CARDANOブロックチェーンのスマートコントラクト記述ツール「Plutus & Marlowe」公開

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトで開発を進めているIOHK(Input Output Hong Kong)は、CARDANOブロックチェーンにスマートコントラクトを記述するためのツールである「Plutus(プルータス)」と「Marlowe(マーロウ)」のテストフォーマットを公開したことを発表しました。これにより、スタートアップ企業、金融サービス、フィンテック業界、研究者はカルダノ・ブロックチェーンを使用した契約を作成することが可能になります。

こちらから読む:CARDANOプロジェクトの技術開発を担う「IOHK」関連ニュース

スマートコントラクトの作成を「簡単かつ快適」に

iohk

IOHK(Input Output Hong Kong)は、2018年12月11日にスコットランドのエディンバラで開催された「PlutusFestカンフェレンス」で「Plutus(プルータス)」と「Marlowe(マーロウ)」と呼ばれるスマートコントラクトを記述するための2つのツールを公開しました。

これら2つのツールが公開されたことによって、
・スタートアップ企業
・フィンテック業界
・金融サービス
・研究者
カルダノのブロックチェーンを使用して安全かつ簡単にスマートコントラクトを作成することができるようになると伝えられています。

今回の発表では、スマートコントラクトを記述するために使用する汎用プログラミング言語である「Plutus」とともに、「Plutus Playground(プルータス・プレイグラウンド)」と呼ばれる開発を行うための使いやすいテスト環境も提供することが発表されており、これによってブロックチェーン自体に契約をプログラムすることができると説明されています。

また、会計用スマートコントラクトである「Marlowe」を使用すれば、プログラマーでなくても簡単にコードを生成してソフトウェア製品を構築することができるとも説明されており、プログラミングの経験を持っていない金融業界の専門家でもブロックチェーン上で契約を自動的に作成できる使いやすい設計になっているとされています。さらに「Marlowe」には、ウェブベースのテスト環境である「Meadow」も備わっていると伝えられています。

ソフトウェアバグの問題解決を目指す

program-code

IOHKのCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、『これら二つの技術はブロックチェーン業界にとっての大きな前進である』と述べており、これらの技術は数百万ドル(数億円)規模の膨大な損失をもたらしてきたソフトウェアバグを減らすために、プログラミング言語設計の第一人者が集まったチームが厳密に設計を行なってきたと説明しています。

公式プレスリリースでは、ブロックチェーン技術を活用することによって非常に大きな潜在的利益を生み出すことができると説明されており、『GoldmanSachs(ゴールドマン・サックス)の場合では、金融取引だけでも現物株式取引における決済エラーをなくし、年間110億ドル(1兆2,480万円)のコスト削減につながると見込んでいる』とも報告されています。

最近ではカルダノエイダコイン(ADA)で支払いを行うことができる「ADA Crypto Card(エイダクリプトカード)」などもリリースされており、仮想通貨ADAの実用性も高まってきています。今回新たに企業や開発者向けの2つのツールが公開されたことによって、CARDANOブロックチェーンの実用化もさらに進んでいくことになるでしょう。

IOHKが発表した内容の全文は以下のリンクからどうぞ
>IOHKが公開したプレスリリースはこちら

カルダノエイダコイン(ADA)の価格|2018年12月12日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、今月8日以降はやや回復してきており、2018年12月12日時点では「1ADA=3.49円」で取引されています。

2018年11月28日〜12月12日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月28日〜12月12日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

ドバイ大手不動産会社:仮想通貨決済導入に向け「Huobi」と提携

ドバイ大手不動産会社:仮想通貨決済導入に向け「Huobi」と提携

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す