スゴい!リップル(XRP):56億円の送金手数料は「34円」ー Michael Arrington

by BITTIMES

リップル(Ripple/XRP)は迅速かつ低価格な送金を行うための最適な手段として非常に多くの人々から高い支持を受けています。TechCrunch創設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は、そのことを証明するわかりやすい事例として、自身が行った約56億円の送金がわずか2秒で処理されたにも関わらず、その手数料がたったの34円程度であったことを語っています。

こちらから読む:複数機関の格付けで1位獲得 ー 仮想通貨「Ripple/XRP」

仮想通貨の個性を尊重する投資家|Michael Arrington

Arrington-XRP-Capital

TechCrunch(テッククランチ)の創立者でありながら、Arrington XRP Capitalの創業者でもあるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は、リップルだけでなくその他多くの仮想通貨の個性を尊重している投資家でもあります。

"ビットコイン(BTC)こそが本物の仮想通貨だ"と主張する人々のことを「ビットコイン至上主義者」と表現しているアーリントン氏は『そのような部族主義は狂っている』と述べています。同氏は、仮想通貨それぞれが特有の利点を備えていると考えているため、どれか一つだけの仮想通貨が生き残るべきだという考え方には賛成していません。

あくまでも仮想通貨それぞれの利点を理解した上で、それらの仮想通貨を適切に使用していくべきだと考えている同氏は、実際に"ビットコイン至上主義"を批判する一方で、自分自身の会社がビットコインを非常に多く保有していることも明かしています。

アーリントン氏が語るビットコインの価格予想

リップル(XRP)は「最も優れた送金手段」

ripple-xrp

ビットコインやリップルをはじめとした複数の仮想通貨を管理している同氏は、"Ripple社は中央集権的である"といった批判をする人々に対して『Rippleは何かを隠しているような企業ではなく、本当に正当な企業だ』と説明しています。

Ripple社が提供する数々のソリューションを「非常に素晴らしい商品」として讃えるアーリントン氏は、その理由について『市場のニーズを満たすものだから』と述べており、送金手段として「XRP」よりも優れたものはないと語っています。

アーリントン氏はそのことの証明として、最近XRPを通じて送金を行った際に5千万ドル(約56億円)をわずか2秒で送金したにも関わらず、そのためのコストはたったの30セント(約34円)しかかからなかったと説明しています。

私たちは5,000万ドル相当のXRPを「2秒」で送金しました。しかも「30セント」の手数料で。ビットコインや法定通貨ではこんなことできません。

同氏は、圧倒的な速さと非常に低価格な送金手数料で膨大な量のお金を世界中に送金することができるXRPを称賛しており、"これほどの機能性を備えた送金手段は他にない"と強調しています。Ripple社に対する批判が未だに多く囁かれていますが、Ripple社の製品はすでに世界中で幅広く利用されており、送金を迅速に低価格で処理するという目的を実際に果たしています。

アーリントン氏は、このように実際に素晴らしい機能を備えた上でその目的も果たしているRipple社やXRPを『なぜ理解できないのかが分からない』と切実に述べており、XRPの素晴らしさを理解するのは簡単だと述べています。

Twitterユーザー支持率81% ー ゲイツ財団とも提携

XRP-rank

仮想通貨の保管、送金、決済などを行うことができるデビットカードやアプリケーションを提供している「Wirex」は、Twitter上で「商品やサービスの購入に使用したい仮想通貨」のアンケートを行っています。

この調査の結果では、XRPが81%の支持率を獲得しており、最も多くの人々から評価を受けていることが明らかになっています。これに対してビットコインを支持したのは10%未満、ライトコイン(LTC)は6%、イーサリアム(ETH)は3%という結果でした。

このようなデータからも、XRPがすでに送金手段としての高い評価を獲得していることは示されていますが、これだけではなく実際にRipple社のサービスを使用する企業なども続々と増えてきています。

最近ではビル・ゲイツ氏が率いるゲイツ財団もRipple社とリップルの関連会社である「Coil(コイル)」と提携し、貧困層の人々のための送金システムの構築に取り組むことを発表しています。

一部のユーザーからの批判は未だにあるものの、今や世界中の企業や団体で幅広く活用されているXRPは、今後も多くの人々に利用される仮想通貨として成長していくことになるでしょう。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」登録方法と詳細

仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」登録方法と詳細

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す