ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引がイギリスの仮想通貨取引所「Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)」に新たに追加されました。ここ最近で期待の高まるニュースが相次いでいるBitcoinCashにはさらに注目が集まっています。

こちらから読む:最近特に話題の仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)とは

Crypto-Facilities

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)は、イギリスの規制当局からライセンスを受けて仮想通貨の現物取引や先物取引のサービスを提供している仮想通貨取引所です。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
などの米ドル(USD)建て先物取引も以前から提供しており、2017年からの1年間で取引量が84%も増加したとも報告されています。

8月17日には、米ドル建てのビットコインキャッシュ(BCH)先物取引を新たに追加したことが発表され、Crypto Facilitiesの先物商品は全部で5種類となりました。

「Crypto Facilities」の最高経営責任者(CEO)であるTimo Schlaefer(ティモ・シュライファー)氏は 「Bitcoin Cashの先物取引を公開して、仮想通貨の金融派生商品を拡充できたことを大変嬉しく思う」と述べており、「BCHは時価総額が100億ドル(1兆1,000億円)にも昇るトップ5のコインであり、デジタル資産クラスの流動性と透明性を高め、仮想通貨市場の進化を促すものであると期待している」と説明しています。

また今回の発表に対してはBitcoin.comのRoger Ver(ロジャー・バー)氏もコメントしており、「ビットコインキャッシュが世界で最も革新的かつ有効な仮想通貨の一つであることを証明している1つの例」だと述べています。

ビットコインキャッシュの好材料が続々と

ビットコインキャッシュ(BCH)は、最近BCHのブロックチェーン上でトークンを発行することができるようになる『Wormholeプロジェクト』も発表しています。この新しいプロジェクトが発足したことによって、イーサリアムのように、Bitcoin Cashのブロックチェーン上で新たなトークンを発行することができるようになります。

これらの発表によって、すでに決済通貨としても非常に高い人気を誇っていたビットコインキャッシュは、さらに大きな注目と期待を集めています。Wormholeプロジェクトの誕生によって幅広い分野での活用が期待される一方で、先物取引の導入によってBCH市場にも流動性と安定性がもたらされることによって、ビットコインキャッシュは飛躍的に成長していく可能性を秘めています。

およそ半年間に渡って低迷を続けてきた多くの仮想通貨に徐々に新しい動きが見られ始めている今、ビットコインキャッシュは特に注目すべき通貨であると言えるでしょう。
ビットコインキャッシュは2018年8月18日の時点では61,000前後で取引されています。

大きな可能性に注目が集まっているビットコインキャッシュ(BCH)の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

東京の「ナイトクラブ・ラウンジ」で仮想通貨決済導入|4店舗でBCHが利用可能に

東京の「ナイトクラブ・ラウンジ」で仮想通貨決済導入|4店舗でBCHが利用可能に

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

NEM HUB(ネム・ハブ)正式リリース「NEM・Symbol」の普及・貢献活動に報酬付与

NEM HUB(ネム・ハブ)正式リリース「NEM・Symbol」の普及・貢献活動に報酬付与

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す