Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

by BITTIMES

Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が運営する仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)は、米ドル(USD)と連動することによって価値が保証されているStable Coin(ステーブルコイン)「ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)」を発行することを明らかにしました。この新しい通貨は世界で初めて規制当局からの許可を受けた、法定通貨に裏付けられた暗号通貨(Cryptocurrency)となります。

こちらから読む:世界初の挑戦を続ける仮想通貨取引所「Gemini」

ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)

Gemini-dollarGUSD

仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)によって発行される暗号通貨「ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)」は、多くの論争を巻き起こしているテザー(Tether/USDT)にはないものになることを目指しています。

Gemini dollar(GUSD)は、米ドルの持つ「信用」や「価格の安定性」をブロックチェーン技術と組み合わせることによって、より新しい画期的な仮想通貨となっており『米国の規制当局であるニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の監督と結びつけている』とも伝えられています。

ブロックチェーンと米ドルの融合|キャメロン・ウィンクルボス

Cameron-Winklevoss

Cameron Winklevoss(キャメロン・ウィンクルボス)氏は、Gemini dollar(GUSD)の発表にあたり、次のようにコメントしています。

今日まで、仮想通貨のようにオープンで分散化された仕組みで動く、信頼できる規制された「米ドルのデジタル通貨」は存在していませんでした。

ジェミニドル(GUSD)は「米ドルの信用力」と「価格の安定性」をブロックチェーン技術と米国規制当局、つまりニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の監督と組み合わせたものです。

ジェミニドルのホワイトペーパーでは、GUSDが「Ethereumブロックチェーン」上のERC20トークンとして構成されていることが記されています。

Geminiのユーザーは、米ドルを入金してトークンに変換し、それをEthereumのアドレスに引き出すことで、GUSDを取得することができます。

信頼できる初の安定仮想通貨|タイラー・ウィンクルボス

Tyler-Winklevoss

Tyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏は声明の中で『その他の米ドルに裏付けられたトークンは、十分に規制されておらず、透明ではない』と述べています。

これまでのブロックチェーン上には、規制された信頼できる「デジタル化された米ドル 」はありませんでした。

米ドルの信用力と価格安定性とブロックチェーン技術とNYDFSの監督を組み合わせた安定したコインである「ジェミニドル」を市場に取り入れることを非常に嬉しく思っています。

Geminiのウェブサイトでは、これが何を意味するのかについての詳しい情報を提示しています。特に重要なのはトークンを裏付ける米ドルは、米国の銀行で保管されるだけでなく、連邦預金保険公社(FDIC)からの適格資格を持っていることです。

さらにGeminiは、独立した公認会計士事務所を立ち上げることによって、毎月の報告書を公表し、ジェミニドルが米ドルによって完全に裏付けられていることを証明し、GUSDのスマートコントラクトに独立した警備会社を通じた厳格な監査を受けさせると説明しています。

これまで米ドルの裏付けによって支えられていた主流の仮想通貨であるテザー(Tether/USDT)に対しては、問題点を指摘する声も多く、様々な議論が交わされていました。

今回正式に規制当局からの認可を受けた安定仮想通貨が発表されたことは、暗号通貨市場における非常に重要なニュースの一つでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

仮想通貨で「グッズ・チケット」が購入可能に|ポルトガルのサッカークラブ:S.L.Benfica

仮想通貨で「グッズ・チケット」が購入可能に|ポルトガルのサッカークラブ:S.L.Benfica

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す