CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

by BITTIMES   

米国の仮想通貨(Cryptocurrency)アナリストであるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、シカゴ・オプション取引所(CBOE)がイーサリアム(ETH)の先物市場を開始することによって、ビットコイン(BTC)の価格は回復し、ETH価格はさらに下落すると予想しています。

こちらから読む:大物投資家たちの「ビットコイン価格予想」

ETH価格はさらに下落する?

crypto-down

シカゴ・オプション取引所(CBOE)は、仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)の市場に基づいた「イーサリアム先物市場」を2018年内に公開するといわれています。

一部では「イーサリアム先物取引の開始によって"ETH価格"も回復するのでは?」と期待する声もみられていますが、回復するのはイーサリアムではないかもしれません。

米国の独立系調査会社「Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ)」の共同設立者であるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビジネスインサイダーからの取材に対して、「イーサリアム先物取引が開始されることによってETHの価格はさらに下落する可能性がある」との予想を語りました。

同氏はこの予想の具体的な根拠として、昨年12月にシカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコインの先物取引を開始した後に、BTC価格が大きく下落していることを挙げています。

昨年12月にビットコインの先物取引が開始された後、BTC価格は一時的に約220万円という過去最高値を記録しました。しかしその後は下落が続いており、今年の6月には70万円を下回っています。

このような動きの原因について『先物市場での"空売り"が影響している』と考えている投資家も多く、現在の長期的な下落相場は『先物市場での売り』が原因となって形成されたという見方もあります。

先物取引が開始されたことによって、仮想通貨に対して否定的で「現物を持ちたくない」と考えている投資家もビットコインの『売り(ショート)ポジション』を持つことができるようになりました。

保有していない仮想通貨の市場に"売り"から入ることを可能にする先物取引は、対象となる仮想通貨の価格を下落させる要因の一つにもなり得ます。

なぜ「BTC価格」が回復するのか

bitcoin

トーマス・リー氏は今回の「ETH先物」の公開によって、ビットコイン先物の時と同じような状況になる可能性があることを語っています。しかしリー氏は、ETH先物でもショートすることができるようになることによって、BTC先物のショートが減少する可能性があるとも述べています。

同氏は、『BTC先物の売り』から『ETH先物の売り』に移行する可能性があることから、ビットコインの価格は回復し、その一方でイーサリアムの価格はさらに下がることになると予想しています。リー氏は、CNBCの番組に出演した際に「ビットコインの価格は、2018年末までに2万ドル(約220万円)以上になる」との予想を語っています。

先日米国商品先物取引委員会(CFTC)が公開したデータでは、実際にビットコインの『売りポジション』の数が減少してきていることも示されています。ビットコインの『売り』を持つ投資家がイーサリアムの『売り』へと移行するとは言い切れませんが、少なくともビットコイン価格の回復を妨げる要因が減少する可能性はあると考えられるでしょう。

ビットコインの価格はここ最近で上昇を続けており、2018年9月3日の時点では1BTC=80万円前後で取引されています。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

イーサリアム(ETH)価格回復の兆しか ー 機関投資家による「空売り」が減少

イーサリアム(ETH)価格回復の兆しか ー 機関投資家による「空売り」が減少

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

BITCOIN MIXER:イーサリアムユーザー向けにサービスを拡大

PlanB氏:2021年のビットコイン天井「69,000ドルだったとは思わない」

PlanB氏:2021年のビットコイン天井「69,000ドルだったとは思わない」

"順調"に下落するビットコイン|バイナンスCEOの見解は?

ニューヨーク州規制当局「上場・保管が認められた暗号資産リスト」を公開

ニューヨーク州規制当局「上場・保管が認められた暗号資産リスト」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す