TAG

仮想通貨 リスク(LISK)

リスク(LISK/LSK)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の様な「スマートコントラクト(契約情報)」を使用した分散型アプリケーションと言われるプラットフォームの名称で、様々なサービスを行うことができる、総発行枚数が無限の仮想通貨(暗号通貨)です。LISK には 3つの大きな特徴があり、1つ目に、スマートコントラクトの記述の際、WEB 技術で広く使われている「Javascript」をプログラミング言語として採用していること。2つ目に、アプリケーションの基盤に「サイドチェーン」を使用していること。3つ目は、DApps で立ち上げたブロックチェーン(Blockchain)の承認システムを開発者が自由にカスタマイズできることです。リスクは、そのサイドチェーンと言われるシステムを使い、送金時の処理能力を向上させ複数のブロックチェーンを使用することで、ハッキングなどに対し非常に高いセキュリティ対策ができています。また、ビットコイン(bitcoin/BTC)ではマイニング(採掘)にあたる “取引認証作業” を LISK では「フォージング」というものを採用しています。

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

仮想通貨LISK(リスク)の将来性「今後イーサリアムを超えるか?」

仮想通貨LISK(リスク)の将来性「今後イーサリアムを超えるか?」

リスク(LISK)の記事ランキング

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す