Los Angeles Dodgers:仮想通貨グッズを限定配布!ドジャー・スタジアム来場者4万人へ

by BITTIMES

MLB(メジャーリーグベースボール)のプロ野球チームであるLos Angeles Dodgers(ロサンゼルス・ドジャース)は、9月21日に行われる対Padres(パドレス)の試合を観戦しに訪れるファンの人々に限定の仮想通貨(Cryptocurrency)グッズである「特製デジタル・ボブルヘッド」を配布することを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨との関係も深い「MLB」関連のニュース

Dodgersの「デジタル・ボブルヘッド」

Los Angeles Dodgers(ロサンゼルス・ドジャース)は公式ブログの中で、スタジアムに最初に入場した4万人のファンの人々を対象に、「デジタル・ボブルヘッド」をダウンロードすることができる「3種類の特製カード」を配布することを発表しました。

ドジャースタジアム初の「デジタル・ボブルヘッド・ナイト」をお見逃しなく!

9月21日に最初にスタジアムを訪れた4万人のファンの方々は、3人の選手のクリプト・トークンを受け取ることができ、イーサリアム・ウォレットにダウンロードして追加することができます。

これらのカードには固有のコードが記載されており、このコード使ってブロックを解除することで、
・Clayton Kershaw(クレイトン・カーショウ)投手
・Justin Turner(ジャスティン・ターナー)投手
・Kenley Jansen(ケンリー・ジャンセン)投手
デジタル・ボブルヘッドをダウンロードすることができるようになっているとのことです。これらのアイテムはイーサリアム・ウォレットで受取ることができます。

配布されるカードはランダムに選ばれることになっているため、好きな選手を選ぶことはできませんが、それぞれの選手のカードは、ほぼ同じ枚数が準備されていると伝えられています。

野球ファンからの反響にも注目

bobblehead

L.A.ドジャースの最高マーケティング責任者であるLon Rosen(ロン・ローゼン)氏は、『デジタルグッズとプロモーションの新しい時代に拍車をかけ、ファン人々の関心を引き付けることを目指している』と述べています。

ボブルヘッドが初めて発売されたのは、およそ60年前になります。
当時のボブルヘッドは、木枠と粘土で形作られたものに紙を貼り付けたものや、セラミックのような素材を用いて作られていました。

現在メジャーリーグの試合をテレビで観戦している人々の平均年齢は57歳とされているため、「従来の物理的なボブルヘッド」ではなく、「デジタル化・暗号化されたボブルヘッド」の特典を配布するという今回の新たな取り組みは興味深いものでもあります。

仮想通貨やデジタルグッズのサービスにも馴染みのある若い年齢層の新たなファンの導入が期待される一方で、従来のファンたちの間で"近代的なボブルヘッド"が受け入れられるのかなどが気になるところでもあります。

もしも多くの関心が集まることになれば、まだそれらの年代の人々が仮想通貨の世界に初めて触れるきっかけになる可能性もあるため、実際に配布が行われた後の反響には大きな注目が集まります。

アメリカで開催されるメジャーリーグベースボール(MLB)のドジャース対パドレス戦は、2018年9月21日に開催を予定しています。

仮想通貨が使えるゲーム「MLB Crypto Baseball」

mlbcash

メジャーリーグベースボール(MLB)は、ブロックチェーン・ゲーム企業であるLucid Sight(ルシッド・サイト)と協力して、野球選手のキャラクターを育成するゲーム「MLB Crypto Baseball」を開発し、8月31日から実際にサービスを開始しています。

このゲームは、ゲーム内で仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を利用することができるように作られているため、ユーザーは集めた野球選手のコレクションをETHを使って売買することができます。

最初のシリーズでは、それぞれの選手が20ドル(約2,200円)で販売されましたが、ジャスティン・ターナー選手などのアイテムは、一時的に25,000ドル(約275万円)もの高値がつけられたことで話題となっています。

ゲーム内での選手は全部で500人ほど提供されているとのことですが、コレクション性を高めるために有名選手には限定バージョンなども存在すると言われています。

今回発表されたドジャースのボブルヘッドは「MLB Crypto Baseball」では使用できないとのことですが、これから「MLB Crypto Baseball」でも利用できるアイテムがスタジアムでも提供され始めることになれば、そのバリエーションはさらに豊富になっていくでしょう。

MLBのゲームでも利用できるイーサリアム(ETH)などの仮想通貨の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す