TRON(TRX)の業績は「400%」成長する|取引量はすでにETHの3倍:ジャスティン・サン

by BITTIMES   

TRONのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、同社の業績が今月「4倍」の成長を記録すると語っています。トロン財団が2018年12月3日に公開した記事には、TRXの取引量がすでにイーサリアム(Ethereum/ETH)の3倍に達しており、分散型アプリケーション(DApps)の開発が急速に勧められていることが記されています。

こちらから読む:ウォレットやDAppsも続々とリリース「TRON/TRX」関連ニュース

世界各国の仮想通貨取引所に上場

トロン財団(TRON Foundation)は、2018年12月3日に最新情報をまとめて掲載した記事を公開し、複数の面においてトロン(TRON/TRX)がイーサリアム(Ethereum/ETH)を上回る可能性があるとコメントしました。

この記事には、2018年11月24日〜11月30日にかけてのTRON(TRX)に関する最新情報が、アラビア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、日本語、韓国語、ロシア語、トルコ語、ペルシア語、オランダ語など合計14カ国語で掲載されています。

公開された記事には、TRXがすでに数多くの仮想通貨取引所に上場していることが記されており、1日の取引量も急速に増加していることが書かれています。TRXはここ最近、シンガポール、オランダ、フランスなどといった数多くの仮想通貨取引所に上場しており、取引可能な地域を急速に増やしています。

TRXを取り扱う仮想通貨取引所(画像:Tronfoundation公式ブログ)TRXを取り扱う仮想通貨取引所(画像:Tronfoundation公式ブログ)

世界各国の仮想通貨取引所への上場は、TRXの取引量を増加させています。今回公開された記事にはTRXの1日の送金回数が184万回に達したとも報告されており、この数字はETHの送金回数とされている67万回の約3倍に相当すると説明されています。これについてTRONは、イーサリアムの最高送金記録である「強気市場で134万回の送金」を超えて以来の新たな歴史だと説明しており、200万回を超えるのも時間の問題だと説明しています。

DApps「80種類」今月リリース予定

分散型アプリケーション(DApps)の開発基盤として競合している「TRON」と「Ethereum」の比較は以前から非常に多くの場面で行われており、今年の4月にはジャスティン・サン氏がTwitter上に投稿したツイートと、それに対するイーサリアムの共同設立者Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏の"皮肉コメント"なども話題となりました。

ー Justin Sun
TRONがETHより優れている理由:
1.10000TPS vs 25TPS
2.ゼロ料金 vs 高額料金
3.一貫したバーン vs バーン無し
4.Java vs Solidity
5.幅広い拡張性 vs 例え無し
6.10億ドルの開発者報酬 vs 計画無し
7.1億人のユーザー vs 少数

ー Vitalik Buterin
8.優れたホワイトペーパーのライティング能力(コピー&ペーストは新しいコンテンツを入力するよりも遥かに効率的)

トロンは最近、ブロックチェーンゲームエコシステムの拡大に向けて約110億円規模の投資を行っていく計画も発表しており、これまでイーサリアム上で動いていたDAppsゲームなどもトロンへの拡張を発表しています。ジャスティン・サン氏は12月には新しいDAppsが80種類リリースされる予定だと語っており、今月TRONの業績は4倍増の成長を達成すると述べています。

世界各国の言語でのサポートを提供しつつ、コミュニティーの活動を積極的に支援しているTRONは世界中で支持者を増やしています。来年1月にはTRON初主催のサミットも開催されるため、今後はさらにコミュニティが強化されていくことになるでしょう。

トロン(Tron/TRX)の価格|2018年12月6日

トロン(Tron/TRX)の価格は2018年1月に26円近くまで上昇しましたが、2月に4円近くまで下落した以降は1円〜10円の間での推移を続けています2018年12月6日時点でのTRX価格は「1TRX=1.58円」となっています。

2017年11月9日〜2018年12月6日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2017年11月9日〜2018年12月6日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

EVM機能を提供する「Milkomeda(ミルコメダ)」日本語サイトを公開

EVM機能を提供する「Milkomeda(ミルコメダ)」日本語サイトを公開

GMOコイン:ETH保有者に付与された「Ethereum Fair(ETHF)」の対応方針を発表

GMOコイン:ETH保有者に付与された「Ethereum Fair(ETHF)」の対応方針を発表

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

アバランチ(AVAX)が「Coinbase Japan」に上場|お得なキャンペーンも開催中

アバランチ(AVAX)が「Coinbase Japan」に上場|お得なキャンペーンも開催中

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

関東財務局:c0ban取引所運営の「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分

関東財務局:c0ban取引所運営の「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す