EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

by BITTIMES

ブロックチェーン業界を代表するリップル(Ripple)、ネム(NEM)、EMURGO/CARDANO、Fetch.AIという4つの企業は、EU(欧州連合)で分散型台帳技術(DLT)や関連するテクノロジーの理解を深め、ヨーロッパに健全な規制環境を構築し、それらの地域を業界のリーダーとしてさらに発展させていくことなどを目的とした「Blockchain for Europe(BFE)」協会を設立しました。

こちらから読む:ブロックチェーンパートナーシップを拡大する「EU」関連ニュース

適切な「ブロックチェーン規制環境」構築を支援

Regulation

Blockchain for Europe協会の目標は、分散型台帳技術(DLT)やブロックチェーン技術の本質と可能性に関するEU加盟国機関の理解を深めつつ、今後構築されていく規制が欧州のイノベーションを確実に促進していける環境を築いていくことだと説明されています。

NEMは公式ブログの中で、欧州における政策論議には"ブロックチェーン部門外"の人々による矛盾した情報が含まれており、現在はその中で合意に達することに挑戦していると説明しています。

今回設立された協会のメンバーである
リップル(Ripple)
ネム(NEM)
EMURGO/CARDANO
・Fetch.AI
という4つの組織はブロックチェーン技術を基盤として活動する業界のリーダーであり、「欧州がブロックチェーン技術の世界的リーダーになる」という共通のビジョンを共有しています。同協会は、欧州の規制がブロックチェーン技術の発展を促進し、地域のイノベーションを加速させるものになるような最適なものになるように支援を行なっていくと説明しています。

欧州をブロックチェーン技術の先駆者に

EU-blockchain

Blockchain for Europe協会は、2018年11月27日に4つの欧州議会グループと共にブロックチェーンサミットを開催しました。このサミットには世界各地の関係者が参加し、ガバナンス、医療、輸送、貿易、アイデンティティ、金融市場インフラストラクチャ、仮想通貨・トークンなどの問題についての議論が行われ、企業や政策立案者が透明性を保って業務に取り組む際にブロックチェーン技術を取り入れることによって得られるメリットなどが挙げられました。

同協会の創設メンバーの代表者たちは、今回の協会設立やそれに関する今後の目標について以下のように語っています。

Ripple:欧州規制関係責任者

Rippleの欧州規制関係責任者であるDan Morgan(ダン・モーガン)氏は次のように述べています。

Rippleは同協会の創設メンバーであることを非常に嬉しく思っています。

今は欧州の政策立案者がブロックチェーンやデジタル資産のメリットを活かす適切な規制枠組みを策定するための重要な時期です。

欧州NEM財団:共同設立者

欧州NEM財団の共同設立者であるKristof Van de Reck(クリストフ・ヴァン・デ・レック)氏は、ブロックチェーンや分散型アプリケーション(DApps)に関する偏よった情報が多いことを指摘した上で次のように述べています。

私たちは他の企業や利害関係者と協力して、それらの情報が特定の組織や利害関係者の行動計画にあったものではないことを伝え、誤解を解消することを目指しています。

Fetch.AI:共同設立者兼CTO

Fetch.AIの共同設立者兼CTOであるToby Simpson(トビー・シンプソン)氏は次のように述べています。

これは多くの人々の生活に大きな変化をもたらす分野において、欧州の政策を導いていくための重要な機会です。機械学習、人工知能(AI)、分散型台帳技術などの技術の融合は、テクノロジーを世の中で効果的に役立てていくための機会を提供します。

EMURGO:最高情報責任者(CIO)

EMURGOの最高情報責任者(CIO)であるManmeet Singh(マンミート・シン)氏は、次のように述べています。

私たちはカルダノの技術を世界中に広げることを使命とするEMURGOの取り組みの一環として、欧州機関と協力して"ブロックチェーン技術"が世界中で採用されるようになるための規制やルール作りに熱心に取り組むと共に、第3世代のブロックチェーン技術であるカルダノの影響力を拡大することに努めています。この全てはEU当局のリーダーシップの下にあります。

NEMは公式発表の中で、「Blockchain for Europe」は政策立案者、業界関係者、学界とさらに対話を進めていくことを計画していると説明しており、欧州がブロックチェーン技術の先駆者となれるよう貢献したいと考えていると述べています。

Ripple、NEM、CARDANOは以前から世界各国で協力関係を強めており、それぞれでコミュニティの強化に取り組んできました。Rippleは国際送金の分野において世界中の銀行や金融機関との協力を強めており、NEMはアジア全般で国家レベルのプロジェクトに取り組み、CARDANOはアジアや南米などを中心にプロジェクトを拡大しています。

仮想通貨、ブロックチェーン業界を代表するこれらの組織が協力することによって、今後EU諸国はよりブロックチェーンフレンドリーな地域として業界を牽引していくことが考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す