CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

by BITTIMES   

カルダノ財団(Cardano Foundation)は「CARDANO」の生態系をさらに強化するために実績のある専門家3名を審議会に迎え、IOHKの顧問弁護士であるNathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏を新会長として選出したことを2018年12月14日に発表しました。

こちらから読む:プロジェクト全体が順調に進む「CARDANO/ADA」関連ニュース

カルダノ財団:新会長は「Nathan Kaiser氏」に

cardanofundation

カルダノ財団審議会のメンバーとして新しく選出されたのは、
・IOHKの顧問弁護士:Nathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏
・EmurgoのCIO:Manmeet Singh(マンミート・シン)氏
・Du Lac Capitalのマネージングパートナー:Domino Burki(ドミノ・ブルキ)氏
の3名です。

以前から注目が集まっていた「CARDANO財団の新会長」にはネイサン・カイザー氏が就任したと発表されています。カイザー氏は前会長であるMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏の辞任後、暫定議長を務めていたPascal Schmidt(パスカル・シュミット)氏の後任となります。また、パスカル・シュミット氏は引き続きCARDANO審議会のメンバーとして活動を続けていくと説明されています。

パスカル・シュミットは、今回の決定にあたり次のようにコメントしています。

短期間に3名の実績ある専門家を理事会に迎えることができたことを大変光栄に思います。これはカルダノ財団がこれから堅実な地盤に戻り、財団の目的の枠内で今後の課題に完全に専念していけることを意味します。

新会長に就任したネイサン・カイザー氏は次のように述べています。

カルダノ財団の非常に重要な局面において、素晴らしい仕事を行なったパスカル・シュミット氏に非常に感謝しています。パスカル氏の知識と新たに財団審議会に参加した3人のメンバーのスキルはお互いを補完し合うものです。

Nathan Kaiser(ネイサン・カイザー)

Nathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏は、Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏とJeremy Wood(ジェレミー・ウッド)氏によって設立された技術会社「IOHK」の顧問弁護士を務めています。

スイスの国民であるネイサン氏は、中国地域の弁護士として18年以上の経験を有しており、チューリッヒ、ベルリン、香港、台北の弁護士として認められています。

Manmeet Singh(マンミート・シン)

Manmeet Singh(マンミート・シン)氏は、2017年に日本で設立されたEmurgo(エマーゴ)でCIOを務めている人物です。

Emurgoは、カルダノのブロックチェーンエコシステムでビジネスを行う企業の開発などをサポートしており、最近ではカルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の軽量型ウォレット「YOROI(ヨロイ)」をリリースしたことなどでもさらに注目を集めています。

シン氏は2001年以来、銀行業務、投資顧問業務、教育、貿易、テクノロジーなどといった様々な業界に渡ってゼロからビジネスを構築してきた人物でもあります。

Domino Burki(ドミノ・ブルキ)

Domino Burki(ドミノ・ブルキ)氏は、銀行業界に15年以上勤務した経歴をもつ弁護士です。同氏はスイスを拠点とする資産運用管理会社である「Du Lac Capital Ltd.(デュラック・キャピタル株式会社)のマネージング・パートナーおよびオペレーションマネージャーでもあり、同社の顧客に包括的なオーダーメイド・サービスを提供しています。

韓国では「ADA決済」が本格化

CARDANOプロジェクトは現在も着実に進められており、韓国ではADAでの支払いを可能にする決済カード「ADA Crypto Card(エイダクリプトカード)」が話題となっています。この決済カードは現時点でも「3万店舗」を超える加盟店で使用できるようになっており、大手コンビニや飲食店など幅広いシーンで利用できます。

また最近では、IOHKがCARDANOブロックチェーンにスマートコントラクトを記述するためのツールである「Plutus(プルータス)」と「Marlowe(マーロウ)」のテストフォーマットを公開しているため、CADRANOの技術を用いた新しいプロジェクトの拡大にも期待が高まります。

カルダノエイダコイン(ADA)の価格|2018年12月15日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、今月8日以降横ばいの状態が続いており、2018年12月15日時点では「1ADA=3.22円」で取引されています。

2018年12月1日〜12月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月1日〜12月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

ビットワイズ「2つのイーサリアム先物ETF」をローンチ

ビットワイズ「2つのイーサリアム先物ETF」をローンチ

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す