CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

by BITTIMES   

米国の仮想通貨(Cryptocurrency)アナリストであるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、シカゴ・オプション取引所(CBOE)がイーサリアム(ETH)の先物市場を開始することによって、ビットコイン(BTC)の価格は回復し、ETH価格はさらに下落すると予想しています。

こちらから読む:大物投資家たちの「ビットコイン価格予想」

ETH価格はさらに下落する?

crypto-down

シカゴ・オプション取引所(CBOE)は、仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)の市場に基づいた「イーサリアム先物市場」を2018年内に公開するといわれています。

一部では「イーサリアム先物取引の開始によって"ETH価格"も回復するのでは?」と期待する声もみられていますが、回復するのはイーサリアムではないかもしれません。

米国の独立系調査会社「Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ)」の共同設立者であるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビジネスインサイダーからの取材に対して、「イーサリアム先物取引が開始されることによってETHの価格はさらに下落する可能性がある」との予想を語りました。

同氏はこの予想の具体的な根拠として、昨年12月にシカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコインの先物取引を開始した後に、BTC価格が大きく下落していることを挙げています。

昨年12月にビットコインの先物取引が開始された後、BTC価格は一時的に約220万円という過去最高値を記録しました。しかしその後は下落が続いており、今年の6月には70万円を下回っています。

このような動きの原因について『先物市場での"空売り"が影響している』と考えている投資家も多く、現在の長期的な下落相場は『先物市場での売り』が原因となって形成されたという見方もあります。

先物取引が開始されたことによって、仮想通貨に対して否定的で「現物を持ちたくない」と考えている投資家もビットコインの『売り(ショート)ポジション』を持つことができるようになりました。

保有していない仮想通貨の市場に"売り"から入ることを可能にする先物取引は、対象となる仮想通貨の価格を下落させる要因の一つにもなり得ます。

なぜ「BTC価格」が回復するのか

bitcoin

トーマス・リー氏は今回の「ETH先物」の公開によって、ビットコイン先物の時と同じような状況になる可能性があることを語っています。しかしリー氏は、ETH先物でもショートすることができるようになることによって、BTC先物のショートが減少する可能性があるとも述べています。

同氏は、『BTC先物の売り』から『ETH先物の売り』に移行する可能性があることから、ビットコインの価格は回復し、その一方でイーサリアムの価格はさらに下がることになると予想しています。リー氏は、CNBCの番組に出演した際に「ビットコインの価格は、2018年末までに2万ドル(約220万円)以上になる」との予想を語っています。

先日米国商品先物取引委員会(CFTC)が公開したデータでは、実際にビットコインの『売りポジション』の数が減少してきていることも示されています。ビットコインの『売り』を持つ投資家がイーサリアムの『売り』へと移行するとは言い切れませんが、少なくともビットコイン価格の回復を妨げる要因が減少する可能性はあると考えられるでしょう。

ビットコインの価格はここ最近で上昇を続けており、2018年9月3日の時点では1BTC=80万円前後で取引されています。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

約1週間で「3倍以上」ビットコインの平均トランザクション手数料が増加

約1週間で「3倍以上」ビットコインの平均トランザクション手数料が増加

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

アクトコイン:新型コロナのこども支援目指す「寄付プログラム」を開始

アクトコイン:新型コロナのこども支援目指す「寄付プログラム」を開始

Klaytn:カカオトークの仮想通貨ウォレット「Klip」正式リリース

Klaytn:カカオトークの仮想通貨ウォレット「Klip」正式リリース

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す