ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を政府機関でも活用しようとする動きは世界各地で進められています。チリの2人の議員は最近、国のあらゆる公的機関でのコスト削減やサイバーセキュリティの水準を向上させるために「Blockchain」を活用していくことを提案する決議案を提出しています。

こちらから読む:ブロックチェーンは「政府業務」を激変させる ー 米著名投資家

ブロックチェーンで「セキュリティ向上とコスト削減」

data-blockchain

チリの議員であるMiguel Angel Calisto(ミゲル・アンヘル・カリスト)氏とGiorgio Jackson(ジョルジオ・ジャクソン)氏は、サイバーセキュリティの水準を高め、様々な公的機関の官僚を削減するためにあらゆる分野でブロックチェーン技術を活用していく計画をまとめた決議案を提出しました。

カリスト氏はブロックチェーン技術を導入する利点について、異なる公的機関で行われる管理作業にブロックチェーン技術を導入して透明性をもたらし、追跡できるようにすることによって、これらの機関で取り扱われる重要な情報が悪意を持った人々に使用される可能性を削減することができると説明しています。

同氏は『将来を見据えた上で、すべての市民の利益を確保しなければならないチリでは、革新の最前線にあるこれらの技術が重要な選択肢の1つとしてみなされている』と説明しています。この2人の議員は、現在国が抱えている複数の問題はブロックチェーン技術を活用することで解決できると強調しており、これらの技術の利点について今後もさらに研究が行われていくことを示唆しています。

彼らはブロックチェーン技術の導入によって、恩恵を受けることができる可能性がある例として「公証人」の分野をあげています。この分野は「機密性の高い情報」を扱う分野でもあり、膨大な費用が必要となっているため、ブロックチェーン技術を導入して情報の管理を行うことによって、取り扱う情報を安全に管理しつつ様々な面でコストを削減することができると期待されています。

チリの中央銀行総裁であるMario Marcel(マリオ・マルセル)氏は、今年の初めに仮想通貨のための規制導入が検討されていることを明かしています。

政府機関の取り組みにも活用される「ブロックチェーン」

government-blockchain

ブロックチェーンの技術は、その他の国の政府機関でも導入され始めています。
アルゼンチンでは、今年の7月に「Federal Blockchain」と呼ばれる独自のブロックチェーンシステムの開発が発表されています。このシステムは、ブロックチェーン技術を民間だけで使用して行くのではなく、公共プロセスでも取り入れて様々なプロセスを合理化して行くことを目指しています。

様々な情報をデジタル化して安全に管理するだけでなく、それらの情報に関連する取引を合理化することもできるブロックチェーンの技術は、今や世界中のあらゆる国や地域で、様々な分野に渡って広く活用されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す