中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

by BITTIMES   

Rippleの国際送金システム「RippleNet」に、中国の大手送金業者であり1億5000万人の登録顧客を持つ「LianLian International」が参加することが決定しました。

「LianLian International」

「LianLian International」は、中国、アメリカ、ヨーロッパ間の国際送金にRipple社が提供する「xCurrent」を活用していくことを発表しています。
LianLianはAmazon、Ali Express、eBayなどのオンライン卸売サイトなどの大手販売業者と消費者を結び、数十億ドル以上の送金を処理しているため、「xCurrent」を活用することで、さらに速く低コストで効率的な国際送金を提供していく予定である事が伺えます。
今回の RippleNetへの参加について、LianLianの CEOである Aurthur Zhu氏は以下のように述べています。

「LianLian Internationalは、中国国内及び国外における送金の事業経験を持つ業界のリーダーであり、数多くの販売業者とパートナーを抱えています。」

「RippleNetによって、その経験をさらに深め、我々がカバーする19通貨の市場においてブロックチェーンを活用した即時送金を顧客に提供することでマーケットシェアを拡大していきたいと考えています。今後 Ripple社と協力して新たな市場において RippleNet の参加金融機関と中国の間の送金フローに対応していくことを楽しみにしています。」

今後に期待の高まるアジア諸国

LianLianが RippleNetへ参加した事で、既にRippleNetに参加している日本、韓国、タイ、インドの金融機関などは、中国市場へ進出するための大きなきっかけを手にする事になります。各国とのあらゆる分野での繋がりが、さらに勢いを増していくのと同時にリップルの流動性も今後ますます高まると思われます。

Ripple社のJVパートナーシップ担当ディレクターである吉川絵美さんは以下のように述べています。

「中国のEコマース市場に関する国際送金は2017年には$1.07Tnに達しました。これらの送金をより高速により低コストにする、非常に大きな機会が存在しています。」

「RippleNetによって、LianLianは販売業者と消費者に対して、以前は不可能であったレベルで、中国におけるより高速でよりコスト効率の高い送金を実現します。私たちは RippleNetのメンバーを LianLianと繋ぐことができることを楽しみにしています。」

「価値のインターネット」への道しるべ

Ripple社は「価値のインターネット」というビジョンを掲げています。
これは、現在の社会で「情報の交換や移動」などが瞬時に行われている点に比べ、「価値の交換や移動」に関しては明らかに遅れているため、送金時間や手数料などの他にも、音楽や知識財産、科学的な発明など、あらゆる面での革新的な変化をもたらす事が出来るという目標です。

今回の LianLianの RippleNetへの参加は、そんな「価値のインターネット」社会に向けての、大きな一歩である事は間違いありません。夢のような未来への道を、Rippleは着実に切り拓いてくれています。ありがとうRipple。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す