今後は日本市場を重要視「CARDANO財団の大規模投資を望む」Charles Hoskinson

by BITTIMES   

カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏が辞任したことによって、CARDANOプロジェクトは大きな変革の時を迎えています。カルダノエイダコイン(ADA)の生みの親として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、自身のYouTubeチャンネルで今後の展望について語り、日本市場を重要視していることを明かしました。

こちらから読む:カルダノ財団会長「マイケル・パーソンズ氏」が辞任|これまでの経緯

チャールズ・ホスキンソン氏の「TO DO リスト」

goal

IOHKの創業者でありながら現CEOでもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、自身のYouTubeチャンネルでカルダノ財団に関する話題やこれから取り組んでいきたいことについて語りました。

ホスキンソン氏は、動画の中で彼自身が個人的に"成し遂げたいことのリスト"を持っており、IOHKやEMURGO、その他の理事会メンバーやコミュニティが協力してそれを実現するところを見たいと語っています。

CARDANO:多様化されたコミュニティの実現

同氏は、コミュニティからの信頼と落ち着きを持った熟練の執行取締役を求めていると述べており、カルダノコミュニティを支える数多くの組織から寄付された何百万ドル(何億円)もの資金で管理される多様化されたコミュニティを見たいと語っています。

ホスキンソン氏は以前から、世界各国のカルダノコミュニティが独自に発展していける環境作りに取り組んでおり、アフリカではカルダノのエンジニアを育成するためのトレーニングが無料で提供されています。

ADA:正当な評価を「日本」で獲得

またホスキンソン氏は、ADAが"日本"において正当な評価を受けることができるようにカルダノ財団が"日本"への投資を強化することを望んでいるとも語っています。同氏はカルダノプロジェクトが日本に強力なコミュニティを持っていることを強調しており、それらのコミュニティや日本を今後も全面的にサポートしていく意思を語っています。

カルダノプロジェクトは以前から日本との関わりが強く、ADAを気軽に売買することができる仮想通貨ATMの設置なども計画されていましたが、規制の厳しさなどの影響もあり、それらのプロジェクトはうまく進んでいませんでした。カルダノ財団からの支援を受けることができれば、これまで停滞していた日本に関する取り組みも今後はさらに発展していく可能性があります。

カルダノプロジェクトは順調に進行中

cardano

ホスキンソン氏は最近スイスを訪れた際に、現在暫定的にカルダノ財団の会長に就任しているPascal Schmidt(パスカル・シュミット)氏と会う機会があったことも明かしており、スイスや規制当局などに関する様々話し合いを行ったと報告しています。

最近では、カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏の以前の行動によって、カルダノプロジェクトが不安定な状況になっていることに不安を感じている人も多かったものの、ホスキンソン氏はこれまで懸念されていた問題の解決に関して楽観的に捉えていることを語り、不安を抱いていた人々に安心感を与えました。

ホスキンソン氏は、パーソンズ氏が正しい選択をしてくれたことやそれによってカルダノの生態系が現在も保たれていることを非常に嬉しく思っていると語っており、これらの問題に対して気を配ってくれたコミュニティメンバーに対して感謝の意を述べています。

カルダノ財団の運営が適切に行われることによって、金銭的な面だけなく、国際的な取り組みや規制関連への対応などの様々な問題が解決される可能性があります。多くの日本人が今後の発展に期待しているCARDANOプロジェクトはこれから日本で大きな発展を遂げる可能性を秘めています。

カルダノエイダコイン(ADA)の価格|2018年11月16日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格はここ2週間ほど上昇傾向にあったものの、先日の仮想通貨全体の下落で再び7円を下回っており、2018年11月16日時点では「1ADA=約6.94円」となっています。

2018年11月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す