ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)を保有する投資家や決済手段として受け入れるお店は日本だけでなく世界中で増えています。最も有名な仮想通貨であるビットコインではなく、ビットコインキャッシュが選ばれている理由とそれらの違いについて説明します。

支払い方法としてのBTCとBCH

『ビットコイン決済』という言葉は、ほとんどの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
ビットコイン(BTC)での支払いに対応している店舗は近年圧倒的に増加しており、仮想通貨を使った決済手段の中で最もポピュラーな支払い方法といえるのがビットコイン決済です。

しかし最近では『ビットコインキャッシュ(BCH)』での支払いに対応する店舗も急増しており、海外では衣服や小物だけでなく、金や銀などの宝石も購入することができます。また日本国内でも、カフェや喫茶店などの飲食店などの身近なお店をはじめ、ファッションショップや宝石店なども積極的に導入しています。

では、なぜ『ビットコインキャッシュ』の導入が増えているのでしょうか?
また『ビットコイン』とは何が違うのでしょうか?

『ビットコインキャッシュ決済』の導入が加速しているその背景には、ビットコインが抱えるいくつかの問題があります。

ビットコインが現金の代わりにならない理由

仮想通貨とよく似ているものの一つに『電子マネー』が存在します。
コンビニやショップのレジでスマートフォン等の端末をかざすだけで、現金をお財布から出す必要なく料金の支払いが完了します。

ビットコイン(BTC)も電子マネーと同じように現金とは違い実態のないものです。
電子マネーが広く普及しているのに、電子マネーと似ている仮想通貨であるビットコインが広く普及しないのはなぜでしょうか。

送金時間という重大な問題

time-is-money

その理由の一つには、送金時間の問題が存在します。
ビットコインを実際に利用したことがある方は経験されたことがあると思いますが、ビットコインの送金には数時間から長い場合には1日、またはそれ以上かかる場合もあります。

送金に大きな時間がかかるのは、非中央集権を目指すブロックチェーン技術の仕様にヒントがあります。

ビットコインの基盤となる取引の確認を行うシステムは、複数の人が取引を承認し記録することで取引内容の正当性を証明する仕組みで成り立っています。この『複数の人が承認する作業』には当然その分の時間が必要になるため、この取引の承認・記録にかかる時間こそがビットコインの送金に長い時間がかかる原因となっています。

この承認作業を優先的に行なってもらうことで送金時間を大幅に短縮する方法がありますが、それにはまた別の問題が絡んできます。

手数料にまつわる複雑な課題

crypto-money

送金時間の短縮は、決済手数料を他人より多く支払うことで可能となります。
ビットコインで相手に送金する際には、送信者は承認作業を行う第三者への『承認手数料』を自由に設定することができ、承認手数料が高いほど優先的に処理してもらうことができるので、結果的に早く送金することが可能となります。

問題となるのは、この手数料が非常に高額である点です。

ビットコインが広まった初期の頃は、利用者が少なかったこともあり承認作業の件数も少なかったため、安い手数料でも実用的な送金速度が実現できていました。しかし、近年ビットコインの認知が広まり利用者が増えたことに伴い、取引の件数が爆発的に増加しました。
これに比例し取引手数料もどんどん上昇し、現在に至っては一度の送金で1000円前後の手数料が必要となっています。

購入した商品よりも決済手数料のほうが高額になるケースが増加したことなどから、これらの『長い送金時間』や『高額な手数料』が一般的な決済手段として選ばれにくい原因となっています。

性能を大幅に向上させたBitcoin Cash

Bitcoin Cash

ビットコインの抱えるこのような問題を解決したのがビットコインキャッシュ(BCH)です。
昨年のハードフォークによって新たに誕生したこの仮想通貨は、その名前が示す通り支払い手段としての性能を大きく向上させた仮想通貨となっています。

ビットコインキャッシュの送金時間はおよそ10分ほどにまで低減されています。
また送金手数料も大幅に安くなっており、数円〜数十円での取引が可能となっています。

このような性能の向上には、ビットコインキャッシュの開発に携わるメンバーやコミュニティの強い想いがこもっています。

ビットコインキャッシュの普及を促進する便利なサービス

ビットコインキャッシュ(BCH)に関係のある開発メンバーやコミュニティは、BCHが一般的な仮想通貨として幅広く利用されることを強く望んでいるため、世界中の全ての人々がより簡単にBCHを生活に取り入れるためのサービスが多く提供されています。

Bitcoin Cash Tip Bot

「Bitcoin Cash Tip Bot」は、最も簡単に仮想通貨を保有する方法の一つと言えます。
Twitter上で提供されているこのサービスは、ツイッターを利用している全てのユーザー向けに、ビットコインキャッシュを簡単に利用することができる取引ツールを提供しています。

仮想通貨取引所に登録して実際にビットコインキャッシュなどの通貨を保有するためには、メールアドレス登録、パスワードの設定、本人確認などを行い、口座登録した上で、実際の現金を入金し仮想通貨を購入する必要があるため、仮想通貨を初めて利用する方は実際に購入するまでには早くても1日はかかってしまいます。

Bitcoin Cash Tip Botを利用すれば、ツイッターアカウントだけで簡単かつ一瞬で自分専用のウェブウォレットを取得することができます。

具体的には、Bitcoin Cash Tip Botアカウント(@bch_tip)に「@bch_tip 入金」とツイートするだけで、BCHを入金または受け取るための『専用QRコード』と『ウォレットアドレス』を自動返信してくれます。もしこの時点でBCHを送金してくれる知人がいれば、発行されたウォレットで受け取ることができるようになります。

また、ウォレットでBCHの受取や保管できるだけでなく『残高の確認』や『他のウォレットへの送金』も行うこともでき、『抽選機能』などに当選できれば実際にビットコインキャッシュをもらうこともできます。これらの機能も同様にシンプルなツイートを送るだけで簡単に利用することができます。

詳しい利用方法はこちらの記事で紹介しています

CoinText(コインテキスト)

CoinText(コインテキスト)は、世界中の銀行を持たない人々のために簡単かつ便利な決済サービスを提供しています。
このサービスを利用すれば、テキストメッセージ(SMS)でコマンドを入力するだけで世界中のどの携帯電話でもビットコインキャッシュを送受信することができます。

コインテキストでの取引には、インターネット/スマートフォン/アプリ/アカウント/パスワードなどを必要としないため、携帯電話と電話番号だけで利用することができます。こちらもBitcoin Cash Tip Botと同じような使用方法となっており「Send $1 9012345678」のように「Send(スペース)(送金額)(スペース)(電話番号)」といったメッセージを送信することで、ビットコインキャッシュの送金などが行えます。

現在は、米国/カナダ/南アフリカ/スイス/スウェーデン/オランダ/英国で試験的に提供されていますが、将来的には日本などでも利用できるようになると思われます。

コインテキストは、世界中のすべての人が利用できるサービスとなることを目指していると同時に、法定通貨を必要としない世界をつくることを約束しています。

CoinTextを詳しく紹介している記事はこちら

簡単に導入できるビットコインキャッシュ決済

このようなサービス以外にも、簡単にビットコインキャッシュを利用することができるサービスは数多く提供されています。

価格が一時200万円を超え現在でも100万円前後の価格となったビットコインは、今では『通貨ではなく資産である』ともいわれています。
日常的な支払い方法としての利用価値を考えると、通貨の価格が特出して高額になると利用しづらいことも多くなってきます。

ビットコインキャッシュはその性能やサービスを向上させつつ、通貨の価格もバランスが取れていることによって流動性が保たれています。
5月には新たなハードフォークが行われ今以上に高い性能となるため、今後も決済手段としてさらに利用されていくことになりそうです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す