世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

by BITTIMES   

匿名性の高い仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が、ウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)に上場することが明らかになりました。これは世界で初めてライセンスされたZcash取引所となります。

仮想通貨取引所Geminiにジーキャッシュ(ZEC)が上場

匿名性の高い仮想通貨として知られるジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、ウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)で取引できるようになります。

現在Geminiでは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の取引ペアをサポートしており、ジーキャッシュは3番目に追加される仮想通貨となります。

Zcashの取引ペアとして追加されるのは、ZEC/USD、ZEC/BTC、ZEC/ETHとなっており、5月22日から取引が開始される予定となっています。

NYDFSの対応は?

Geminiはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって規制されているため「BitLicense」フレームワークが直面する最も厳しい規制制度の1つであると考えられることから、プライバシーを重視した匿名性の高い仮想通貨であるZcashの追加には世界からの注目が集まっています。

取引所は「zcash取引を正式なサポートを決定する前に、NYDFSの広範な承認プロセスを経ている」と述べています。

取引が開始される際には、ユーザーは『守られたアドレス』と『守られていないアドレス』の両方から預金を払うことができますが、アンチ・マネーロンダリング(AML)規制遵守の懸念から『守られていないアドレス』にのみ資金を引き出せます。

NYDFSのMaria Vullo(マリア・ヴロロ)監督は次のように述べています。

「この行動は、世界市場におけるニューヨークの長期的な革新とリーダーシップへのコミットメントを継続します。 賢明で徹底した規制監督の下、業界の発展と長期的な成長は繁栄し続けるでしょう」

またNYDFSは、ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)の取引を行うための承認も与えているとのことですが、Geminiからは取り扱いを開始する計画などは発表されていません。

ウィンクルボス兄弟からのコメント

Winklevoss

仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)の創設者であるWinklevoss(ウィンクルボス)兄弟は、世界最大のビットコイン所有者としても有名であり、総額約1,126億円にも上るビットコインを保有しているとも言われています。

彼らはハーバード大学に在校していた頃に、Facebook(フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ氏がソーシャルネットワークのアイデアを盗んだとして訴訟を起こし、6500万ドル(約73億円)の賠償金を得た後にビットコイン投資を開始したと言われています。その後も様々なニュースで話題になっており現在でも多くの注目を集めています。

Cameron Winklevoss(キャメロン・ウィンクルボス)氏は次のように述べています。

「BitcoinとZcashは、異なるマントルを争う2つの革新的な技術です」

「Bitcoinはデジタルの金で、Zcashはデジタルの現金です。」

Tyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏は次のように語っています。

「Bitcoinは多くの強みを持っているが、プライバシーはそれだけではない」

「Zcashの取引と保管サービスを提供する世界で最初にライセンスを取得した取引所であることは誇りであり、Zcashを購入、販売、保管する安全で安定した規制された場所をお客様に提供することを楽しみにしています。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す