仮想通貨LISK(リスク)の将来性「今後イーサリアムを超えるか?」

by BITTIMES   

仮想通貨 LISK への将来性の上昇からか、取引価格が 900円を突破しました。
LISK価格は、8月19日から 9月1日のわずか 13日で、220円から 903円へと、わずか 2週間足らずで 4倍以上に高騰しています。
時価総額のランキング上位に食い込む仮想通貨で、ここまで価格の上昇が起きたのは、価格の上下が激しい仮想通貨市場でもかなり珍しい現象です。
そして、今回の LISK の高騰には、今後のアップデートに伴う「期待度」が含まれています。
LISK のアップデートの内容は、
・Lisk core 1.0 のスタート
・ブランディングの再構築
・SDKの配布(開発者ツール配布)
以上、3つの項目となっています。
これらのアップデートが Lisk Foundation(リスク財団)の CEO である、Max Kordek(マックス・コーデック氏)から正式に発表されています。
今回は「 LISKのアップデート発表」により「価格が上昇した」ということです。
それでは「 LISK 高騰」につながった、アップデート内容について解説をしていきたいと思います。

仮想通貨LISKの将来性を左右するLisk core 1.0

Max氏が「 2017年9月に Lisk core 1.0 をリリースする。」というアナウンスが 8月初旬に行いました。
LISKはこれまで「 Lisk core 0.〜」というシリーズで運営されており、このシリーズは「準備段階の LISK 」だと以前より言われていました。
そして「 LISK は core 1.0 から本格的に動きだす。」というのが、開発団体と保有者の中では共通認識であり、今回の発表で、本格的に始動する時期が確定した。ということです。
Lisk core 1.0 では、LISKネットワークの大規模化を実現する予定だと発表されています。

LISKがブランディングを本格的に始動

LISKは仮想通貨として「誰でも気軽に使える」ように、優れた利用経験と、それを実行するためのインターフェースを開発していると発表しています。
インターフェースの開発は、ドイツの専門企業と研究中で、「ウェブサイト」「ロゴ」「ネーミング」「デザイン」など全ての変更を視野に入れた研究を行なっているようです。
もしかすると「 LISK 」という名前そのものが変わる可能性もあるということですね。
また、ブランディングに関しても本格的に始動するようで、アメリカのマーケティング企業の Human Marketing Agency(ヒューマン・マーケティング・エージェンシー)と共同でブランディング活動を行う予定だそうです。
こちらも 9月に行われる予定です。

Software Development Kit (SDK)のリリース

Software Development Kit( SDK )は直訳すると「ソフトウェア開発キット」のことです。
簡単に言えば、開発者がより簡単にソフトウェアを開発しやすいようにする「万能ツール」だということですね。
この SDK が年末にリリースされます。
SDKの解説の前に「サイドチェーン」についての理解が必要なので、まずはこちらから解説します。

LISKのサイドチェーン

LISKのブロックチェーンには、「サイドチェーン」と呼ばれる機能があります。
サイドチェーンとは、LISKのブロックチェーンを「親チェーン」とした時に、その親チェーンの横から伸びていくブロックチェーンのことです。
このサイドチェーン上で「新しい仮想通貨」を発行することも可能です。
サイドチェーンは、親チェーンから独立して記録を残していきますが、親チェーンとも情報のやり取りができます。
例えば、「 LISK 」と「 LISKのサイドチェーンで作られた新仮想通貨」があるとすれば、それぞれの取引が簡単・確実に可能です。
資産の移動が簡単に行えるということですね。
またサイドチェーンには、親チェーンを補足する機能も追加で拡張することができ、サイドチェーンが開発されたことで、ブロックチェーンの自由度が一気に向上しました。

LISKの今後「2018年にイーサリアムを超えるか?」

LISK はサイドチェーンを採用していますが、このサイドチェーン上で「新しい仮想通貨の開発」や「 LISKに結びついた機能、サービス開発」が可能です。
SDK はこのサイドチェーンでの開発を「より簡単に」するための万能ツールです。
そのリリースを 2017年末を予定しているということですね。
当然、完成すれば LISK ブロックチェーン上で様々なツールや新仮想通貨が開発され出すでしょう。
イメージとしては「イーサリアム」の機能性と似たものになるのではないでしょうか。
LISK の場合、2018年にはスマホユーザーをターゲットとした、アプリケーション・プラットフォーム化を目指しています。
LISKブロックチェーン上で、様々なサービス開発が活発になれば、イーサリアムを超える通貨になる可能性も秘めています。

LISKでICOが行える構想も発表

また Max氏は「 LISKブロックチェーン上で ICO を行える構想」も発表しています。
LISKのブロックチェーン上で「 ICOを直接管理する」また問題解決方法を LISK側が直接提案できるような仕組みにする構想のようです。
もし実現されると今までよりも「より簡単に」 ICOを行うことができるようになります。
現状、LISKブロックチェーンでの ICOサポートシステムの開発は保留中のようなので、来年あたりにプラットフォーム開発が落ち着いたら始まるかもしれませんね。

LISKの今後の目標は「非中央集権型」の達成

Max氏は発表の中で「あらゆるものが非中央集権型化されて欲しいと願っている。」と話していました。
LISKブロックチェーン上で様々な開発者が、非中央集権プラットフォームを次々と生み出していけば、非中央集権の規模が大きくなっていくだろう。という考えのようです。
しかし、同時にこの構想はまだ正式なアナウンスの段階に来ていないとのことでしたので、詳しい話は今後彼の口から語られるでしょう。
 
関連記事
→「LISKの今後マイクロソフトとのパートナシップは伊達じゃない
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供開始

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供開始

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す