ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

by BITTIMES

ジャマイカの証券取引所(JSE)は、仮想通貨取引サービスを2018年内にも提供することを予定しています。JSEはこの取引プラットフォームを提供するために、ブロックチェーンスタートアップである「Blockstation(ブロックステーション)」と協力して、慎重に開発を進めています。

こちらから読む:世界中で進む仮想通貨の採用|最近の国際ニュースはこちら

JSEは8月14日、デジタル資産の取引プラットフォームを構築するためにブロックチェーンスタートアップ企業であるBlockstation(ブロックステーション)との覚書(MoU)に署名したことを発表しました。

実際にどのようなトークンが最初にリストされるのかは明らかになっていませんが、このプラットフォームは2018年末までには開始される予定となっています。

JSEのマネージングディレクターであるMarlene Street Forrest(マレーネ・ストリート・フォレスト)氏は、インタビューの中で「投資商品としての仮想通貨を提供することは、証券取引所がすでに提供している株式や債券およびその他の投資商品に適合している」と述べており、次のように説明しています。

最終的にはトークンが交換できるようになり、スマートコントラクトによって安全な方法でそれらの市場を提供することになります。

またフォレスト氏は、JSEのインフラは「Blockstation」の技術提供によって、新たな取引所とネットワーク上で結ばれることになり、資格を持った投資家が仮想通貨の取引を行えるようになると説明しています。

ストリート・フォレスト氏は、取引リストに仮想通貨を追加するだけでなく、ブロックチェーン技術がプラットフォームとそのクライアントにどのように利益をもたらすかについても引き続き検討し、将来的には独自の仮想通貨を発行する計画があることを示しており、次のように説明しています。

「環境は変化し、生態系全体も変化していくため、現時点では議論されてはいませんが、それに合わせて実現していく可能性はあります。」

Blockstationの共同創設者兼チーフエンタープライズアーキテクトであるJai Waterman(ジャイ・ウォーターマン)氏は、JSEと協力して交換用プラットフォームのカスタムバージョンを約6ヶ月をかけて開発していると説明しています。同氏は、市場操作などのような規制上必要となる追跡機能などのツールを追加することをJSEから求められたと説明しています。

私たちの使命は、ブローカーやディーラー、証券取引所に安全な仮想通貨の取引環境を提供することです。
私たちは、エンド・ツー・エンドで証券を取引するのと同じようなサービスをブロックチェーンと仮想通貨でできるようにするために、証券取引所にネットワークやレポジトリ向けの技術を提供しています。

しかしJSEは急いでいるわけではなく「投資家がより安全に取引を行えるようにするために時間をかけてサービスの開発に取り組んでいる」とフォレスト氏は説明しています。ジャマイカでは、2018年内には安全で信頼できる仮想通貨の取引サービスが提供されることになるでしょう。

ジャマイカ以外の国でも証券取引所が仮想通貨の取引サービスを開始することを発表しています。現段階では、それらの多くの取引所が慎重に準備を整えている段階であるため、2019年になる頃には証券取引所での仮想通貨取引が本格的に開始されることになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

注目度の高い仮想通貨ニュース

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す