今後は日本市場を重要視「CARDANO財団の大規模投資を望む」Charles Hoskinson

by BITTIMES

カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏が辞任したことによって、CARDANOプロジェクトは大きな変革の時を迎えています。カルダノエイダコイン(ADA)の生みの親として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、自身のYouTubeチャンネルで今後の展望について語り、日本市場を重要視していることを明かしました。

こちらから読む:カルダノ財団会長「マイケル・パーソンズ氏」が辞任|これまでの経緯

チャールズ・ホスキンソン氏の「TO DO リスト」

goal

IOHKの創業者でありながら現CEOでもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、自身のYouTubeチャンネルでカルダノ財団に関する話題やこれから取り組んでいきたいことについて語りました。

ホスキンソン氏は、動画の中で彼自身が個人的に"成し遂げたいことのリスト"を持っており、IOHKやEMURGO、その他の理事会メンバーやコミュニティが協力してそれを実現するところを見たいと語っています。

CARDANO:多様化されたコミュニティの実現

同氏は、コミュニティからの信頼と落ち着きを持った熟練の執行取締役を求めていると述べており、カルダノコミュニティを支える数多くの組織から寄付された何百万ドル(何億円)もの資金で管理される多様化されたコミュニティを見たいと語っています。

ホスキンソン氏は以前から、世界各国のカルダノコミュニティが独自に発展していける環境作りに取り組んでおり、アフリカではカルダノのエンジニアを育成するためのトレーニングが無料で提供されています。

ADA:正当な評価を「日本」で獲得

またホスキンソン氏は、ADAが"日本"において正当な評価を受けることができるようにカルダノ財団が"日本"への投資を強化することを望んでいるとも語っています。同氏はカルダノプロジェクトが日本に強力なコミュニティを持っていることを強調しており、それらのコミュニティや日本を今後も全面的にサポートしていく意思を語っています。

カルダノプロジェクトは以前から日本との関わりが強く、ADAを気軽に売買することができる仮想通貨ATMの設置なども計画されていましたが、規制の厳しさなどの影響もあり、それらのプロジェクトはうまく進んでいませんでした。カルダノ財団からの支援を受けることができれば、これまで停滞していた日本に関する取り組みも今後はさらに発展していく可能性があります。

カルダノプロジェクトは順調に進行中

cardano

ホスキンソン氏は最近スイスを訪れた際に、現在暫定的にカルダノ財団の会長に就任しているPascal Schmidt(パスカル・シュミット)氏と会う機会があったことも明かしており、スイスや規制当局などに関する様々話し合いを行ったと報告しています。

最近では、カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏の以前の行動によって、カルダノプロジェクトが不安定な状況になっていることに不安を感じている人も多かったものの、ホスキンソン氏はこれまで懸念されていた問題の解決に関して楽観的に捉えていることを語り、不安を抱いていた人々に安心感を与えました。

ホスキンソン氏は、パーソンズ氏が正しい選択をしてくれたことやそれによってカルダノの生態系が現在も保たれていることを非常に嬉しく思っていると語っており、これらの問題に対して気を配ってくれたコミュニティメンバーに対して感謝の意を述べています。

カルダノ財団の運営が適切に行われることによって、金銭的な面だけなく、国際的な取り組みや規制関連への対応などの様々な問題が解決される可能性があります。多くの日本人が今後の発展に期待しているCARDANOプロジェクトはこれから日本で大きな発展を遂げる可能性を秘めています。

カルダノエイダコイン(ADA)の価格|2018年11月16日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格はここ2週間ほど上昇傾向にあったものの、先日の仮想通貨全体の下落で再び7円を下回っており、2018年11月16日時点では「1ADA=約6.94円」となっています。

2018年11月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

カルダノエイダコイン(ADA)は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

カルダノエイダコインの概要と価格予想

カルダノエイダコインの概要と価格予想

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

知っておきたい6月から開始された仮想通貨規制

知っておきたい6月から開始された仮想通貨規制

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

トロン(TRX)Google Chrome向け仮想通貨ウォレット「TronPay」公開

トロン(TRX)Google Chrome向け仮想通貨ウォレット「TronPay」公開

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

Bitcoin SV:CoinMarketCapデビュー|リスト後わずか2時間で「7位」獲得

Bitcoin SV:CoinMarketCapデビュー|リスト後わずか2時間で「7位」獲得

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す