CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)を基軸通貨として取り扱うことでも話題となっている仮想通貨取引所「IronX(アイアンエックス)」は、2018年12月に予定されているベータ版リリースに向けてパブリックセールを開催しています。

こちらから読む:対応ウォレットも増加中「CARDANO/ADA」関連ニュース

IronX(アイアンエックス)とは

IronX(アイアンエックス)とは、グローバルにオンライントレーディングサービスを展開している「IronFX Group」と、カルダノプロジェクトを支える「EmurgoHK(エマーゴ香港)」が協力して立ち上げている仮想通貨取引所です。

CARDANO(ADA)との関わりが強いことでも知られているIronXは、基軸通貨としてADAを取り扱うとも言われておりカルダノコミュニティの間でも以前から話題となっています。

IronFX(アイアンエフエックス)

IronFX(アイアンエフエックス)は、外国為替、CFD、米国株、英国株、コモディティ、スポットメタル、バイナリーオプションの取引に特化した国際的なオンラインブローカーであり、 欧州、アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカの個人投資家及び機関投資家に対してサービスを提供しています。

EmurgoHK(エマーゴ香港)

EmurgoHK(エマーゴ香港)は、カルダノプロジェクトを構成するブロックチェーン企業として知られているEmurgo(エマーゴ)の関連企業であり、香港に拠点を構えています。

IronXの特長

IronX

IronXの取引所サービスは、規制に準拠した上で豊富な機能やサポートを提供しており、高いセキュリティや誰でも簡単に利用できる魅力的な環境を備えています。

高い流動性と強力なカスタマーサポート

IronXは、イギリスの「Gibraltar regulated Exchange(DLT)ライセンス」に基づいて規制に準拠した運用を行い、複数の大手取引所との相互接続によって高い流動性を実現します。

また、カスタマーサポートも非常に優れており、30種類以上の言語に対応した豊富な知識と経験を持つ専門スタッフが、24時間いつでも対応できる環境の元でサポートを提供します。

ユーザビリティとセキュリティを確保

IronXの取引サービスは、多くの人が簡単に利用できる直感的で使いやすいインターフェイスを採用しています。このプラットフォームは投資初心者にとっても非常に利用しやすい設計となっており、仮想通貨投資の経験をすでに持っている上級者にとっても魅力的な機能を豊富に備えています。

また、Google(グーグル)の2段階認証機能や、レート制限、同時接続制限やTLS接続による暗号化、コールドウォレットなどのような、世界の主要取引所でサポートされているセキュリティはすべて採用しています。

法定通貨取引と厳格な上場基準

法定通貨で仮想通貨を購入することができない仮想通貨取引所は未だに数多く存在していますが、「IronX」は元々法定通貨を取り扱っている「IronFX」が培ってきたオンライン取引のノウハウを備えているため、法定通貨へのアクセスにも対応することができます。

また「IronX」に上場する仮想通貨は、IronXの役員や業界の専門家、投資家から構成される協議委員会による厳格な審査を受けることになります。これにより投資家の人々は安全性の高い信頼できる仮想通貨に安心して投資を行うことができるようになります。

パブリックセール情報

IRX

IronXは、5000万ドル(約56億円)の資金を調達するためのパブリックセールを2018年11月1日〜12月15日まで開催しています。

パブリックセールで販売されている「IRXトークン」は、ERC-20ユーティリティトークンとなっており、トークンの保有者や所有者に「IronFX Group」が展開しているエコシステム内での取引やサービス利用時に割引を受けることができます。

パブリックセール期間中のIRXトークン価格は0.42ドル(約47円)に設定されており、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)で、最小100ドル(約1万1,000円)から購入することができます。

トークン購入者には「ボーナストークン」による報酬も用意されており、ボーナス額は投資額に応じて5%〜30%に増加するようになっています。パブリックセールに参加するためにはKYC(本人確認手続き)が必要となります。

パブリックセールや取引所に関する詳しい情報は、日本語にも対応しているIronXの公式サイトからどうぞ
IronXの公式サイトはこちら

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格|2018年11月4日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、2018年11月4日にやや上昇しており「1ADA=8.41円」で取引されています。

2018年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

ADAを基軸通貨として取り扱う「IronX」の取引所が正式に開始されればADAの流動性は大きく高まることが予想されます。今後は「IronX」のプラットフォーム公開や取り扱う仮想通貨の種類などにも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

ビットコイン購入で「最大10万円が当たる」キャンペーン開催:GMOコイン

ビットコイン購入で「最大10万円が当たる」キャンペーン開催:GMOコイン

ビットフライヤーが「bitFlyer Holdings」を設立|株式移転で完全子会社化

ビットフライヤーが「bitFlyer Holdings」を設立|株式移転で完全子会社化

注目度の高い仮想通貨ニュース

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

DeCurret:仮想通貨決済プラットフォーム開発に向け「総額34億円」の資金調達

DeCurret:仮想通貨決済プラットフォーム開発に向け「総額34億円」の資金調達

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す