イーサリアムが使える野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」

by BITTIMES   

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)が使える野球ゲームアプリの公開が迫っています。メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)は、ブロックチェーン技術に特化したソフトウェア企業「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」と協力して、分散型アプリケーション(DApps)の制作に取り組んでいます。

ブロックチェーン×野球

メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)は、ファン拡大に向けてブロックチェーン技術を活用していくことに目を向けています。

MLBは、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用した革新的な分散型アプリケーション(DApps)やゲームを開発している「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」と提携し、野球ファンの人々がゲームを通してコミュニティ内での対話の機会を広げることができる新しいサービスの開始を予定しています。

MLBのゲーミング&ニュービジネス担当上級副社長であるケニー・ガーシュ(Kenny Gersh)氏は、「MLBは長い間仮想通貨に注目してきたものの、Lucid Sightとのプロジェクトを達成するために他のアイディアを拒否してきた」と語っています。

私たちは「MLB.tv」やその他複数の製品の決済手段としてビットコイン(BTC)を受け入れるべきかどうかについて以前から議論してきましたが、最終的にはそれが私たちのビジネスではないと判断しました。

私たちのビジネスは投機的なビジネスではありません。私たちはファンに野球を提供する事業に取り組んでいます。このゲームはブロックチェーン技術を通じて私たちの事業をさらに面白いものにするでしょう。

彼は代表的な分散型アプリケーションゲームである「CryptoKitties(クリプト・キティーズ)」が最初に登場した頃から、すでにLucid Sightとの話し合いを行っていたとも説明しています。

Lucid Sight(ルシッド・サイト)とは

lucid-sight

Lucid Sight(ルシッド・サイト)は、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用した革新的なアプリケーションやゲームを開発している2015年に設立されたソフトウェア会社です。

ソフトウェア業界で15年以上も実績を積んできた経験豊富な起業家のチームによって運営されているLucid Sightは、音楽レーベルや映画スタジオ、そしてMLBのようなブランド向けのモバイルアプリを開発しています。

彼らは、Blockchain技術の利点を利用した独自のコンテンツの開発に取り組んでいます。

DApps:MLB Crypto Baseball

mlb-game

「MLB Crypto Baseball」は、仮想通貨をゲーム内で使用することができるブロックチェーンベースの分散型アプリケーション(DApps)です。

キャラクターのアバターなどを購入する際にイーサリアム(ETH)を使用することができるため、ユーザー間でETHを通してアイテムの売買を行い、場合によっては報酬を得ることもできます。

ゲームをプレイすることによって獲得した報酬を利用して、MLBグッズをレベルアップすることもでき、それらのグッズやプレーヤーを通してユーザー間での取引を行うことができます。獲得したMLBグッズはセキュリティと所有権を確保するためにイーサリアムのブロックチェーン上に記録されます。

このアプリケーションはiOSとAndroid向けに近日公開される予定となっています。

Lucid Sightの共同設立者であるOctavio Herrera氏は、ヤフー・ファイナンスに、「ハイテク技術に精通した人々だけでなく、より幅広いユーザーにゲームを提供できることを望んでいる」と語っています。

アプリ公開の初期段階では、MetaMask(メタマスク)を使用してイーサリアムを利用することになっていますが、その後にはcoinbaseの口座からでもETHの送受信ができるような仕組みを整えていくことが予定されています。

アプリの詳細は以下の公式サイトをどうぞ。
mlbcash MLB Crypto Baseballの公式サイトはこちら

先月には、サッカーゲームで仮想通貨が利用できるゲームもリリースされています。
「Bitcoin Cash Football」と呼ばれるこのゲームでは、ゲーム内通貨としてビットコインキャッシュ(BCH)を利用することができます。

イーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)の購入はbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン育成・バトルゲーム「HyperDragons」上位ランカーにはETH賞金

ブロックチェーン育成・バトルゲーム「HyperDragons」上位ランカーにはETH賞金

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

TokenStars ICO(トークンスターズ)未来のスーパースターを育成するコイン

TokenStars ICO(トークンスターズ)未来のスーパースターを育成するコイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

各種キャッシュレスポイントの「相互交換」を可能に|JCB×富士通、新サービス開発へ

各種キャッシュレスポイントの「相互交換」を可能に|JCB×富士通、新サービス開発へ

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す