イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

by BITTIMES   

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)が高騰、史上最高値を更新し続けついに6月12日にの時価総額「4兆円」を突破、ビットコインの4兆8000億円に並ぶ勢いを見せ注目が集まっています。過去24時間の取引量も「3000億円」と過去最高の取引量です。
今回のイーサリアム高騰の理由は、最近大きな話題を呼んでいる「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」と「韓国市場の活性化」だと考えれらています。両者がどのように関係して今回の高騰に繋がったのか、調査をすると面白い事実が判明したのでレポートします。
※今回の記事には「イーサリアム・ブロックチェーン(Blockchain)の理解」が必須になるため、イーサリアムについて深く理解していない場合は、まずこちらの記事をご覧いただくことをオススメします。

イーサリアム上で巻き起こるICOバブル

最近、話題を呼んでいるICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは、新しい暗号通貨開発者が自社の通貨を販売を行う販売方法の事です。シンプルに「新しい通貨を完成させたので、買いませんか?」という事ですね。
特にイーサリアムは、ブロックチェーン上に新しい暗号通貨システムを構築できることから、「イーサリアムブロックチェーンを使った新通貨ICO」が業界のトレンドになっています。当然、新しい通貨の購入はイーサリアムによって行われます。

最近のICOバブルはこのイーサリアム上で製作された通貨が、イーサリアムで売買されることで巻き起こっています。
最も新しいものであれば、6月12日に開始後わずか3時間で「396,720ETH(約180億円)」の資金を調達した「Bancor(バンカー)」や、先日話題を呼んだ「Basic Attention Token(BAT)」もイーサリアムブロックチェーン上で作られた暗号通貨です。
このような「イーサリアムを使った暗号通貨」が最近増えてきたため、単純にイーサリアムの購入数が増加し、価格が上昇したと考えられます。

イーサリアム開発者も分からない韓国での人気

実は韓国は、アメリカに次いで世界第2位のイーサリアム大国です。
今回の上昇では、韓国ウォンからの購入額が、ドルはおろかビットコインまで追い抜き、ついに世界一に君臨しました。韓国のイーサリアム熱に関して開発者のヴィタリク氏も

なぜ、韓国が世界最大のイーサリアム為替市場になっているのか全く分からない。

とコメントしています。

なぜ韓国ではイーサリアムが人気を呼んでいるのか?

韓国の暗号通貨大投資家のほとんどは、イーサリアムとビットコインの違いすら説明ができない状態で投資を行なっていると言われています。
「投資先の内容は良く知らないが儲かるからやっている」というのが彼らの投資原理なのでしょう。
暗号通貨投資のメリットは「その通貨に備わる機能」にあります。
イーサリアムであれば「スマートコントラクト」など、通貨そのものに付加価値がつくのが暗号通貨の可能性であり、投資理由です。しかし、今回の韓国からの投資はどちらかというと、為替市場原理を利用したお金儲け、投機的な意味合いが強いように感じます。
今回の高騰はICOキッカケによって価格が上昇し、それに追い打ちをかけるように韓国からの投資が集中したために起きたと考えるのが現状自然のようです。他にもイーサリアムには企業間のビジネスプラットフォームを支える企業連盟「Enterprise Ethereum Alliance(EEA)」の活動によって価格が上昇するパターンもあり、今後も価格上昇が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

注目度の高い仮想通貨ニュース

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す