NEM JAPAN新設:企業の「ブロックチェーン技術導入」をサポート|社会変革の実現目指す

by BITTIMES

NEM.io財団は2018年11月29日に「一般社団法人NEM JAPAN」を正式に設立したことを発表しました。同社は非営利組織として、NEMのブロックチェーン技術の普及を支援する活動や導入を促進するためのコンサルティング活動のほか、勉強会や初心者向けのイベントなども行なっていくと説明されています。

こちらから読む:日本でのさらなる発展に期待「NEM/XEM」の基本情報から学ぶ

ブロックチェーン導入や仮想通貨取引所を支援

NEM JAPANは、すでにNEMのブロックチェーン技術を採用している企業の支援を行うだけでなく、ブロックチェーン技術に関連するプロジェクトの立ち上げを計画している企業に対しても情報提供や実際の技術導入のためのサポートを提供していくと説明されています。

また、仮想通貨ネム(NEM/XEM)の取り扱いを望む仮想通貨交換業者に対しても、安全に仮想通貨を取り扱うためのサポート環境を構築していく予定だとされています。

2018年1月には、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)でXEMの巨額流出事件が発生しており、これによって"NEM(XEM)"そのものの印象が下がってしまっていたこともあったため、仮想通貨取引所に対する「XEMの適切な取り扱いのためのサポート」は非常に重要なものであると考えられます。NEM財団からの直接的なサポートが提供されることによって、ハッキングによる資金流出などの問題は大きく改善されることになると期待されます。

またこの他にも、日本国内の各地域でNEMに関する勉強会やイベントなども開催される予定であるとも発表されています。これらのイベントは、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する詳しい知識を持っていない人々が、実際にそれらの技術に触れることができるような催しを実施することによって、ブロックチェーン技術をもっと身近なものへと変え、社会の変革を実現していくことを目的としています。

イベントの取り組みはすでに始まっており、2018年12月10日には東京都港区赤坂で「NEM JAPAN」と「COINAGE(コイネージ)」によるNEMアプリケーション開発者を招いたイベントが開催される予定となっています。

NEM海外チームは「国家レベル」で活躍

NEM JAPANのように「NEMブロックチェーン」普及のための取り組みを行なっている組織は、すでに世界各地で大規模なプロジェクトに取り組んでいます。

アラブ首長国連邦(UAE)×NEM

NEM東南アジアは、アラブ首長国連邦(UAE)が国をあげて取り組んでいる「2021年までに完全にデジタル化された政府になる」という目標を達成するために技術的な支援などを行なっており、ブロックチェーン技術に関する情報提供や知識を交換することで合意しています。

ベネズエラ×NEM

NEMのベネズエラチームは、フィンテックやブロックチェーン、ビジネスを扱う学術機関である「Uninet Business School」と協力して、技術者や専門家の育成や「Blockchain技術センター」の設立に向けた取り組みを進めています。

マレーシア×NEM

マレーシアの教育省は、NEMのブロックチェーン技術を用いた大学学位の発行・検証システムである「e-Scroll」と呼ばれるシステムの運用を開始しています。またこれに合わせてブロックチェーン技術の研究開発を推進する大学コンソーシアムも立ち上げられており、複数の大学が協力してブロックチェーン技術の技能訓練や研究開発に取り組んでいます。

最近の発表では、マレーシアのUCSI大学が「NEMマレーシア」と協力してブロックチェーン技術の教育プログラムに取り組んでいくことも発表されています。

ウクライナ×NEM

ウクライナの中央選挙管理委員会は、NEMのブロックチェーン技術を用いて選挙投票プロセスに透明性を付与するための取り組みを行なっています。この取り組みでは実際にテストも行われており、コストの削減に成功したことも報告されています。

NEMのブロックチェーン技術はこの他にも世界各地で活用が進められています。これらのプロジェクトの多くは国家レベルの大規模なものも多いため、社会に与える影響も非常に大きいと考えられます。

NEM JAPANがこれから日本で具体的にどのようなプロジェクトに携わっていくことになるのかには大きな注目が集まります。

ネム(NEM/XEM)の価格|2018年11月30日

ネム(NEM/XEM)の最近の安値は今月25日に記録した約7円となっており、その後はやや回復しています。今回の発表による価格の変化は見られておらず、2018年11月30日時点では「1XEM=8.84円」で取引されています。

2018年11月16日〜30日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)2018年11月16日〜30日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)

ネム(NEM/XEM)は、豊富な通貨を取り扱う世界最大級の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

GMOコイン「仮想通貨の取引動向・口座数推移」などを報告【2020年1月】

GMOコイン「仮想通貨の取引動向・口座数推移」などを報告【2020年1月】

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

注目度の高い仮想通貨ニュース

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す