ドイツ私立大学:ブロックチェーンを活用して卒業証書を管理 ー ConsenSysが協力

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術を用いて卒業証書を管理しようとする試みがドイツで開始されています。フランクフルトにある非営利の私立大学である「Frankfurt School of Finance & Management(FS)」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者としても知られるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏が率いる企業「ConsenSys(コンセンシス)」と提携を結び、卒業生の学位証明書を分散化して合理的に管理することに挑戦しています。

こちらから読む:卒業証書を合理的に管理できる「ブロックチェーン」の仕組み

Frankfurt_School_of_Finance__Management

ドイツ・フランクフルトにある私立の非営利ビジネススクール「Frankfurt School of Finance & Management(FS)」は、ブロックチェーン技術を活用して卒業証書を管理するためのテストを行なっています。

このテストにはブロックチェーン企業である「ConsenSys(コンセンシス)」が協力しており、今回の実験に伴いFSとコンセンシスは提携を結んだことを発表しています。

FSの「ブロックチェーン技術コース」を卒業した生徒の卒業証明書は、ブロックチェーン常に記録されることとなります。この証明書のコピーは暗号化された状態で保存されており、ネットワークのノード所有者がその他のネットワーク参加者に対して情報を公開するかどうかの決定を下すことができるようになっています。

FSブロックチェーンセンターのPhillip Sandner(フィリップ・サンドナー)教授は、次のように説明しています。

ブロックチェーンの技術を使えば、履歴書やIDなどの個人情報を写真帳のように保管することができます。私たちのプロジェクトはそれがユーザーにとって「どれほど簡単で快適なものであるのか」を示しています。

FSブロックチェーンセンターの研究員であるVeronika Kütt(ヴェロニカ・クット)氏は、このような最先端の取り組みに早い時期から参加できることは素晴らしいことだと述べています。

私たちの最先端の取り組みを通じて、生徒たちは早い段階からこの新しい技術に携わることができます。これは90年代半ばの最初の頃に公開されたインターネットサイトのプログラミングのようなものです。

ブロックチェーン技術はすでにその他の大学でも研究や授業などが進められており、「デジタル化された学位証明書」の導入も行われています。

イタリアのカリアリ大学(University of Cagliari)でも分散型管理の利点を活用した独自の学位証明書を発行しており、今年度の卒業生に対して初めて授与される予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱い開始|限定NFTが当たるキャンペーンも

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱い開始|限定NFTが当たるキャンペーンも

Chiliz&Socios:特別特典を提供する「UEFA Club Competition Add-On Fan Token」発表

Chiliz&Socios:特別特典を提供する「UEFA Club Competition Add-On Fan Token」発表

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す