。プレリリースでは高価な商品からビットコイン決済を可能にしていくようだがUlmartは、現在ロシア政府と法的な競技を進めていると話している。Ulmart はオンラインで月間 2,000万人の利用者、1日「30,000件」の注文、1200万の商品とサービスの販売が行われ、またロシア全土240の都市部、町に実店舗が存在するロシア最大のオンライン小売業者である。同社は今回の一件に関して下記のように発表した。

現在、ウェブサイトにすでに掲載されている商品に加え、在庫が増え続けているジャンルの市場も用意がある。年末までに中間業者の売り手からさらに100万件の商品が供給される可能性がある。

ロシアはビットコインに反対ではなかったのか?

ロシア政府は過去にビットコインの全面的な禁止を発表しており、ビットコインについては反対・非合法の立ち位置をとっていた。一番の問題は、ロシア憲法に「Ruble(ルーブル)が唯一の通貨であり、通貨の発行者はロシア銀行のみである」と書かれていることである。

ロシア国内ではビットコインの存在自体が“違憲”になってしまう可能性が高く、2014年2月にはマネーロンダリング・テロ資金供給に使用できる危険性について警告を出していた。賛成派と反対派が現在までビットコインのその合法性について長期間協議し、現在、ロシア外務省ではビットコインを外国通貨として取り扱うことが決定しており、2018年には正式に取り扱いが可能になる方針を出している。今回の件に関して、Ulmart最高責任者 Dmitry Kostygin(ブライアン・キーン)氏は、

ロシア政府がビットコインの見直しに関して新しい発表を歓迎すると同時に、政府と協力して大きな役割を果たす。ビットコインはスマートな経済と都市を開発する一環であり、このプロセスにおいてビットコインが主要な役割を果たす。

とロシア政府に感謝の意と今後の展望を簡単にだが述べている。Ulmartでは中間の小売業者も商品の出品もできるため、9月1日以降ロシア国内の経済の活発化とビットコインの普及率が伸びていく可能性が非常に高い。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

【速報】ビットコイン「100万円」突破|重要ライン突入で「価格急上昇」の可能性も

【速報】ビットコイン「100万円」突破|重要ライン突入で「価格急上昇」の可能性も

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

注目度の高い仮想通貨ニュース

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

国内暗号資産取引所を通じた資金調達の「支援事業」開始:株式会社VCG

国内暗号資産取引所を通じた資金調達の「支援事業」開始:株式会社VCG

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す