NEM(ネム)仮想通貨の高騰理由と今後「将来性について」

by BITTIMES   

仮想通貨ネム(NEM/XEM)が高騰している理由をご存知の方も多いと思いますが、今回の高騰はテックビューロ社(取引所Zaifの運営元)がICOを行う「COMSA」が話題になったことです。そもそもなぜ、COMSAの期待度が上がればNEM価格も上昇するのだろうか?
今回はその繋がりを詳しく解説していきたいと思います。

ネム(NEM/XEM)とテックビューロの共同体制

まず、ネムを理解するには、NEMとテックビューロ社との繋がりを理解する必要があります。
もともとNEMのコア開発者は3人存在し、彼ら全員が現在テックビューロ社内で活動している。また、NEMを推進する団体「NEM.io 財団」の理事はテックビューロ社の代表取締役の朝山貴生氏が今年の6月に就任しています。

今年ニューヨークで開催されたブロックチェーン業界最大規模のイベント「Consensus 2017(コンセンサス)」でも共同ブースを出展、共同体制を全面的にアピールしている。シンプルに言えばNEMとテックビューロ社は非常に強い協力関係にあり、NEM の思想と魅力を世界に打ち出している役割をテックビューロ社が担っているとも考えられます。

テックビューロ社が開発したCOMSA

上記のNEMとテックビューロ社の関係性が分かったところで、次は最近話題の「COMSA(コムサ)」について。
COMSAとはテックビューロが開発した「ICOプラットフォーム(企業とブロックチェーンの架け橋)」である。
COMSAは、NEM・Ethereum・Bitcoinのパブリックブロックチェーンネットワークとmijinのプライベートブロックチェーン、双方間のデータ通信を加速させるプロジェクトです。

簡単に表せば、
「NEM・Ethereum・Bitcoin Blockchain」

「COMSA(Mijin)」

「ICOToken(新コイン)」
となります。

現在のICO市場は玉石混合、将来性ある通貨と詐欺コインが入り混じる非常にカオスな状態になっている。
日本政府を始め、各国政府も ICOに関する法整備は追いついておらず、投資家は自身の目で良い投資先の通貨を見分けなければならない。また、ICOを行いたい企業も、法令遵守やマーケティング、システム開発に関しては初めての事になるので、コイン発行からサービスの展開まで一定の技術的・法的ハードルを越えなければならなかった。

ICOを行う企業は

・プロジェクト構想

・ICO準備

・ICO(クラウドセール)

・トークン上場

・調達資金の運用とプロジェクト価値の最大化

を全て一社でこなさなければならない。これらの問題を一気に解決するサービスが「COMSA」なのである。

ICOを行う企業は同サービスを使用する事でテックビューロ社のサポートを全面的に受けることができ「スムーズかつプロジェクト価値の最大化」に繋がる。また、投資家はCOMSAを通した新コインならば信頼できると判断できるので「安全」を確保した状態で投資が可能になる。
また、COMSA自体も10月にICOを控えており、今後日本におけるICO業界はより活発化、投資額の増加が考えられる。ちなみにCOMSAICOはこちらから参加可能で、紹介者にはICO調達額の5%が割り振られる。今のうちにご参加をお考えなら下記から登録をすると良いだろう。
→「 COMSAICOに参加する

NEMとCOMSAブロックチェーン

テックビューロ社が開発した「COMSA」と「Mijin」そして協力関係にあるNEM。これらの要素により今回のNEMの高騰は起きたと考えられる。
特にCOMSAはNEMのブロックチェーンも活用できるよう設計されており、これまでビットコインとイーサリアムブロックチェーン上での主だったトークン制作にもNEMが食い込めるように設計されている。
COMSAの詳しい解説はまた特集を組みたいと考えているが、いづれにしてもテックビューロ社の期待度がそのままNEMの高騰につながったと今回は考えてよいだろう。
重要関連記事
→「仮想通貨ネムの取扱説明書(NEM/XEM)とは?
→「 ICO(Initial coin offering・クラウドセール)とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す