Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

by BITTIMES

リップル(Ripple/XRP)は、自社で開発・提供している国際送金サービス「RippleNet」を更に拡大させるために、中国の銀行や金融機関をターゲットにしてブロックチェーン技術の普及に取り組んでいます。

こちらから読む:リップル社の国際送金サービス「RippleNet」とは?まず基本から学ぶ

Ripple社の欧州連合(EU)戦略担当副社長であるJeremy Light(ジェレミー・ライト)氏は、CNBCとのインタビューの中で、同社の分散型台帳技術の利用者を拡大するために、約13億人の人口を抱える中国市場に焦点を当てていることを語りました。

中国政府はブロックチェーン技術は支持しているものの、仮想通貨に対しては以前からかなり厳しい対応を取っています。

2018年8月現在では、中国国内での仮想通貨取引は禁止されており、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などの仮想通貨を通じた資金調達も禁止となっています。

このような現状があるため、リップル側も中国政府が仮想通貨であるXRPを採用することはまずあり得ないだろうと考えています。そのため同社は中国国内の銀行や金融機関を通じてRippleの技術を普及させる必要があります。

Ripple社は今年の2月に、中国・香港に拠点を置く大手送金業者である「LianLian International」と提携を結んでいますが、Rippleの技術がまだLianLianで利用されているかどうかについては不明だと言われています。

Rippleは現在、Santander、UniCredit、UBS、Standard Charteredなどの、100を超える金融機関と協力していますが、中国の顧客はLianLianだけとなっているため、実際に中国市場で普及するまでには長い道のりがあります。

また中国には、Ant Financialの「Alipay」やTencentの「WeChat Pay」などの決済アプリがすでに普及しており、消費者からの大きな人気を集めている事実もあるため、Rippleが中国市場で普及するのは厳しいのではないかと指摘する声も見られています。

リップル(XRP)の価格|2018年8月16日

ここ最近の下落の影響で一時的に1XRPの価格が30円を下回ったこともあり、ネット上ではRippleの今後を不安視する声も見られはじめているため、今後のRipple社の活動はそれらの投資家たちの信頼を取り戻すためにも重要になってくると考えられます。

2018年8月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月16日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の価格は、14日付近で一時的には30円を下回ったものの、その後は33円までは回復しており、現在は30〜33円の間で取引されています。

リップル(XRP)の取引は取引量で世界一を記録したこともある仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

注目度の高い仮想通貨ニュース

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す