RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

by BITTIMES   

Ripple(リップル)の提供するRippleNet(リップルネット)やxVia/xCurrent/xRapidなどのソリューションの特徴や違いなどをわかりやすく解説します。

こちらから読む:国際送金に変革を起こす時価総額第3位「Ripple(リップル)」関連記事

RippleNet(リップルネット)とは?

RippleNet

RippleNet(リップルネット)とは、銀行/送金業社/取引所/事業会社を継ぎ目なく繋ぐ、世界で唯一の法人向け国際送金ネットワークです。

RippleNetは、従来の国際送金に伴う「数日はかかる送金時間」や「高い手数料」などの問題を飛躍的に改善することができます。

このネットワークに参加するメンバーは、共通のルールを使用することにより、迅速かつ低コストで革新的な国際送金を実現することができます。

現在は200近くの企業や団体が参加しており、日本ではSBIホールディングスを主導とした「内外為替一元化コンソーシアム」が進行しています。

Ripple社は、RippleNetを支える共通のルールを、
・xVia
・xCurrent
・xRapid
と呼ばれる3つのソリューションとして提供することで、この革新的な国際送金を完結させています。

xVia(エックス・ヴィア)とは?

xVia

xVia(エックス・ヴィア)は、一般企業がRippleNetを経由して送金を行うためのソリューションです。
「Via」は「~を経由して」を意味します。

xViaの特徴

xViaは、請求書のような豊富な送金情報を添付することができるほか、リアルタイムで送金状況を確認することもできます。従来使用されていたデータの移動方法では、長い時間を必要とするだけでなく、多くのコストや手間をかける必要がありました。
xViaはこのような問題を解決し、より速く低コストな送金を可能にします。

またソフトウェアをインストールする必要が無いため、利用者は手軽にRippleNetに参加することができ、標準化されたAPIによって様々なサービスやネットワークから接続することができます。

xViaを採用している例

xViaは、主にこれまで銀行や送金業者を通じて国際送金を行っていた一般企業/送金業社/銀行向けに提供されています。

実際にxViaを採用している例としては、次のような団体が挙げられます。

  • IFX(英国のFXコンサルタント会社)
  • Currencies Direct(英国を本拠とする国際送金サービス・プロバイダ)
  • TransferGo(英国を拠点とする出稼ぎ労働者向けの決済サービス・プロバイダ)
  • Beetech(ブラジルの国際送金・プロバイダ)
  • Zip Remit(カナダの国際送金・プロバイダ)

xCurrent(エックス・カレント)とは?

xCurrent

xCurrent(エックス・カレント)は、金融機関とRippleNetを接続するためのソリューションです。
シームレスによどみなく流れる水の流れに例えて名付けられたとされています。

xCurrentの特徴

即時国際送金を可能にし、あらゆる送金プロセスの可視化を実現した銀行や金融機関向けの製品です。

銀行間でのリアルタイムメッセージングが可能となり、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認もできるようになります。

xCurrentを採用している例

xCurrentは、主に銀行や金融機関向けに提供されています。

実際に採用している例は多く、スペイン最大手の銀行グループである「Santander銀行」は、xCurrentを利用した一般消費者向モバイル決済アプリをリリースする予定であることを発表しています。

またxCurrentは、一般企業にも採用されており、中国の決済サービスプロバイダである「LianLian International」がxCurrentを採用する事を発表しています。
LianLianは、Amazon/Ali Express/eBayなどのオンライン卸売サイトなどの大手販売業者と消費者を結び、数十億ドル以上の送金を処理しています。

SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaが加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、2017年12月にxCurrentを実装した商用版「RCクラウド2.0」を完成させ、金融基盤に接続する個人間送金アプリである「Money Tap」を発表しています。

「内外為替一元化コンソーシアム」は、銀行の垣根を越えて、決済や送金をより効率的に行うことを目指しているプロジェクトであり、2017年10月の時点で日本国内の銀行やメガバンクなどの61行の銀行が参加しており、外国為替に加えて内国為替も一元的に行う決済プラットフォーム「RCクラウド」をリップルソリューションを活用して構築し、実用化に向けて動いています。

xRapid(エックス・ラピッド)とは?

xRapid

xRapid(エックス・ラピッド)は、仮想通貨リップル(XRP)を活用することで新興市場(途上国)における送金の流動性コストを低減し、迅速な送金を行うためのソリューションです。
「Rapid」は「迅速な」を意味します。

xRapidの特徴

銀行口座を持つことができず国際取引を希望している人々のために、国際送金における流動性コストを低減しリアルタイムな送金を可能にすることを目的とした送金業者向けの製品です。

xRapidを利用すると送金は次の3つのステップで行われます。

1.金融機関が法定通貨をXRPに変換する
2.XRPが送付される
3.XRPが受取側現地の法定通貨に変換される

実際には、送金を行う人々が自分の通貨がXRPに変換されていることを知る必要はありませんが、両替を伴うすべての送金の裏では、リップル(XRP)がブリッジ通貨として使用されることになります。RippleNetのソリューションの中でも、実際にリップル(XRP)を使用するのがxRapidとなります。

xRapidを採用している例

xRapidは、主に送金業者やその他の金融機関向けに提供されています。
実際にxRapidを採用している例としては、次のような団体が挙げられます。

  • Cuallix(メキシコの金融機関)
  • IDT Corporation(個人間決済サービス)
  • MercuryFX(外貨両替事業)
  • MoneyGram(米国の大手国際送金サービス企業)
  • Western Union(米国の金融および通信企業)

リップルソリューションの概要まとめ

リップルソリューションの主な概要を簡単にまとめると、次のようになります。

xViaの概要

目的、用途
・RippleNetに接続して送金を行うためのソリューション
・請求書などの送金情報を添付することが可能

利用者
・一般企業/送金業者/銀行

特徴
・迅速かつ低コストな送金ができる
・請求書などの豊富な送金情報を送信できる
・リアルタイムに送金状況を確認することができる
・ソフトウェアをインストールする必要が無い

xCurrentの概要

目的、用途
・金融機関とRippleNetを接続するためのソリューション
・リアルタイム送金や進歩状況の可視性などを提供する

利用者
・銀行/金融機関

特徴
・即時国際送金を可能にする
・あらゆる早期プロセスを可視化できる
・銀行間でのリアルタイムメッセージング送金が可能
・決済内容の確認や決済後の着金確認ができる

xRapidの概要

目的、用途
・XRPを活用し新興市場で迅速かつ低コストな送金を行うためのソリューション
・流動性コストを低減しリアルタイムな送金を可能にする

利用者
・送金業者/金融機関

特徴
・流動性コストを低減できる
・リアルタイムな送金を可能にする

Rippleの公式サイトはこちら
>>Ripple.com

リップル(XRP)の購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す