元AKB48・北原里英:仮想通貨を狙うサイバー犯罪に関する意識向上を呼びかける

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)に関連する不正アクセスの被害が増加していることから、AKB48・NGT48の元メンバーであり現在は女優として活動している北原里英(Rie Kitahara)さんが『一日サイバーセキュリティ対策本部長』に就任し、サイバー犯罪の被害防止を呼びかけました。

こちらから読む:被害が増加する仮想通貨関連の詐欺|これまでのニュースから

『一日サイバーセキュリティ対策本部長』

日本を代表するアイドルグループ「AKB48」に2008年から加入し、2015年からは「NGT48」でキャプテンを務め、現在は女優として活躍している北原里英(Rie Kitahara)さんは、8月26日に東京・新宿で開催されたイベントで『一日サイバーセキュリティ対策本部長』を務めました。

北原里英さんはイベントの中で「サイバーセキュリティの大切さをしっかりと学んで伝えていければと思います」と語り、トークショーなどを通してセキュリティ対策の重要性についての呼びかけを行いました。

このイベントに参加したおよそ1,700人の人々は、メールやSNSなどを通じて個人情報を盗み出そうとする『フィッシング詐欺』や『パソコンの乗っ取り』、『偽のWebサイトの見分け方』などについて学び、実際に疑似体験などもできる体験型の企画を通して、そのようなインターネット上に潜む脅威に対して対策をとることの重要性などについて学びました。

昨年警視庁に寄せられたサイバー犯罪の被害に関する相談の数は「13,110件」と報告されており、全体でみると減少してはいるものの、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨に関連する不正アクセスの被害の数が増加しているといわれています。

フィッシング詐欺の脅威

Phishing-scams

今年の1月に起きた仮想通貨取引所Coinchack(コインチェック)から約580億円相当の仮想通貨ネム(NEM/XEM)が流出した事件では、同社の従業員宛に送られた電子メールが原因となっていたことが報告されています。

日本の『フィッシング対策協議会』は、仮想通貨に関連するフィッシングに関する警告を以前から何度も発表しています。

フィッシング対策協議会が公開している『フィッシングレポート 2018』の中では、フィッシングサイトのURL件数が近年大幅に増加していることが報告されています。

2008年〜2017年にかけてのフィッシングサイトのURL件数(引用:フィッシング対策協議会)

これらの不正アクセスは、SNSやフィッシングメールなどを利用してユーザーから直接『口座のパスワード』などのログイン情報を聞き出すような方法がとられているとのことで、『フィッシング対策協議会』などの機関はそのような"疑わしいメール"などに記載されている「URL」を安易にクリックしないようにと警告しています。

仮想通貨取引所と警察の協力

police

警察庁の発表によると、各種金融機関にが行なっている『モニタリングの強化』や『ワンタイムパスワード』の導入といった対策が行われていることによって、インターネットバンキングでの不正送金による被害額は大幅に減少しているものの、仮想通貨のウォレットや個人口座に不正にアクセスすることによって、別の口座へと資金を送金するといった新しい手口が増加しているとされています。

日本の警察は仮想通貨関連のサイバー犯罪と戦うために、
SBIバーチャルカレンシーズ
bitFlyer(ビットフライヤー)
BITPoint(ビットポイント)
Bitbank(ビットバンク)
BitTrade(ビットトレード)
Coincheck(コインチェック)
Quoine(コインエクスチェンジ)
GMOコイン
・Btc Box
・Money Partners
などの日本国内の主要な仮想通貨取引所10社と協力して被害防止に努めており、これらの取引所は
・相互協力
・サイバー犯罪報告通知
・犯罪捜査協力
・情報共有
・広範な被害を防ぐための措置
に合意しています。

しかし、このような努力が行われてはいるものの、依然として仮想通貨に関する必要な基礎知識やセキュリティ対策の重要性を正しく理解できていない人が多いのも事実です。今回のイベントのように国内で人気のあるアイドルがこれらの問題点を伝えることによって、より多くの人々に対策をとることや必要な知識を身につけることの重要性が伝わることを祈ります。

警察とも協力している安心の仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の利用登録ページはこちら。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

日本の「キャッシュレス化」さらに加速|みずほ、2019年デジタル通貨発行へ

日本の「キャッシュレス化」さらに加速|みずほ、2019年デジタル通貨発行へ

ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

ブロックチェーンは「観光産業」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「観光産業」をどのように変えるのか?

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す