Basic Attention Token(BAT)とは?購入法まで

by BITTIMES   

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン 以下、BAT )は、なぜここまで話題を呼んでいるのでしょうか?
BAT とは、WEBブラウザ「 Brave(ブレイブ)」上で取引される独自通貨(トークン)です。
先日の ICO(イニシャル・コイン・オファリング) にて、10億枚を 16万6250ETH で販売を開始しましたが、開始後わずか「 24秒で 」完売し ICO を大きく成功させて、ICO 過去最高額を達成したことで話題を呼びました。(当時のレートで 38億円強)
BAT がなぜここまで大きな期待を受けているのか?今までの仮想通貨と何が異なるのか?
今回は、その理由について話して行きたいと思います。
※ WEBブラウザ「 Brave 」についてはこちらをご覧ください。
→「仮想通貨がネットサーフィンするだけでも貰える Brave導入法

Basic Attention Token(BAT)とは?


BAT は、WEBブラウザ「 Brave(ブレイブ)」上で取引される独自通貨(トークン)です。
日本という経済圏で使用されるのが「円」であるように、Brave という経済圏で使用される通貨が BAT ということですね。
この「 WEBブラウザ上で使用される」という部分が、BAT の価値の担保となっています。
BAT は現在 10億枚が流通しており、最大供給量は 15億枚を予定しています。
公式サイトhttps://basicattentiontoken.org
ちなみに、ブロックチェーンはイーサリアム・ブロックチェーンを使用しています。(なので ICO でもイーサリアムで販売をしたのでしょう)
「えっ?イーサリアムのブロックチェーンを使っているってどういうこと?」と疑問に思った方はこちら。最近イーサリアムが高騰している理由が分かるはずです。
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである

Basic Attention TokenによるWEB広告業界革命


先ほど「 WEBブラウザ上で使用されることが価値の担保となっている」ということをお話ししましたが、BAT はその流通方法が非常に良くできています。
BAT は「 WEB広告産業で行き来する独自通貨」です。
WEB広告は、「広告提供事業者」・「広告主」・「広告請負業者」・「消費者」の 4種類の役割から成り立っていますが、お金の流れは 「消費者」→「広告主」→「広告提供事業者・広告請負業者(売上分配)」と常に一方的です。
最も利用者が多い「 Googleアドセンス(広告)」などを例にとると、私たちが「消費者」で、広告を載せているブログや企業サイトなどが「広告請負業者」、Googleが「広告提供事業者」になり、その商品を販売している業者が「広告主」となります。
当然「消費者」である私たちにお金が流れてくる仕組みはありません。
ところが BAT を独自通貨として、自身の経済圏に組み込んでいる Brave の場合「広告を見る人」にも BAT が配布される仕組みになっています。
ネットサーフィンするだけで通貨が貰えるとかかなりの胸熱です。
この仕組みは、WEB広告業界そのもの常識を覆すシステムでありだからこそ、そこで使用される BAT は話題を呼び先の ICO にて過去最高記録を樹立したのです。
「革新的なWEB広告経済圏で使用される唯一の通貨」
このキャッチコピーだけで BAT がいかに将来性ある仮想通貨なのかがご理解いただけると思います。
詳しくは下記の動画にて解説を行なっているのでご覧ください。3分程度の動画なのですぐにご覧頂けます。

Basic Attention Tokenの購入方法

ここまで話をしたら「 BAT が欲しい!」となったと思いますので笑。BAT の購入方法をご紹介します。
ちなみに BAT の一般公開が始まったのは「昨日( 2017年6月4日)」です。今なら価格もかなり低い状態ですので、今後のことを考えればかなり買い時です。ちなみに、公開 1日で価格が 35% も上昇しています。
さて、BAT欲が最高潮に高まったところで、笑
ちなみに BAT は国内の取引所でまだ取り扱いがなく、現在世界でも「 Bittrex 」という取引所でしか購入できません。
なので今回は、 Bittrex のアカウント作成からお話していきます。
まずは「 Bittrex 」へ

リンクから Bittrex へ飛び「メニュー」へ
 

メニューから「 LOG IN 」へ
 

LOG IN の「 Sign Up 」へ
 

メールアドレス・パスワード設定したら「 SIGN UP 」をタップ
 

Bittrex からメールが届いているので「アカウント認証リンク」をタップ
 

認証が完了したらトップページへ行き「メニュー」へ
 

メニューの「 Wallets 」をタップ
 

通貨一覧が表示されるので「 BTC 」の「 + 」をタップ

ビットコインアドレスが表示されるが、1〜2分の発行時間がかかるので焦らずに…
アドレスが表示されたら自身のウォレットなどから送金する。
 

もう一度「 Wallets 」に戻り、スクロールすると「 WITHDRAWAL HISTORY」に送金情報が表示される。
認証まで 10分ほどかかります。再度焦らずに…
「 DEPOSIT HISTORY」に表示たらOK。BAT購入ができます。
 

「 BITTREX 」をタップし「 B-MARKETS 」をタップ
すると通貨ペア一覧が出てくるので「 BTC-BAT 」をタップ
 

購入画面に飛ぶので、上記画像部分までスクロールします。
「 Price 」→「 Last 」→「 Max 」→「 Buy Basic Attention Token 」の順番にタップで購入できます。
以上が BAT の購入方法でした。
ちなみに執筆段階で +40% 上昇になっています。かなり期待度が高い通貨ですので、日本の取引所が取り扱う前に購入してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveが「E-1サッカー選手権2019決勝大会」公式ブラウザに|限定コンテンツを提供

Braveが「E-1サッカー選手権2019決勝大会」公式ブラウザに|限定コンテンツを提供

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す