仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

by BITTIMES   

仮想通貨やブロックチェーンと関わりのある野球選手やチームをまとめて紹介します。記事の最後では、関連するアプリやゲーム、分散型アプリケーション(DApps)なども紹介しています。

こちらから読む:仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨と野球チーム

千葉ロッテマリーンズ|GMOコイン

chiba-gmo

パシフィック・リーグに所属している千葉ロッテマリーンズと仮想通貨取引所GMOコインは、業界初のスポンサー契約を交わしています。

GMOコインはこの協賛に合わせて期間限定キャンペーンも開催しています。キャンペーン期間中にGMOコインで口座開設を完了した新規ユーザーは、マリーンズに所属する野球選手の"直筆のサイン"が入ったユニフォームやボールなどが当たる抽選に参加することができます。

ZOZOマリンスタジアムのバックネットには、スポンサー契約に伴いGMOコインの看板が期間限定で設置されています。

GMOコインはこの時の発表の中で、今後も各種スポーツ業界への協賛を行なっていく予定であることを明かしています。

ロサンゼルス・ドジャース|イーサリアムのトークングッズを配布

Dodgers

メジャーリーグベースボール(MLB)のプロ野球チームであるロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)は、実際に試合観戦のためにドジャー・スタジアムを訪れた先着4万人の人々に対して、イーサリアムのトークンでもある「特製デジタル・ボブルヘッド」を配布することを発表しました。

L.A.ドジャースの最高マーケティング責任者であるLon Rosen(ロン・ローゼン)氏は、この新しい取り組みで『ファンからの関心をさらに集めることを目指している』と語っています。

仮想通貨と野球選手

タイラー・アドキソン|BlockTerra Capital

tyler

元LAドジャースのタイラー・アドキソン(Tyler Adkison)氏は、スポーツ選手向けの仮想通貨ヘッジファンドである「BlockTerra Capital」を設立しています。

彼は自身が若い頃からビットコイン(BTC)などの仮想通貨に魅力を感じていたことを明かしており、自分自身のことを"技術オタク"であると語っています。

BlockTerra Capitalには、2018年4月の時点でもプロ野球選手だけでなくフットボール選手なども参加しており、およそ30人ほどのクライアントがいることを明かしています。

タイラー・アドキソン氏の記事はこちら

DApps・ゲーム・アプリ

メジャーリーグベースボール|MLB Crypto Baseball

cryptobaseball

メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)は、ブロックチェーン技術を活用した野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」を発表しています。

MLB Crypto Baseballは、仮想通貨やブロックチェーン技術を使ったゲームアプリなどを開発しているLucid Sight(ルシッド・サイト)と協力して制作された分散型アプリケーション(DApps)です。

イーサリアム(ETH)をゲーム内で利用できるため、購入してレベルアップしたグッズなどを他のユーザーと売買することによって、実際にETHでの報酬を得ることもできます。

MLBはこの取り組みについて「私たちのビジネスは投機的なものではなく、ファンに野球を提供するものである」と語っており、野球ファンとの繋がりや対話の機会をさらに広げるためにブロックチェーンの技術を活用することを決定したと語っています。

MLB(メジャーリーグ)選手の公式トークン|Player Tokens

player-tokens

メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)は、スタートアップ企業である「Player Tokens(プレイヤートークン)」と協力して、イーサリアムブロックチェーンで管理を行うMLB選手の公式トークンを販売しています。

Player Tokensは、このサービスを通して野球ファンの人々に仮想通貨への興味を持つ機会を提供することも目的としており、それと同時に仮想通貨に興味を持っている人々にも野球に興味を持つ機会を提供することを目指しています。

同社は、希少価値を備えたMLB選手のトークンを販売すると共に、公式サイトでユーザーがそれらのトークンを交換するための専用機能も公開する予定であることも発表しています。この交換サービスが実際に開始されれば、野球ファンの間にも新しい交流の機会をもたらすことができると期待されます。

甲子園の試合結果を予想|Zacpot(ザックポット)

zacpot

Zacpot(ザックポット)は、様々なスポーツの試合結果を予測して投票(BET)することができるプラットフォームです。

WEBサービスとして提供されているこのプラットフォームは、2018年8月5日に開幕した全国高校野球選手権(甲子園)でも投票を受け付けています。見事予想が当たったユーザーには、トークンが付与される仕組みとなっており、獲得したトークンはカフェやオンラインサービスの割引券として利用できるように開発が進められています。

仮想通貨とサッカーのまとめページもあるのでこちらも一緒に読んでみてください。

イーサリアム(ETH)などの仮想通貨の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

注目度の高い仮想通貨ニュース

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す