ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

by BITTIMES

ドイツの首都ベルリンでは、この数年間でビットコイン決済の対応店舗が急速に増加しているのと共に、ブロックチェーン(Blockchain)技術の研究開発も積極的に進められています。多くの暗号通貨愛好家やプログラマー、投資家が訪れるこの都市はヨーロッパ最大の「仮想通貨都市」へと成長しています。

こちらから読む:フィンテック市場でも急成長「ドイツ」はイギリスを超える

ビットコイン決済が拡大|ユーザーも多様化

Bitcoin-People

ドイツ最大の都市であるベルリンは、仮想通貨やブロックチェーン技術に興味を持っている人々にとって魅力的な街の一つです。数年前から複数の店舗でビットコイン決済が導入がされているこの地域では、日常生活の色々な場面で様々な人々が仮想通貨を使用しています。

「theguardian.com」によると、レコードショップを経営している36歳の男性は、支払い方法としてビットコインを受け入れることを最近決定したと語っています。この男性は『ビットコインユーザーの共通の特徴を上げるのは難しい』と語っており、年齢層、性別、民族などが非常に豊富であることを語っています。

またこの他にも、ナイトクラブ、バー、カフェ、レストラン、ブティック、印刷店など、非常に幅広い店舗がビットコイン決済を受け入れており、それらの店舗の経営者たちはQRコードなどを用いたビットコイン決済を積極的に活用して大きな成功をあげていることを語っています。

ヨーロッパの仮想通貨都市「ベルリン」

berlin

仮想通貨が誕生して間もない頃からベルリンの仮想通貨事情を見てきたリーダーたちは、地域住民の反抗的で批判的な考え方は仮想通貨のような新しいシステムにマッチしていると考えていました。

実際にベルリンでは多くの人々が早い時期からビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入しており、その5年後である2018年現在では、ブロックチェーンと仮想通貨の分野でヨーロッパのリーダー的存在となっています。

ここ最近では、開発者や起業家などの最先端技術に興味を持っている多くの人々がベルリンで開催されている仮想通貨関連のイベントに出席しています。イギリスのEU離脱などの影響もあり、現在は多くの新興企業や優秀な人材、資金などが集まってきています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)のリード開発者として知られるFabian Vogelsteller(ファビアン・ヴォーゲルステラー)氏は、2018年の初めに『ベルリンは、世界ではないにせよ、ヨーロッパの仮想通貨都市だ』と語っています。

ブロックチェーン技術者が団結

Cooperation

ブロックチェーンの技術開発を促進するプラットフォーム「LongHash(ロングハッシュ)」のJazmine Zhang(ジャスミン・チャン)氏は、ベルリンに来る様々な才能の持ち主たちがブロックチェーンや仮想通貨の集会で『非常にオープンなエコシステムを作り出した』と語っています。

同氏は、ベルリンの人々は最先端技術の発展をともに分かち合っているため、協力し合い、パートナーになりたいという願望を持っていると述べています。

2018年10月26日〜29日にかけてベルリンで開催された技術コンテストでは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界中の国々から優秀なプログラマーが集まっており、大きな賑わいを見せたことも報告されています。

ブロックチェーン技術の研究開発の中心地として注目を集めつつ、仮想通貨決済も同様に広く普及しているベルリンは、多くの開発者や仮想通貨愛好家にとって魅力的な都市として成長を続けています。ヨーロッパ最大の「仮想通貨都市」の魅力に惹きつけられて集まった人々が協力して新たなプロジェクトを立ち上げることによって、ベルリンは今後もさらに成長を続けていくことになるでしょう。

ベルリンでも普及しているビットコイン(BTC)などの購入は、キャッシュバックキャンペーンも開催している仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

注目度の高い仮想通貨ニュース

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す