Wikipedia:XRP少額決済サービス「Coil」活用に向けたテストを開始

by BITTIMES

リップル(Ripple)社の技術を活用したマイクロペイメント(少額決済)サービスである「Coil(コイル)」を活用しようとする動きが進んでいます。オンライン百科事典として世界中で愛用されている「Wikipedia(ウィキペディア)」は、同サービスを利用して"仮想通貨XRPでの寄付"を受けるためのテストを行なっています。

こちらから読む:4日で140%も高騰した「XRP」話題のニュース

Coil(コイル)とは

Coil-logo

Coil(コイル)とは、2018年5月にRipple社の元CTO Stefan Thomas(ステファン・トーマス)氏が立ち上げたプラットフォームです。

Ripple社の「Interledger Protocol(インターレジャー・プロトコル)」を使用することによって、少額決済(マイクロペイメント)を迅速に行うことができるようになっており、送金には仮想通貨XRPが使用されます。

ブロックチェーン技術をベースとしている「XRP」と「マイクロペイメント」を掛け合わせることによって、インターネット上での個人間でのお金のやり取りが直接行えるようになり、よりスムーズに送金を行うことができるようになります。

従来のインターネット上のサービスでは、"実際に収益を出すことは難しい"という現実もあり、YouTubeで動画を配信して稼げると話題になった「YouTuber」などの仕事に関しても『ほとんどのYouTuberは"雀の涙"ほどの収益しか得られていない』と言われています。

Coilのサービスがそれらのサイトに導入されることによって、コンテンツの作成者は自分のファンなどから直接的に「寄付」や「支払い」を受け取ることができるようになります。これにより、新たな収入源を生み出すことができるようになるため、Coilのサービスは「業界に革命を起こす」とも言われています。

YouTubeやWikipediaでも利用可能に

youtube-wiki

Coilのサービスは現在、
YouTube(ユーチューブ)
Wikipedia(ウィキペディア)
Twitch(ツイッチ)
などでも利用できるようになっています。

Wikipediaでも利用できるようになったことは、9月20日にRipple社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏もTwitter上で報告しており、これを受けたRipple社CEOのBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏も賞賛するコメントを投稿しています。

Wikipediaは現在「Coil」を使って収益化を測るプロジェクトのテストを行なっており、Coilのユーザーがサイトを訪問すると、CoilはWikipediaに寄付を行うようになっていると説明されています。

Coilのサービス公開からまだ僅かな期間しか経過していませんが、これらのサービスは現時点でも大きな注目を集めています。このサービスは、すでに公開されているブレイブ(Brave/BAT)やEveripedia(エヴァリペディア)などのサービスと競争することになりますが、世界中から圧倒的な支持を獲得しているリップル(Ripple/XRP)の技術を用いた新しいサービスは、確実に世界中で利用されるようになっていくと考えられます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年9月24日

リップル(Ripple/XRP)は、9月18日頃までは30円台で推移していましたが、その後急激に回復し21日には73円まで上昇しています。

2018年9月24日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年9月24日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

仮想通貨リップル(XRP)の購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

Ripple社CTO「リップル(XRP)は証券ではない」規制の不確実性を指摘

Ripple社CTO「リップル(XRP)は証券ではない」規制の不確実性を指摘

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

注目度の高い仮想通貨ニュース

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

コカ・コーラ自販機でキャッシュレス決済すると「最大800円相当」のポイント還元

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す