ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引がイギリスの仮想通貨取引所「Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)」に新たに追加されました。ここ最近で期待の高まるニュースが相次いでいるBitcoinCashにはさらに注目が集まっています。

こちらから読む:最近特に話題の仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)とは

Crypto-Facilities

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)は、イギリスの規制当局からライセンスを受けて仮想通貨の現物取引や先物取引のサービスを提供している仮想通貨取引所です。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
などの米ドル(USD)建て先物取引も以前から提供しており、2017年からの1年間で取引量が84%も増加したとも報告されています。

8月17日には、米ドル建てのビットコインキャッシュ(BCH)先物取引を新たに追加したことが発表され、Crypto Facilitiesの先物商品は全部で5種類となりました。

「Crypto Facilities」の最高経営責任者(CEO)であるTimo Schlaefer(ティモ・シュライファー)氏は 「Bitcoin Cashの先物取引を公開して、仮想通貨の金融派生商品を拡充できたことを大変嬉しく思う」と述べており、「BCHは時価総額が100億ドル(1兆1,000億円)にも昇るトップ5のコインであり、デジタル資産クラスの流動性と透明性を高め、仮想通貨市場の進化を促すものであると期待している」と説明しています。

また今回の発表に対してはBitcoin.comのRoger Ver(ロジャー・バー)氏もコメントしており、「ビットコインキャッシュが世界で最も革新的かつ有効な仮想通貨の一つであることを証明している1つの例」だと述べています。

ビットコインキャッシュの好材料が続々と

ビットコインキャッシュ(BCH)は、最近BCHのブロックチェーン上でトークンを発行することができるようになる『Wormholeプロジェクト』も発表しています。この新しいプロジェクトが発足したことによって、イーサリアムのように、Bitcoin Cashのブロックチェーン上で新たなトークンを発行することができるようになります。

これらの発表によって、すでに決済通貨としても非常に高い人気を誇っていたビットコインキャッシュは、さらに大きな注目と期待を集めています。Wormholeプロジェクトの誕生によって幅広い分野での活用が期待される一方で、先物取引の導入によってBCH市場にも流動性と安定性がもたらされることによって、ビットコインキャッシュは飛躍的に成長していく可能性を秘めています。

およそ半年間に渡って低迷を続けてきた多くの仮想通貨に徐々に新しい動きが見られ始めている今、ビットコインキャッシュは特に注目すべき通貨であると言えるでしょう。
ビットコインキャッシュは2018年8月18日の時点では61,000前後で取引されています。

大きな可能性に注目が集まっているビットコインキャッシュ(BCH)の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

仮想通貨の投資誘致図る:韓国Kakaoがシンガポールに特殊法人「KLAYTN」を設立

仮想通貨の投資誘致図る:韓国Kakaoがシンガポールに特殊法人「KLAYTN」を設立

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す