著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)の技術には、世界をより良い方向へと大きく変化させる可能性が秘められていると信じているTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、これから社会全体に革命を起こすスーパーヒーローたちと共に歩んでいくことを望んでいます。仮想通貨(Cryptocurrency)関連のプロジェクトに投資することが変革に向けた「重要なステップ」だと考えている彼は、それらの取り組みを全力でサポートすることを示しています。

こちらから読む:政府業務を大きく変革する「ブロックチェーン技術」

ブロックチェーンが「政府業務」に変革を

アメリカカリフォルニア州の著名なベンチャー投資家であるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、ブロックチェーン技術を活用した新しいアプリケーションが本格的に導入され始めることによって、現代社会のあらゆる側面に変化が起こると考えています。

その具体的な例として彼は、分散型台帳技術は世界最大の"産業"の一つである「政府業務」を大きく変革する可能性があると語っています。

国家発展の水準に関わらず、世界各国の政府が提供するサービスは全体的に技術の進歩からやや遅れている傾向が感じられます。
それらのサービスは高価なものが多いだけでなく、その他の選択肢が与えられていない場合もあるため、一部の市民の不満の原因にもなっています。

ドレイパー氏は、政府のサービスをブロックチェーン技術を通じて仮想的に補うことによって、これらの課題に対する解決策を提供できると考えています。

同氏が構想しているソリューションは、政府が大部分を独占しているようなサービスをブロックチェーンネットワーク上で分散化して展開することによって、それらの業界の競争率を高め、サービスの改善やコストの削減に政府が積極的に取り組むよう促すことを目的としています。

これによって教育や医療などの政府機関が主体となって提供しているサービスの質を向上させ、税金などの経費を削減することができると期待されています。

また、ブロックチェーン上で管理されるデータには「個人のデータ」が関連付けられることになるため、政府やその代理店がより効率的にサービスを展開するためにも理想的な方法であるとも言えます。

しかし彼は『技術についての知識が理解できていない』という理由だけで、これらの仕組みの実装を妨げる人々がいることも認めています。そのため、実際に政府が分散型台帳技術の利点を活用するためには、もうしばらく時間が必要になると考えられています。

仮想通貨関連の「規制」という障壁

regulation

Tim Draper氏は、ブロックチェーン技術の世界的な流行を妨げている"最も重要な阻害要因"となっているのが「規制」であると考えています。これについて同氏は、現在規制当局に勤めている大部分の人々が70歳以上の高齢者であることをあげています。

彼によると『高齢な人々ほどブロックチェーン技術が持つ大きな可能性を想定しづらくなってくるため、既存の状態を維持する傾向にある』とのことです。

またこれとは対照的に『青少年は今後の人生に様々なチャンスが眠っているため、ブロックチェーンのような新しい可能性を秘めた技術の普及を望んでいる』とも語っています。

規制当局は、インターネットが話題になった時にそれらの技術を制御したいと考えていました。もしもその時に、それらの技術は制限されていたならば、私たちの生活は現在のものとは全く違った形になっていたでしょう。

インターネットは多くの人々の生活にプラスの影響を与えており、さらに多くの人々に新たなイノベーションを作り出すように促しました。これを受けたTim Draper氏は、ブロックチェーン技術を世界規模で導入するキャンペーンを展開しています。これらの目的のために彼は、ビットコイン(BTC)を支持する活動などにも取り組んでおり、世界中の複数の仮想通貨プロジェクトにも積極的に投資しています。

ティム・ドレイパー氏も支持しているビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す